セブンスター

セブンスターに火をつけて
夜が明けるのを待っている
本当は苦手なんだよ
でも切ない味が欲しかった

情けない感傷に浸れば気は晴れたかい
悲劇を書き綴ってる自分がただかわいいだけだ

ゆらゆら溶けた煙
肺に入らず消えてしまった
ゆらゆら揺れた心
君は何を考えているの

セブンスターを吸いきって
君のことは忘れてしまおう
後悔なんて一つもないよ
嘘、まだ忘れられないでいる

君がいない日々はきっといつもと変わらないだろう
何よりもそれが悲しい
こんな日が来るなんて思いもしなかったから

ゆらゆら溶けた煙
肺に入ってむせてしまった
ゆらゆら揺れた心
僕は何を考えているの

さよなら愛しい人
僕では守り抜けられなかった
さよなら愛しい人よ
君は君を守り抜いて

どうか

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
words & songs written by Shumma Shirai all aranged by Arakezuri
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。