見出し画像

みんなで!

僕の推しの一人である、アーティスト「沼倉愛美」さんのラストライブに行ってきました。

セットリスト


1. 叫べ
2. ハレルヤDrive!
3. Checkmate
4. Shining Days → グッバイ → Smiling&Smiling → Good Day
5. 彩-color-
6. Benvenuti
7. Hello, Ms.myself
8. 恋愛したいっ! → 心はきっと → またあした
9. AVALON
10. RELOAD → This Kiss → What You Want → Don't back
11. 夜の遠心力
12. Spiral Flow
13. Desires
14. Climber's High!
15. 星の降る町
16. 言の葉
17. 屋根上の朱い花 → まどろみ → SWAY
18.19. 魔法
20. アイ
21. Anti-Gravity
22. My LIVE
23. みんなで!
EN1. Come on New World!!
EN2. もっと一緒
EN3. HEY!

発表から当日まで

2019年11月25日、この日声優・沼倉愛美さんがアーティスト活動を終了することを発表しました。僕はお昼にこの発表を見て、当日風邪気味だったこともあり、仕事を早く切り上げました。(精神的にキツかった
声優としての活動はもちろん知っていて、歌とダンスが上手い友人の推し声優さんという認識でした。この友人A氏がきっかけで推すようになり、まさか約3年でアーティスト活動を終了してしまうとは誰が想像したでしょう・・・(ありがとうA氏超感謝してる
発表から1週間くらい前まで考えないようにして過ごして、COMPLETE BEST「みんなで!」が発表され、インタビューで彼女が「全員が笑顔で終えられたらいいな」と言っているのを読んで、これではいけない、全力で楽しもうと思い、ライブ当日までの1週間ずっとぬーさんの曲を聴いて過ごしていました。
昨日に引き続き今日も半分放心状態でこの記事を書いています。そんな煮え切らないオタクの戯言にお付き合い下さい。
※書いてたら2日も経ってしまった
みんな聴いてね↓

序盤、ハッピーメドレー

最初にリリースした曲「叫べ」から幕開けした当ライブ、思えばこの曲から始まって3年、「叫べ」には色々な思い出があります。
昨今の声優アーティストデビューラッシュの中、ぬーさんはファンの声がたくさんありそうなのにアーティストデビューをなかなかしないなと思っていました。そんな時まだ発売されていない曲を引っさげて、いきなりアニサマという大舞台で初披露、かなり異例のことだったのではないでしょうか。もちろんこの時のアニサマにも参加していて、とても印象に残っているステージです。そして2016年の11月にラクーアで行われたリリースイベント、僕が人生で始めて参加したリリースイベントはまさにこの時のイベントでした。この日はとても寒くて、そんな中3,4時間くらいだったでしょうか?疲れた顔ひとつ見せず笑顔でファンたちと交流しているぬーさんがとても印象的でした。
そんな思い出深い1stシングルが始まりの曲というのはやはりラストに相応しいなと感じながらいきなり爆上がりする会場はものすごい熱気でしたね。

そして、「叫べ」に続くのは「ハレルヤDrive!」この曲やっぱりかなり人気の曲なんですよね。爽快で「前向き」がテーマのアルバムに相応しいナンバーです!一番叫び声が大きかった気がする(笑)もちろん僕も大好きです。

新しい世界の始まりよ 準備はどう? せーのでSTART!
昨日の自分にサヨナラを 行先は一つ 広がるあの空へ
強く そう強く 願いこめた
いくつもの日々たちが胸にあるんだろう?(準備OK!)

誰も知らないその先で
待っている日々たちが 手招いているの(準備OK!)

この歌詞が好きで、ラストライブの始まりにもってこいだと思いませんか?アーティスト活動を通してぬーさんが気持ちを新たに活動していく(新しい世界の始まり)またファンである僕らが見るぬーさんのこれから。

そしてこれまた軽快なCheckmateに乗せて、バンド紹介を混ぜつつ各メンバーのカッコいいソロシーンもあり、熱々な序盤コーナーでした。「覚悟はいいかな?」で死にそうになりました。もうすでに楽しい!!!
COMPLETE BESTに入っているのは全部で34曲、アーティスト「沼倉愛美」として活動してきたすべてをやるのはやはり難しいということで、メドレーのコーナーを設けてくれていました。1陣目はShining Days、グッバイ 、Smiling&Smiling、Good Dayの4曲、「前向き」という個人的に大好きなテーマのMy LIVE(※グッバイはアイに収録)というアルバムの中の曲はどれも好きで、Smiling&Smilingは特に今回のぬーさんの「全員を笑顔」というコンセプトに合っているからフルで歌われるのではないかと予想していたのですが、外れてしまいました笑

いつも通りの朝がやってきて
すっかり慣れた電車にかけこんで
そう風に流されて ゆくの

胸の奥にかすかな気持ちが
湧き上がって、すぐに蓋をしめた
You don't know my feelings.
忘れられない

Good Dayの始まりのこの部分がちょうど月曜日の朝の状況とマッチした人も多いのではないでしょうか?(僕は気力が出なくて会社に行けませんでしたが汗)
今になって胸に刺さってくる言葉がたくさんある・・・

彩-color-、Benvenuti、Hello, Ms.myself

僕はもうここでかなり来ていました。だってこの3曲ズルいじゃん・・・
ずっと泣いてたよ
彩-color-が本当に好きで、今までとはどこか違って柔らかくて包み込むようなそんなぬーさんの優しさがにじみ出ているような歌詞が大好きです。
「もうひとつの世界 旅立とう」で涙腺が崩壊しました。もう一つの世界ってぬーさん的立場からみたら新たに始めたアーティスト活動を糧に自分の本当にやりたいと思う役者としての道って考えたらもうダメでした。
この曲1コーラスごとに語りたいところがたくさんあって一本の記事にしたいくらいで困っちゃうんですけど・・・

ねぇ 転んでぶつけてケガをしても
手放したくないもの
やっと見つけられたの
終わらない終わらない気持ちが
会いたい会いたい叫ぶから
羽ばたくあの日の虹を超えて

願いが繋ぐ私の物語
この手がつくりだす笑顔たち
今が軌跡に変わっていく
終わらない終わらない虹の先
そう 誰かのために生きること
出会えたの いとしい世界と

アーティスト活動を通してだったり声優活動を通してだったりで見つけた自分の居場所で、それが手放したくないものであって、「笑顔」を議題に上げることが多いぬーさんが「この手がつくりだす笑顔たち」って言葉を紡いでるところが最高じゃないですか?

アイのアルバムが出る頃には既にアーティスト活動終了をなんとなく考えていたんじゃないかなと思います。
Benvenutiは「ようこそ」という意味があるらしいです。曲が白戸さん作曲のキラキラしたもので、そこに載せられたぬーさんの真っ直ぐな誰かの背中を押すような肯定してくれるようなそんな歌詞が大好きです。自分で書いた歌詞だからこそぬーさん自身の背中を押すようなそんな歌詞になっていると思います。

変わり続けることは
勇気が必要だけど
願いを叶えるには
まだ 届かなくても
生み出した想いが今日を変えてく

芸能活動って変わらないことと変わり続けることを求められると思うんですよ、二律背反だけどどっちも必要、そんな中で自分で選んだ道を進んでいこうっていうぬーさんらしいまっすぐさが歌詞に表れていてどうにも感動してしまうんですよね

Hello, Ms.myselfは他の2曲と違って沼倉愛美作詞ではないんですけど、歌詞のテイストが似ていると思っていて、足掻いたり立ち止まったりするけど、覚悟を決めて夢に向かって歩いて行こうとする姿がやっぱり似ているし、そういう立ち位置で今まで歌詞を書いてきたんだなと感じます。「グッデイ 昨日までとは 違う自分に出逢えたよ」ってこの歌詞の通りになっていたらいいなと思います。
この3曲の並び強すぎてホント涙止まらなかったし、ここで本当に最後なんだって改めて気が付かされてしまった。

カバーメドレー

圧倒的投票数だったらしい、恋愛ラボのOPの「恋愛したいっ!」友人曰く一生聴くことはないと思っていた曲だそう。調べたら2013年の夏アニメだったみたい、懐かしすぎる・・・

そして、最近の曲でもありますねRELEASE THE SPYCEのキャラクターソング「心はきっと」この曲はぬーさんの今の心境に似てる部分があるらしい

何度 何度泣いて落ち込んで
何度 何度倒れ込んだって
キミの勇気は滾ってた

キミの手をつかんで あたらしい場所へ
​この手は離さない 指先ぎゅっとぎゅっとぎゅっと繋ぐんだ

声優活動からぬーさんのアーティスト活動を応援していた人がほとんどでしょう。魂を燃やしてしてきたアーティスト活動を終了して声優活動に専念するあたらしい場所へ向かっても着いてきてくれるファンの手を離さないと言ったところでしょうか。ぬーさんのファンへの向き合い方が分かるような気がしますね。

アーティスト活動の始まりのきっかけでもあるTridentのタカオとしての1曲「またあした」、Tridentとして最後のアルバムであり、沼倉愛美としての最初の作詞曲、またあしたってタイトルもぬーさんが付けたんじゃないかって思ってます。

向き合うこと怖がっていたんだ
長い間待たせたね
ありがとう 君が呼んでのぞんでくれたんだと
信じているよ

すべての思い抱いて
迷わず歩いていくから
今だけは誰よりも近くで寄り添って
​この歌(こえ)をきいていて

この1節が好きすぎました。そして後半もう1フレーズここめちゃくちゃ歌って欲しかった。正直この3曲はこの日聴くまで、ほとんど知りませんでした。アニメは見ていましたし、それなりに活動をしていることも知っていましたが、こんなに想いのこもった歌詞をこの頃からかけたなんて、なんて愛の深い人なんだと聴きながら感動してました。

沼倉愛美名義の初楽曲として最後に「AVALON」が歌われました。昔からのファンはそれはもう堪らん一曲だったのでは?「いつか巡り合う日を信じている」もうこの頃からこういう感じなんだな。個人的には「strawberry pain」もめちゃくちゃ聴きたかったのですが、きっとまたどこかで聴けるかな?

ダンスコーナー🕺💃💃💃🕺

ここのコーナーはひたすら跳びはねてましたね。RELOAD、This Kiss、What You Want、Don’t backの1コーラスメドレーから夜と遠心力、Spiral Flow、Desiresとダンスラッシュ!!!欲を言うと全体を通してダンスをしっかりと見たかったのですが、なかなかそんな余裕ないですよね笑
彩-color-のジャケット何故か曲のイメージがRELOADのほうが強い、なんでだろ?
Taku Inoue楽曲やぞ???アイのアルバムって魔法ってワードが散りばめられてる気がします。
RELOADもそうですが、What You Wantとフロアが横に揺れる感じがめちゃくちゃ好きです。
Don't backのダンスめっちゃかっこいいよね・・・クラップも入って楽しい!
夜と遠心力人気なんですね!思ったよりオタクの声が大きくて笑ってしまった笑
AJURIKA楽曲やぞ???この楽曲Nの系譜から解き放たれたAJURIKA節がかなり聴いてる上に歌詞がリスペクトの塊でほんと好き!!
ZAI-ONさん存じ上げてなかったんですけど、Desiresで強い人また来たなってなったんですよね。正直ダンスナンバーだと思わなかった、完全にこれヘドバン曲じゃん。かっこいいよね~そして彩-color-との差が笑
楽曲の造形が深くないから単純に楽曲が好きなやつはただでさえない語彙力がさらになくなってしまうのどうにかしたい

Climber's High!、星の降る町

ぬーさん曰く「ぬーさんの夢をかなえるコーナー」だったらしいこの2曲。わかりすぎるな。ゲストはないだろって思ってたんですけど、まさかClimber's High!のタイアップ作品の「風夏」でヒロインを演じるLynnさんが登場して2人でこの曲を歌うとは。それにしてもLynnさんの衣装好きすぎる。

衣装が神だったことはさておき、2人の息のあった2曲最高じゃありませんでした??僕はClimber's High!で頭を振りすぎて軽い脳震盪を起こしていました。
正直なことを言うと沼倉愛美としてソロで歌ってほしかったという気持ちがないと言ったら嘘になりますが、レア過ぎて最高の景色で文句なんてないんだよなぁ。
沼倉愛美としての楽曲の路線が決まったというClimber's High!ですが、ぬーさんが求めていた景色は見られたのでしょうか?ぬーさんは自分はそんなロックな人間じゃないと言っていましたが、あんたロックだよ・・・

辿り着けると信じてた場所は 高く遠く
現実味無くした約束 霞む君のコトバ

もっともっと強く望めば きっときっと高く跳べるさ
ずっとずっと求め続けた あの場所へ
リプレイされてく後悔の日々に

終わりが来るその瞬間まで Climber's High!

まさかClimber's High!で泣く日が来るとは思いませんでした。「終わりが来るその瞬間までClimber's High!」って今じゃん!!!!!!ってなった。
ぬーさんは辿り着けたんだろうか・・・
ぬーさんの座右の銘は「たくさん反省しよう。でも後悔はするな」らしいので、ぬーさんに後悔はないと信じてる。
星の降る町このタイミングで刺さりすぎて人の歌声のハーモニーが良すぎたよね。「必ずいつかまた 逢いに行くから 覚えていて」ってところにすべてがこもっていすぎて・・・
信じてるよ・・・

バラードコーナー

言の葉、屋根上の朱い花、まどろみ、SWAY、暁。どこかでバラードがあまり得意ではないと言っていたと思うんですけど、ぬーさんのバラードって言葉一つ一つを大事に歌っているというか、なにかセリフらしく聞こえるって言ったらいいのかな?すっと胸に入ってくるんですよね。ぬーさんの声質ももちろんですが、まっすぐさが伝わるから届きやすい。

「いつまでも あればいいのに」

もう一度だけ ただ一度だけ
君の笑顔に会えたら

そうあの時には、もう戻れないのは
わかっていても目の前の視界
あまりにも 鮮明で

言の葉のここらへんが好きで、今回の気持ちにマッチしててどうしようもなかった。
屋根上の朱い花、まどろみ、SWAYこの三曲ってどれも優しくてなんとなく切ないような気持ちになるオレンジ色を連想させる温かみがあってどれも好きです。

いつもさよならの時は
気づけばすぐにやってくるけど
もう信じられるから
さあ早く行かなきゃ あなたが待ってる

本当に気づいたらさよならのときが近づいてて、でもぬーさんの歌声が温かくて言葉を噛み締めてた。
僕の記憶が正しければたしかこの辺りでわたしたちのBGMに載せた再びのバンドソロがあった。めちゃくちゃカッコよかった・・・(間違ってたらごめんなさい

とっておきの地獄

もう残りはライブ映えな大好きな曲しか残ってない!!どうしよう!!マジでもう終わる!でも超楽しい!!!ってよくわからない状態になっているこの頃、ホントもうここには大好きな曲しか残ってません。
魔法はこれまた度々になってしまうんですけど、堀江晶太作曲やぞ????

あなたと出逢ったあの日から
長い長い魔法にかかってる

願いを込めて 心を込めて
精一杯の勇気 かき集めたら
想いの限り 声を枯らして
魔法の言葉 届けるから
最高の景色を あなたと見れるなら
どんな困難だって超えて行けるよ
最大級の賭けに 思い切って乗っかっちゃおう
あなたにいつか届くように
あなたのそばで笑えるように

アーティスト沼倉愛美に出逢ったあの日からマジでずっと魔法にかかってました。何度も言うけどぬーさんが「全員が笑顔で終えられたらいいな」といって笑顔でいて、心を込めて、想いの限り、声を枯らして歌ってくれるならそれに応えるのがオタクってもんでしょ。でも僕は泣きました。

もう充分なんだよ
二度とない瞬間は手に入れたと
永遠ではないことは
諦めがつくと思っていた

仕方ないよ、この音を
愛してしまった

諦めがつくわけがないんだよ。アーティスト沼倉愛美の音に魅せられた。本当にサビの通りで「想像を超える感情がそこにはあるのさ」って
始まるまで正直そんなに泣かないだろって思ってたんですけど、そんなことなくて大好きだったんだなって思い知らされた。

Anti-Gravityは運営さん、完全にロックバージョンハマっちゃったよねって感じです。ダンス曲だと思ってたんですけど、これはこれで大好き。

どんなにもがいても遠い答えを
欲しがるアイデンティティ

ここが好きです。

My LIVEの最初の歌詞が地獄って言ったぬーさんの言葉そのままで面白いなって毎回思うんですけど、本当に余裕そうで決めてるもんだからすごいなぁ。

まっすぐ歩いたら
ここには着けてない
後悔とか憧れは消えないけど
今の自分も悪くないから
後ろ見ながら進んでくよ

ここが最高にぬーさんらしいと思います。

みんなで!

作曲がWEST GROUNDとZAI-ON、そして作詞は沼倉愛美
言わなくてもわかると思うんだけど、いい曲だよな・・・ぬーさんの想いが詰まってる。俺たちへのラブソングだよこれ?
後半になるにつれ投げやりになってきているのは自覚している。歌詞を見てくれ

この曲も1小節1小節語りたいくらいなんだけどこれだけは言わせてくれ

Oh 届いているかな
届いていて欲しいんだ
とびきりの想い

僕のすべてをかけて
心を燃やしたんだ
応えてくれる人がいる限り
何も失くしてなんていないから
いつだって僕を探し出してくれる
そうでしょ?

立ちはだかる壁蹴って
蛇行しながらも走れ
同じはないこの瞬間を忘れないで
わかってる、僕らの気持ちは そう
ひとつだよね
「また笑い合いたいね みんなで!」

インタビューで「描かれている人物の感情が見えないと歌いづらいな」と感じる。ある意味「私はアーティストには向いていない人なのかな」と改めて気づくことができたように思うって書いてあるんですけど、そんなわけあるかっ!!!!
感情が見えないと歌いづらい?結構じゃないか、感情をぶつけてくれよ。それがロックだろ、歌ってそういうもんでしょ?魂で歌うからこそ誰かに届くんだって俺はずっと信じてる。アーティスト向いてない人がすべてをかけて心を燃やせるか?応えてくれる人がいる限りって奮い起つことができるか?ぬーさんだからできたんだよ、ぬーさんだからみんな付いてきたし、こんなに感情が溢れてくるんだよ。届いているかな?届いていて欲しいんだって絶対届いてる。ぬーさんをそんなに知らない人たちが曲を聴いて良い曲だって言ってるんだ。絶対伝わってる。だって「またみんなで笑い合いたいね」って思えてるもの。
この曲で泣かないわけがなかった。ごめんな、ぬーさん届いていたからこそここでは泣かせてくれ・・・

アンコール(本当の地獄

ぬーさんのMCが胸に刺さる。居場所をもらえたような気がしたって言ってくれたのが嬉しかったし、居場所を貰ったのはこっちだった。
これからも沼倉愛美を胸を張って生きていくことができると思います。って最高じゃん。
そんでやっぱり笑って騒いで終わるのが、ぬーさんのライブだと思いませんか?その通りだと思います!!
最後は本当に楽しいしかない。涙なんて流れない(大嘘
Come on New World!!、もっと一緒、HEY!

やあ、よく来た諸君
決して後悔はさせない
観たいものは知ってる
最高の私でしょう?

うだうだ考えたって
もやもやぐるぐる消えやしないよ
ほらそろそろ準備はOK?
声合わせ It's show time!

ラストライブのアンコール1曲目でこれ持ってくるの天才じゃありません??そうだよ!最高のぬーさんを観に来たんだよ。そしていろんな気持ちが渦巻いている中、うだうだ考えたってもやもやぐるぐる消えやしないよってそれはそう。もうあとは楽しむしかないってなったよね。

そして「もっと一緒」一番好きな曲かもしれない。

うまくいかずに 立ち止まった時も
暗い顔しないで 冗談言って笑おう
「辛い」っていう時に 一本線を入れるの
それはあなたで 時に私の役目でしょ

今回に関してはこれはぬーさんの役目だよ。みんなのこと大好きなのですっ!!!

やっぱり最後はHEY!だよね。
高くどこまでも飛んで、もっともっと手を伸ばした。
HEY!に関しては何も言うことないよ。みんなが楽しんだならそれでいい。最高の1日だった。

その他雑談

そんなこんなでライブが終わってしまったわけですが、気になることが一つ。「I Love You」って歌った?もしくは「わたしたち」みたいにどこかにBGMとして使われた?ちょっと記憶が定かではないので、ちゃんとあっただろとかあったら教えて下さい。
メドレー楽曲も含めて36曲、自分の持ち曲をほぼ9割歌ってくれました。メドレーを3片と1コーラスで切り替えって結構大変だったと思います。やり切ってくれて感謝しかありません。かなりすごいことだと思う。

ここで沼倉愛美作詞楽曲について話たいと思います。
沼倉愛美作詞楽曲は「またあした、叫べ、暁、My LIVE、Come on New World!!、彩-color-、Benvenuti、アイ、みんなで!」
※ここではわたしたちは除く
があります。
これらの楽曲に共通して言えることは「後悔、前を見てる、先に進もうとしている、超えられない壁、誰かが必ず隣にいる」などがあると思います。
ぬーさんが伝えたいことっていつも決まっていて、後ろ向くこともあるけど、今の自分もいいよねそれはみんながいてくれたから、だから未来へ進むよってメッセージが込められてると思います。
そんなまっすぐさと僕たちに向けてくれる優しく温かな愛情のようなものや背中を推してくれるメッセージがきっと好きだったんだと思います。ぬーさんの作詞した曲は全部大好きです。
この記事を書きながら自分はアーティスト沼倉愛美が大好きだったんだなって改めて感じました。
途中ぐちゃっとしてしまったりもしましたが、戯言に付き合ってくださりありがとうございます。
そして沼倉愛美さん、お疲れさまでした。走り抜けましたね!とてもいいステージでした。ちゃんと笑顔で終われたよ!これからも大好きです。

終わり


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
Twitterが主な活動拠点です。