AKIRA

映画、ガンバ大阪、ゲーム、読書好き。千里ニュータウン住まい。車椅子ユーザー。 ブログ「…

AKIRA

映画、ガンバ大阪、ゲーム、読書好き。千里ニュータウン住まい。車椅子ユーザー。 ブログ「Akira's VOICE」(2004年〜)http://akiravoice.blog.jp/ 文字起こし https://www.facebook.com/akiratextcreate/

マガジン

  • 映画

  • 晶のnote

    日記的なもの。

  • TVアニメ

  • ガンバ

  • ドラマ

最近の記事

「オッペンハイマー」観た。

原題:Oppenheimer 監督:クリストファー・ノーラン 出演:キリアン・マーフィー、エミリー・ブラント、フローレンス・ピュー、マット・デイモン、ロバート・ダウニー・Jr.、ケネス・ブラナー 他 上映時間:180分 「原爆の父」と呼ばれた物理学者ロバート・オッペンハイマーの実像に迫る映画。 聴聞会の聞き取りに応じるオッペンハイマー。その合間に回想を織り交ぜて展開。 ほぼ全編が会話劇。 台詞の応酬を、役者の演技とそれを引き出す演出、響き渡るサウンドに乗せてリズミカル

    • 「ゴーストバスターズ/フローズン・サマー」観た。

      原題:Ghostbusters: Frozen Empire 監督:ギル・キーナン 出演:ポール・ラッド、マッケナ・グレイス、キャリー・クーン、フィン・ウルフハード、ローガン・キム、クメイル・ナンジアニ、アーニー・ハドソン、アニー・ポッツ、ダン・エイクロイド、ビル・マーレー 他 上映時間:115分 3月28日(木)試写会にて@109シネマズ箕面 ScreenX 2021年「ゴーストバスターズ/アフターライフ」の続編。 前作が秀作だっただけに続編いらんと思ったし、監督がア

      • アニメDVDが特典不足

        今に始まったことではないけど、アニメの円盤(DVD・ブルーレイ)に収録される特典に消化不良。 「THE FIRST SLAM DUNK」(監督インタビュー、声優トーク集) 「ONE PIECE FILM RED」(特報、イベント映像集) 「劇場版「鬼滅の刃」無限列車編」(舞台挨拶、公開記念番組、PV集) 「劇場版ヴァイオレット・エヴァーガーデン」(予告編集、舞台挨拶、コメンタリー) 同梱グッズより特典映像をもっと・・・。 一方で深海誠監督作品は充実の内容! 「すずめの戸

        • 葬送のフリーレン

          アニメ「葬送のフリーレン」(10月期から2クール) 魔王討伐後の世界を舞台に、エルフのフリーレンがかつての仲間「勇者一行(フリーレン、ヒンメル、ハイター、アイゼン)」の思い出を辿りながら新しい仲間と冒険する物語。 「ロード・オブ・ザ・リング」「ドラゴンクエスト」のような世界をのんびり旅してる感が心地よく、じわるストーリーに浸りながら毎回引き込まれた。 エバン・コールによる牧歌的な癒しの音楽と美しい作画がベストマッチ。 10~12話 ・師匠! ・巡り合いの繋がり ・モンク

        「オッペンハイマー」観た。

        マガジン

        • 映画
          164本
        • 晶のnote
          16本
        • TVアニメ
          28本
        • ガンバ
          22本
        • ドラマ
          70本
        • ゲーム
          19本

        記事

          「デューン 砂の惑星PART2」観た。

          原題:Dune: Part Two 監督:ドゥニ・ヴィルヌーヴ 出演:ティモシー・シャラメ、ゼンデイヤ、オースティン・バトラー、フローレンス・ピュー、レベッカ・ファーガソン、シャーロット・ランプリング、ハビエル・バルデム、ジョシュ・ブローリン、ステラン・スカルスガルド、クリストファー・ウォーケン 他 上映時間:166分 シリーズ2作目。(前作) 「ポールは救世主か否か問題」が長めに割かれていて、もどかしい。 終盤、ようやく受け入れて悩める姿から凛々しく変貌。 覚醒後は頼も

          「デューン 砂の惑星PART2」観た。

          ガンバのホーム開幕戦

          2024シーズンのJリーグ開幕。 ガンバのホーム開幕戦に行ってきた! 勝った! なんと勝ち点3は昨年8月以来。。 それだけに勝利の味は格別。 いえい! 守備時やボール奪取の強度が増したように見えた。 そこにパスワークの精度が上がってくれば! 強くなる期待が持てた。 今年の年末には歓喜が待っていると信じて応援!

          ガンバのホーム開幕戦

          「劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦」観た。

          監督:満仲勧 声優:村瀬歩、石川界人、梶裕貴、中村悠一 ほか 上映時間:85分 高校バレーボール(排球)を描いた人気コミック「ハイキュー!!」の劇場版。 「烏野高校VS音駒高校」の試合を描く。 コミック未読、アニメも未見。 触れたのは総集編の劇場版「終わりと始まり」のみという、ほぼミリしらだけど楽しめた! スコアの動きを気にせずひたすらにボールを拾って上げて打ちつける攻防、お互いを高め合う迫真のプレーの連続に見入る! スペースを見つけてボールを打ち込む攻撃と、隙間を埋

          「劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦」観た。

          「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」観た。

          監督:福田己津央 声優:保志総一朗、田中理恵、石田彰、森なな子、鈴村健一 ほか 上映時間:124分 「ガンダムSEED」の新作は劇場版! 2002年に放送された全50話の「機動戦士ガンダムSEED」、2004年に放送された全50話の「機動戦士ガンダムSEED DESTINY」の続編。 放送時はキャラデザに惹かれなくて見ておらず、劇場版に合わせて特別総集篇のスペシャルエディションを見た。 主人公の名前キラ・ヤマトが僕の名前アキラ・ヤマモトと似てるね。 そんな程度のライ

          「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」観た。

          「ゴールデンカムイ」観た。

          監督:久保茂昭 出演:山崎賢人、山田杏奈、矢本悠馬、眞栄田郷敦、大谷亮平、玉木宏、舘ひろし 他 上映時間:128分 人気コミックの実写映画化。(原作既読) 杉元とアシリパが出会い、お互いの身の上を共有し絆が芽生える大切な過程を省略せずきちんと描かれていて良かった。 アイヌの豊かな生活の再現度も高い。 配役は正直言ってみんなぴったりとは見えず最後まで違和感が消えなかったものの、山崎賢人には華があり、不屈の生命力を燃やして不死身を邁進する姿は頼もしくてカッコええ。 数々の

          「ゴールデンカムイ」観た。

          「ゴジラ-1.0/C」観た。

          「ゴジラ-1.0/C」(ゴジラマイナスワン/マイナスカラー) 「ゴジラ-1.0」のモノクロ版! カラー版では人間ドラマに魅力を感じなかったが、色彩を排除したことにより人物の陰影が際立ち、それぞれが抱える生死の濃淡が色濃く浮かび上がり、自然と劇中へと引き込まれた。 生きていていいのか、生きなきゃと葛藤する敷島浩一と典子を体現する神木隆之介と浜辺美波が昭和の名優に見えた。 巨大で抗えない負の要素の象徴としてのゴジラの禍々しい存在感に瞠目。 終盤の敬礼は、戦死した者たちへ

          「ゴジラ-1.0/C」観た。

          遠藤コーチ!

          1月9日の午後2時、いつも通りガンバ大阪のXをリロードすると目に飛び込んできた文言。 「Thanks and Welcome back この度、遠藤保仁選手が現役を引退し、ガンバ大阪トップチームコーチに就任する事が決定いたしました!」 ファッ!? 二度見を繰り返す。 引退の寂しさと戻ってきた嬉しさが同時に押し寄せて感情が追いつかへんかった! めっちゃびっくり。 いずれは戻ってきてコーチやってほしいと思っていたけど、まさか今シーズンからとは! 2001~2020.

          遠藤コーチ!

          2023年の映画ベストテン

          2022年12月3日公開の「THE FIRST SLAM DUNK」は初日を逃した。 ゆえにレンタル待ち(その年に公開された映画を見逃した場合はレンタルか配信で見ることにしている)と思いきや絶賛の声が多く目に入ってきて観たい気持ちがどんどん高まってゆき結局、今年の映画館初めはこの映画になった。 映画館おさめは、12月26日「PERFECT DAYS」。 映画館で観たのは33本。あとレンタル・配信で60本以上。 見逃しが多い・・・。(毎年恒例) 2023年の映画ベストテ

          2023年の映画ベストテン

          2023年のベストテン(ドラマとアニメ)

          2023年に見たテレビドラマのベストテン 1位「いちばんすきな花」 2位「ブラッシュアップライフ」 3位「アストリッドとラファエル 文書係の事件録 シーズン3」 4位「量産型リコ –もう1人のプラモ女子の人生組み立て記-」 5位「グレースの履歴」 6位「波よ聞いてくれ」 7位「最高の教師 1年後、私は生徒に■された」」 8位「家族だから愛したんじゃなくて愛したのが家族だった」 9位「ミワさんなりすます」 10位「舞いあがれ」 次点 「ドラマ10大奥」 「らんまん」 「ハ

          2023年のベストテン(ドラマとアニメ)

          秋アニメ

          10月期に見ていたアニメ。 (フリーレンは分割2クールなので1月クール後に。) 「呪術廻戦 懐玉・玉折/渋谷事変」 3年ぶりのアニメ。ようやく2期。 五条と夏油がダチだった時代を描く「懐玉・玉折」が秀作。 「呪術廻戦0」の前日譚でもある! 良い話の「そういうこと」を経てついに大騒動が。 「渋谷事変」は見どころ満載。 地下に深い渋谷の特徴が原作より理解しやすく、また各バトルの作画も素晴らしくて躍動感とともに見入った。 冥冥のCV三石琴乃がハマり役。 強者揃いの激戦

          秋アニメ

          「PERFECT DAYS」観た。

          原題:PERFECT DAYS 監督:ヴィム・ヴェンダース 出演:役所広司、中野有紗、柄本時生 ほか 上映時間:124分 公衆トイレ清掃員の平山(役所広司)を通して描き出す日常の輝き。 早朝。 外から聞こえる箒掃除の音を合図に起床。 身支度を整えて、缶コーヒーを喉に通して、車のエンジンをかけ仕事場へ。 仕事終わりに行きつけの飲み屋で一杯。時々、小料理屋。 開店直後の銭湯にも通う。 帰宅。 就寝前に本を少しだけ読み、横になる。 寝入りばなのまどろみにその日に起きた印象が脳

          「PERFECT DAYS」観た。

          秋ドラマ

          見ていた10月期ドラマ。(単発も含む) 「いちばんすきな花」 世の中のモヤることや踏み出す行動、背中を押すセリフへの共感ポイントが高かった。 見ていて落ち着くし、優しくて、救いになるドラマだった。 自然な会話が心地よく、ずっと見ていられる。 主題歌も好き。 いい話の時間ですよと伝えるような劇伴が若干クサかったが。 あると嬉しいスティックパンは精神安定パン。 希子と朔也の未来にも幸あれ! あの赤い屋根の家にはきっと座敷童子いるよね。 「行っていい?」「いいよ」

          秋ドラマ