離婚

まず始めに、僕の事が嫌いでただの興味本意で覗こうと思ってる方は読まないことをオススメします。

ほぼ中卒の駄文であり、余りにも長文なので最後まで読めないと思います。そして僕と関わってくれてた人達には読み辛いだろうけど頑張って絶対読んでほしいな。

タイトルにもある通り、離婚することにしました。

そして結婚の報告もしていないのにいきなり離婚の報告だけする形になってしまい申し訳ありません。

身内の方には大体全員に報告していたし、別に僕としては隠してるつもりもなかったんです、実は結構色んな所でペラペラ喋ってました。なので結婚した事知ってた方も実は多いのでは?

そしてこれは一番伝えたい事なんだけど

今まで知ってたのに黙ってくれてた人本当にありがとう。


人間なんていうのは「内緒ね」なんて言っても噂なんて案外すぐ広がるものです。

「誰にも言わないでね?」を守ってくれたとは思ってもいません。信用して早めに話した人に他の人に話されて少し悲しかった事も多々ありました。

ただ、今のSNSで暴露されるこの時代に無駄に騒ぎ立てられる事もなく平穏に過ごせたのは、周りの優しいみんなが信用してる優しい人にしか話さなかったからなんだろうなぁ。って勝手に思っています。

今までホストという仕事で散々恨み買う事や他人を傷つけてきたので、自分に何が返ってきても仕方ないと思っていましたが、こんなにもみんなが良い人だとなんだかそれにいつまでも甘えてしまいます。今まで傷つけた人達本当にごめんなさい。でも今は少しは我慢を覚えてマシになれた気がしています。過去に他人を傷つけた上に未来は幸せになりたいなんて余計腹を立たせてしまうかも知れませんが、ごめんなさいやっぱり僕幸せになりたいです。

今回noteを書かせていただいたのはこの先、水商売の世界に僕なんかが戻っていいのか。それをみなさんに聞きたかったからです。

僕は18歳からこの世界に本格的に飛び込みました。
女の子の友達でボーイズバーに通ってる子がいたのでその子が通ってる店に体験入店をしにいきました。

その女の子が指名していたホストが後の僕の師匠になる人でした。

その人は背が高くてスタイルがよくイケメンで物腰がすごく柔らかくて胡散臭いエセ関西弁なのに後輩の面倒見がとても良く、当時ど素人の僕に毎回ご飯を食べさせてくれたり彼女と同棲していた家にもよく泊めてもらってました。

指名していた僕の女友達も「こんなに優しいホストは他にいない」そんな風に言われていて『こんな人になりたい』初めてそういった感情が自分に芽生えたのを今でも覚えています。

でも一緒に働いたらすぐにわかった事なんだけど彼は『優しいホスト』ではなかったんですよね。

むしろオーソドックスな鬼畜営業タイプ、じゃあなんで「こんなに優しいホストは他にいない」なんて言われていたんでしょう。

だいぶ後になってから本人に聞いたのですが

「本当はクズなのに何故か良い人って言われるから良い人ぶっちゃったから悪いことできない」らしいです。僕はこのエピソードが実に彼らしくて好きです。

そこからは彼がお店を変えるたびに彼についていく程に彼を信頼していましたし、僕だけの視点から見たら紛れもなく「良い人」なんです。

でも違うんです。彼は善人でもなければ、悪人でもない。いやむしろ世間的な視点で見るとだいぶ悪人なのかな?

僕が勝手に全て真似し始めたので、彼のせいでは絶対にないけれど、どんどん僕は彼に染まっていきました。そしていつの間にか彼より数倍悪い人になっていました。売上は皮肉にも完全にこの時から極端に跳ね上がりました。

良い人か悪い人なんて視点を変えれば全然違います。

その証拠に僕なんかでも良い人なんて言われる時がたまにはありました、その度に「そんなわけない」そう思ってしまいます。

だってそうでしょ?良い人の定義なんてわからないけれど、少なくとも

『不幸な人からお金をもらってさらに不幸にさせる人』を良い人だなんて僕は思いません。


良い人ならきっと困ってる人がいたら助けます。その人の為になるように、その人が幸せになれる手助けを『無償』でしてあげなければ『良い人』だとどうしても思えないのです。

さらに凄い人は手助けを『有償』でした上でそれ以上のリターンを与えますこれがカリスマだと思ってる。

でも正直僕は良い人になりたい訳ではないんです。というか僕には無理だと諦めています。自分の事でいっぱいいっぱいなので他人の手助けをしている余裕がありません。カリスマになれる人は生まれた時からカリスマなのでなりたくてなれるモノではないです。

せめて僕は僕の周りの僕を大事にしてくれる人達だけでも大事にしたい。僕の大事な物を奪う人や大事な人を傷つける人だけ傷つけたい。

普通に戻りたいだけなんです。

じゃあ僕にとっての普通ってなんだろう。
ホストを始める前の自分?それとも今の自分?
ホスト始める前の自分、もう全然思い出せないなぁ。

正直な所ホストを始めて、全ての感覚が麻痺してしまっていました。

人を騙してはいけないという事。人を追い詰めてはいけないという事。好きな人を傷つけてはいけないという事。自分より弱い人に暴力を振るってはいけないという事。人の人生の大事な時間を私欲で奪ってはいけないという事。

書き出すとキリがないのですが、こんな当たり前の事に現役だった頃は全く気が付きませんでした。そればかりか当時の僕はもっと酷い事に被害者面をしていました。

「誰も愛してくれない」「みんな裏切る」「みんな嘘つき」「人間として扱ってもらえない」

こんな事ばかり口癖だった気がします。振り返って考えれば自分は複数人の女と関係を持っているのだから相手に同じ事をされても仕方ないのですが、当時の僕は幼稚で(今も)

「最後は責任とって結婚するからいいでしょ!」なんて思っていたからちょっと他店のホスト行かれたりタダで他の男とセックスされるとぶん殴って携帯逆パカして僕専用の携帯を渡していました。そしてそれが正当だと本気で勘違いしていました。

「バレる嘘吐く方が悪い」「形式上付き合ってるのに裏切る方が悪い」「約束を破る方が悪い」

そんな考えを当時はしていたと思います。これだけ最低な事をしといて言う資格はないかもしれませんが、当時僕は本当に彼女らを好きでしたし愛していたつもりだったんです。

今振り返ると幼稚すぎて感情のコントロールが出来ずに、相手のために身を引くという行為が出来なかったんですね。相手を思いやる「好き」ではなく自分の「好き」を押し付けていたんだと思います。


それとホストで1番になる事が恩返しだと勘違いしていました。きっと僕が2番でも3番でも愛してくれていたね、1番じゃなきゃみんなに捨てられるって不安だったんだ。働いてばっかりで辛かったね。一日でも多く遊びに出掛けてあげてたら良かったな。

全部自分の私利私欲だったね、一生のトラウマにさせてしまったと思っています。本当にごめんなさい。

5人も彼女いたのに1人居なくなっただけで毎晩泣いてた事を記憶しています。いなくなったら必至に補充してさ。


「本当に人を好きになった事ないでしょ?」
「それは好きって言わないよ?」


言いたいことはわかります。好きな人にそんな酷い事が出来る訳がないって意味ですよね?

でも僕の中にある『好き』って気持ち、それによって生まれる幸せだったり楽しさだったり悲しみも怒りも僕にしかわかんないんだから好きか嫌いかくらいやっぱり自分で決めたい。


ダメかな?だって好きは好きで嫌いは嫌いなんだもん仕方ない。

今回離婚することになりましたが、大好きなヨッメと約1年間、「普通の人」に戻る努力をしてきたつもりです。その度に思いました。

今までこんな思いをみんなにさせてきたんだって事です。

1人で待ってるって辛いね。たくさん女いたからわかんなかったや、たくさんの女の子が逆に俺の事を1人で待ってくれてた時間があったんだなって。今まで付き合ってきた子達、今はすっごく尊敬してるよ。

だってホストの「あんじゅ☆」さんなんて売上あんまりないもんね。いつでも本名の方の私を支えてくれていた人達のおかげで「あんじゅ☆」さんは成り立ってたよ。本名呼ぶの照れ臭くて呼べないのも本当はすごい可愛かったよ。

みんなは「あんじゅ☆」さんを凄いと褒めるけど、昔よくホスラブに書かれてたんだよね。『あんじゅが凄いんじゃなくてあんじゅの客が凄い』

言い得て妙ですね。彼女達は本当に俺なんかのために一生懸命頑張ってくれていました、だから絶対に幸せになれるって信じてます。お前らは凄いんだぞ!たくさんの愛をありがとう。でもあなた達は人が良すぎるんだよ。優しすぎるんだよ。だからまた俺みたいな変な男に騙されてるんじゃないかって心配です。あれだけ俺で痛い目見せてしまったからさすがに平気かな?

今さら聞いても遅いかもだけどどうやって償ったらいいかな?これからどうやって生きていけばいいかな?
僕はどうしたらいいんでしょうか。

ホストやりながら女の子幸せにできるかな?バーテンならできるかな?

凄くお金持ちで将来が安定している子から少しお金もらうくらいなら罪悪感もないけど、それじゃあ水商売は務まらないですよね?

ならホストってなんなんでしょう?

僕がここで絶対言っておきたいのが、全てのホストが悪い人じゃないって事です。

意外と売れてない子の方が性格良かったりするんだよ。そういう子みるといつも心配になる。

1ヶ月間、女の子に原価の10倍でお酒をどれだけ売れるかを競う世界です。それを1年間ぶっ通しです。

優しいって事は弱点になるよ。だって無理してる子いたら止めるでしょ?それは身を持って痛感しました。

大好きな後輩で渕上ナオトって奴がいるんですけど、僕が結婚してから「素敵な人になりましたね」とか「前より今のあんじゅさんが良い」って言ってくれるんですよ。

ただ女殴るの我慢したり、客に優しくしたり、浮気しないって言う事だけで褒めてくれたんですよ。でもそれってよく考えたら当たり前の事じゃないですか?

何千万売ってても女殴ってたら1ミリもカッコよくないですよね。

そんな当たり前の事を今まで誰も僕に言ってくれなかったのも今では自分に原因があると思ってる。

僕は特別な人間でもないのに特別な人間のフリをしてナンバー1になりました。そしてそれを維持したい欲でたくさんの人に迷惑を掛け傷つけてきました。それはもう卒業します。

周りも凄く扱いずらかったと思う。斜に構えたような態度も、毒舌みたいなのも全て自信の無さの現れで虚勢を張っちゃう悪い癖ですね。


ネットの世界にはいろんな人がいていろんな意見が聞けます。1人でも会いたいって言ってくれる子がいるなら私続けてもいいかな


いるならこれからの人生は売れないホストになります。それか売れないバーテンダーかな?糖質制限のご飯とかお店で作りたいな。売れないホストはあんまり経験した事ないので少し怖いです。

売れない代わりにしてもらった恩をそれ以上のリターンで返せるホスト、中々いないけど売れなくてもそういうホストに私なれるかな?自信はないけどその為なら怖いけど顔面メス突っ込んで歯も将来入れ歯になるとしても削って被せてキラッキラにさせて毎日筋トレするし一生お米食べるの我慢できます。どうでしょうか?


また、意見は公の場ではなく個人宛のDMなどLINEにしていただけると助かります。全て目を通したいので。また、同情されたい訳でも賛同されたい訳でもないので反対意見ありましたらこんな長文を最後まで読んでくれたあなたの貴重な意見ですので是非聞かせてください。

最後に、改めて結婚の報告もなく離婚の報告になってしまい本当すみませんでした。

以上です。長文、駄文失礼しました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

183
始めました。ほぼ中卒の文章なので読む価値はない。

この記事が入っているマガジン

コメント1件

twitterのどこかのページからはいった「あんじゅ」のnoteでした。

まさかと、自分のこころをさらし、たましいがごろんとむき出しにそこにころげて語っているのに驚き、どぎまぎしながら、しかし読むうち涙があふれました。

凄絶なまで自分のアクセルをふんで生きたあなたの「今ある真実」が、あまりに深くて切実、それが声になっているから。あまりにあなたのほんとうを差し向けてきているから。
わたしがあなたに感謝をしたいと思うほど。
またあなたがたちあがるのをを待ちたいです。

読むところ、あなたはほんとうにリミットなしの優しきこころのひとたちにそれと気がつかず愛されまもられてきましたね。

この6月ごろにネットで歌舞伎町のホストやホストクラブの記事や動画をのぞくようになり、ホストと女性客の関係、そこにある何かについて考えるところは尽きないです。
あなたがいうところの歌舞伎町の自傷、自殺、自己犠牲にいく女性たちには、行き場をなくした無尽の母性や愛(果てなくこの世で成りえないこと)というのを感じて、わたしも共感するところがあり、いったいこれは何なのでしょうね。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。