見出し画像

急成長の新星、WANG ZHI YI選手

画像1

[中国はWang Zhi Yiの台頭に熱狂するでしょう。]

THURSDAY, JANUARY 23, 2020
TEXT BY DEV SUKUMAR | BADMINTONPHOTO 

彼女はわずか19歳で、既にChen Yu FeiとHe Bing Jiaoに次ぐ中国で3番目にランクの高い選手です。

画像2

このシーズンが始まる前にWang Zhi Yiを知っていた人はほとんどいなかったでしょうが、Malaysia MastersとIndonesia Mastersの2週間が終わって変わったかもしれません。この2週間で、Wangは安定したプレーを知らしめました。

若い中国選手の最も顕著な特徴はChen Yu Feiのプレースタイルにとても似ている事です。Wangは自身初のSuper 500大会、Malaysia Mastersの準決勝で同国の世界ランク1位が持っている鉄壁の守備、無駄のない動き、正確な予測を全て見せ、Ratchanok Intanonを驚かせました(偶然にもChen Yu Feiに敗けました)。

翌週のインドネシアではAkane Yamaguchiと対戦した若い中国選手はファイナルゲーム、26-24 の1時間に及ぶ長い試合で経験豊富な日本選手の道を閉ざしました。

Yamaguchiの同国のSayaka Takahashiも翌日にストレートで敗退しました。

Intanonは今週の準決勝で再び彼女と対戦しました。第2ゲームはギリギリの勝負でタイ選手は接戦をものにすると床に崩れ落ちて喜びました。

「彼女はChen Yu Feiによく似ています」とIntanonは言いました。「彼女はとても我慢強いです。」

それは以前にAkane Yamaguchiが言った感想で、彼女のショットとラリー間での回復力を賞賛しました。

湖北省出身のWangは競技スポーツの経験がない家庭の出身です。周りが彼女の能力に気づいた時には真剣にバドミントンに取り組んでいました。

Wangは、どの選手も崇拝したり、真似をしたりしないと言います。「私はChen Yu Feiをロールモデルとは思っていません。プレースタイルに類似点があるかもしれませんが、それぞれ独自のものです。」とWangは言いました。「憧れている選手はいません。全ての先輩は異なった得意分野があります。私は自分のベストを目指してそれぞれから優れた面を学んでいます。」

Wangはジュニア時代に2018年の世界ジュニア混合団体戦でプレッシャーのかかる中で3勝を上げ中国の優勝に導き名を挙げました。ジュニアヘッドコーチのWang Weiは、彼女をチームの「卓越した」選手として称賛しました。

昨年からシニア大会に参加した彼女のパフォーマンスは一貫していました。オーストリアオープン、USオープン、ベラルーシインターナショナル、ユズインドネシアマスターズ、オランダオープン、マレーシアインターナショナルチャレンジで優勝し、その間の敗者には、Saina Nehwal(ファイナルゲームで 21-4)とSung Ji Hyunが含まれていました。

「ジュニア時代は良い思い出です。シニアレベルに進むと、より難しくなり、プレッシャーを感じているので、一生懸命に取り組む必要があります。私はまだあまり知られていませんが、知られるように頑張っていきます。」

画像3

[Wang Zhi Yiは2018年のSuhandinata Cup獲得に貢献しました。]

シニア大会で順調なスタートをしたWangは、さらに進歩する必要性があると感じています。

「全体的なパフォーマンスを向上させる必要があります。より良い選手との試合経験が必要なので、これは私がさらに向上するチャンスです。」

ワールドツアーへの参加に興奮しているのは明らかです。なぜなら、今は世界最高の相手と対戦をしているからです。今までは得られなかったものです。

「これらの大きなトーナメントに参加し始めたばかりです。全ての素晴らしい選手なのでプレッシャーを感じていますが、それはポジティブなことです。そうすれば、個々の記録ではなく、良いバドミントンをすることになります。だから私は自分のプレーに集中しています。対戦相手は私の試合や専門分野についてあまり知らないので、有利です。」

「トップ選手全員と試合が出来るのを楽しみにしています。勝つか負けるかは重要ではありません。試合中にベストを尽くしたいだけです。」

Chen Yu FeiはLi Xuerui以来4年ぶりの中国選手の世界ランク1位です。Wang Zhi Yiが彼女に追随すれば、中国の選手たちは女子シングルで脅威になるでしょう。

#バドミントン #BWF #海外選手

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとう
競技を行っている中学生・高校生にトーナメント戦の大会しかないことがスポーツを楽しむ人を減らしていると考えてリーグ戦の大会を普及させようと活動しています。