見出し画像

インド女一人旅〜ガンジス川沐浴編〜


ヒンドゥー教の聖地として名高いバラナシ。街は牛のウンコだらけ。ゴミと糞尿の匂いが漂っていました。ひとことで言うならカオス

バラナシのホテルについてその日はカフェで読者をして、日が落ちたらガンジス川を見ながらビールを飲むという最高のスタートをきれました。


翌日はガンジス川にかかる日の出を見たくて早起きすると決めていたのですが(日の出はAM5時くらい)、1泊600ルピー(日本円だと800 円くらい)のホテルでクーラーもなく窓を締め切っていたので暑くて、寝苦しくて全然寝れませんでした。

1時間くらい寝過ごしてしまい、日の出きったガンジス川にとりあえず行きました。

9月は雨季で最近降った雨で川が増水していたようで普段より泥まじりの水ですごく汚かったです。

旅の中で、たかのてるこさんの【ガンジス河でバタフライ】を読んだ私は、せっかくインドに来たのだから入りたい、沐浴したいと思っていました。
というのも沐浴をすると今までの罪が全て洗い流されるというのです。
今まで25年間生きてきて嘘も沢山ついたし、人を傷つけたこともあるし、人に言えないような事もしてきました。この旅に出たのも人生の岐路のタイミングで一旦まっさらな真人間になってみたいと思ったからです。

川沿いに出るとインド人に『なんだ日本人か!ボートに乗りたいのか?』と『沐浴がしたいんだ』というと、『Follow me』と
『カメラで撮ってやるからここのスポットで沐浴しろ』と言われ、ワンピースを着たままガンジス川に入りました。
一歩目、川底は生温かくて柔らかい藻のようなコケのようなぐちゅぐちゅな感触で、ニオイはアドレナリンが出ていたのか全然感じず、しかし泥水であきらかに汚い。。
案内してくれたインド人が『3回頭まで浸かるのが作法だ。』というので粘膜に汚水が入らないよう目、鼻をつまみグッと頭まで3回浸かりました。
川からあがると見てた現地の人や案内をしてくれたインド人に拍手で『Good job!!』と言われ、謎の達成感と高揚感に満たされました。

早くホテルに帰ってシャワーを浴びたいと思いましたが、案内してくれたインド人が『ガンジス川に入った後はお祈りをしてもらい、家族や自分健康を祈るのが作法だ』と言って、サドゥと言われる体に白い灰を塗って額に3本線をペイントしている仙人のような人の所に連れて行かれ、お祈りしてもらいました。作法に従うしかない私は額に3本線を塗られ(ちなみに3本線はシヴァ派の意味らしい)
1000ルピー(約1500円)と高額を請求されました。

私はシヴァ派になるみたいだ。

『今、お金ないしシャワー浴びたいから』と一旦ホテルに戻りぐちょぐちょのワンピースを脱ぎ捨て、ホットシャワーで汚い水に入った身体を洗い流した。

その後、かなりボッタクリだけど流石にお祈りさせ逃げは倫理的にダメだと思い。サドゥに『1000ルピーは高すぎる。帰りの飛行機代がなくなる安くしろ』と交渉し、『家族の分も祈ったのにそれだけだとお前一人分になるぞ』と言われましたが半額に交渉し、渋々許してもらいました。(家族よ、健康管理は自分でしてくれ)

ガンジス川に入るという目標を達成した私はやることがなくなって街をぶらぶら散歩することにしました。
でも歩くとすぐにインド人に話かけられて、「ガイドするよー」「日本大好きだからタダでいいよー」「僕の店見ていってジャストルッキングでいいよーチャイ出すよ」など100メートル進むごとに話しかけられてうざさがピークでした。

火葬場に行って焼かれている死体をみたり、ラッシー食べたり、夕方の炎のお祭りを見たりしてゆったりすごしました。


火葬してガンジス川に流してもらうことこそ、インド人の夢だそうで、死期を悟ると生と死の街と言われる聖地バラナシに向かい、残りの時間を死を待つホスピスという施設ですごすらしい。

ガンジス川を眺めながら死生観について考え、ゆったりとした時間を過ごしました。
うるさいインドでこの時間だけはスローでした。

ココナッツラッシー。美味しかった。

日本タイムとは違う混沌の国インド。
帰りの飛行機待ち時間でも自称ミュージシャンに歌ってみた的動画を見せられ、連絡先を聞かれたり。(僕は有名なんだよと語られたけれど、私よりフォロワー少なくて微妙な気持ちになった)
飛行機で隣になったインド人にイヤホンジャックの場所を教えたら謎の友情が生まれたり。最後の最後までインドだなーという旅でした。

これでインド旅行記は終わりです。

旅行中は平気でしたが、帰ってきて2日後くらいから調子が悪くなりお腹を常に下している状態で1日トイレに20回くらい駆け込み。強制的にデトックスされる結果になりました。何もたべれなくなり断食の状態が2日くらい続きました。

おそらくガンジス川に入ったのがアウトだったと思いますが、安いカレーやラッシーが原因の可能性もあり、全てが疑わしいインド旅でした。

あとカレー食べすぎて当分ほんとにいらないです。

インドに行くまでは一人で大丈夫かなとナーバスになって、実際ケータイをなくすトラブルもありましたが、行ってみないと語れないインドがあり、ガンジス川に入ってみないとわからない感情がありました。

行った感想としてインド一人旅はあんまりオススメは出来ないですが(めちゃめちゃ声掛けられて疲れる、騙される)笑、あと5年後、10年後また違った視点でインドが見れるならまた一人で行くかもと思ってしまった私はインドに既に魅力されているのかもしれません。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

アンドロイドに支援を。アップデート費用にします

センキューSiri
146
アンドロイドのお姉さん 仕事でアンドロイドをよくやってます。 noteはキャラクターではなく私のありのままを書きます(東京在住、独身、女)
コメント (3)
おかえりなさい。
インドへ行くというツイートを見て「どうか無事に」
と願っていたのですが(色々とあったはあったようですが・・・苦笑)
元気に帰国されて良かったです。
いつもnoteにコメントありがとうございます。(もちろんTwitterも)
帰国してからがまあまあ辛かったですが元気です!!
笑えた。高野さんのバタフライより面白い!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。