決戦は水曜日

決戦は水曜日

皆さんこんばんは、えーぴーでございます。
タイトルの通り明日は7月14日、水曜日でございます。
そんな日に大井競馬場ではジャパンダートダービー(JpnⅠ)が行われますが、
そこに自身の出資馬「スマッシャー(7枠10番)」が出ます。
私は以前にも書いたかもしれませんが、いわゆる「一口馬主」というものをやっています。
趣味程度でしかやってなくて、年に出資は1-2頭、多くても3頭ほど。
スマッシャーで通算10頭目なので本当に趣味ぐらいなもんです。
(そのくせ地方共有は買いまくってますがw)

スマッシャーは前走ユニコーンSに出走し勝利しましたが、そもそもこれが自身の出資馬で初重賞出走、もちろん初重賞勝利。
それどころか特別競走も初勝利で、今までは交流重賞と言えどG1なんてまさか、というレベルでした。
それがあれよあれよという間に明日、出資馬の交流G1初出走という事になります。

今これを書いている中で、ジンソーダを飲みながらスマッシャーの過去のレースを振り返ってみると、
とりあえず芝で卸してみた新馬戦、血統からやっぱりダートだけど初ダートは惨敗の2戦目。
正直どうなることかと心配になりました。もちろんG1どころか勝ち上がれるのかどうかというレベルで。
そして休養挟んで3戦目、ここで一気の変わり身で惜しい2着。
主戦の坂井騎手との出会いはここが最初でした。
4戦目も惜しい2着。初勝利は年明け初戦、中京ダ1400mでした。
そこが圧巻のパフォーマンス、直線だけで他馬をちぎって圧勝。そこで微かに「ひょっとしたら」という気持ちが出ました。
続く昇級初戦、1番人気で迎えたレースは出負けからの最後方。やってしまったか、と思ったが鞍上はあわてず騒がず。何事もなかったかのように差し切りました。
休養挟んで端午S、追走に苦労し直線は鋭く追い込むも3着。
そして先ほどのユニコーンSにつながるわけです。
今振り返っても出来すぎだよな、って思う位に順調だと思います。

スマッシャーは募集価格900万という破格の安さ。現時点での3歳クラブ馬回収率ランクでも全体3位。
(上はユーバーレーベンとエフフォーリアのクラシックホース2頭)
本当に奇跡のような存在だと思います。そもそもこの馬に出会うきっかけを振り返ってみたら、いろんな偶然が重なりに重なり合って今があります。
この馬きっかけで色んな方とSNS上ではありますが知り合えました。
皆様にこの場を借りて感謝申し上げます。
そして、なによりスマッシャー自身、吉岡先生、厩舎の皆さん、坂井騎手、生産の宮内牧場さん、吉澤ステーブルはじめ育成に携わってくださった方。
こんな体験を味わせてくれて本当に感謝、感謝してもしきれません。ありがとうございます!!

さあ、いよいよ明日です。決戦は水曜日です。
タイトルは今年のTCK大井競馬のイメージソング DREAMS COME TRUE「決戦は金曜日」をもじったものです。
あ、ちなみにCMで使われてるバージョンはリミックスバージョンでカッコいいのでぜひお聞きください。
ああああもう24時間後には結果出てるんですね、どうなることか。
2000mはちょっと長いかもしれません。大井適性は正直分かりません!
でもスマッシャーを信じて、そしてスマッシャーと共に見たい夢がたくさんあります。
勝ったら自分の競馬人生でも色んな意味で大きな節目になります。


胸を張って、さあ行こうスマッシャー!!!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
競馬関係のことを中心に展開します!2020年12月地方競馬馬主登録!