メンバーインタビュー第1回:入社後すぐに「会社の経営戦略を任せてもらえた」―須川史啓
見出し画像

メンバーインタビュー第1回:入社後すぐに「会社の経営戦略を任せてもらえた」―須川史啓

アセルナ

こんにちは、株式会社aceRNA(読み方:アセルナ) Technologiesです。

私たちアセルナの会社メンバーをより詳しく知ってもらうためのインタビューを紹介します。今回は、入社後すぐに「100%権限を与えるので会社の経営戦略を考えてくれ」と告げられ、ビジネスサイド全般に関わる須川史啓に話を聞きました。

Q1. 今までの経歴について教えてください。

Max Planck研究所にて生物学の博士号を取得後、ノバルティスファーマに就職しました。ノバルティスでは、メディカル部門のMSLとして、医師との協議を通じて臨床エビデンスへのニーズを把握し、医師主導研究の支援やフェーズ4試験の実施に繋げていく仕事をしていました。

その後、野村総合研究所に転職し、ヘルスケア領域の経営・事業戦略支援に携わっていました。具体的には、製薬企業や医療機器企業における事業開発支援や、他産業からのデジタルヘルス検討支援を行っていた他、官公庁にによるベンチャー支援施策に関する調査・実行などを行っていました。当時培った事業開発のフレームワークや感覚が、そのままアセルナでの経営戦略策定や事業開発で活かされています。

Q2. アセルナへ入社するに至った経緯は?

アセルナへ出資している京都大学イノベーションキャピタルが実施するECC-iCAP(研究者とビジネスパーソンのマッチングプラットフォーム)に登録していたら、たまたまアセルナの求人が出てきて、応募したところ採用に至りました。野村総研にいた時からバイオテックで経営に近い仕事をしたいと思っていましたし、40代になる前に、新しいチャレンジをしてみたかったところだったので丁度良いタイミングでの出会いでした。

Q3. これまでアセルナで携わってきた業務は?

事業戦略の策定と、資金調達・事業開発を含めたビジネスサイド全般の業務をしてきました。
そもそも、会社の方針としてこれまでの事業からピボットする方針があり、新しい経営戦略を考え、実行できる人を探していたタイミングで自分が採用されました。
入社してすぐ、社長と大株主から「100%権限を与えるので会社の経営戦略を考えてくれ」と告げられました。
そして、もともとやっていた事業をピボットし、遺伝子治療、特にmRNA創薬にフォーカスするという大改革を実施しました。
入社前含めて4ヶ月かけて新しい事業のための検討をし、事業に関して製薬企業に声がけしていました。同時に資金調達にも動いていたので、投資家のところにいって説明し、何度も断られたりしていました。
大変な時期もありましたが、自分で事業戦略を変え、資金調達・事業開発もして、会社の舵取りを全部やることができているので、やりがいを感じています。

画像1

ほっと一息🍵:プライベートについて

趣味はボルダリングです。来年から小学生になる6歳と4歳の子供と一緒にやっています。基本テレワークなので、プライベートの時間もこれまでよりも多く取れるようになり、子供と遊ぶ時間が増えました。ワークライフバランスが保てていて、家族としてのQOLも上がっています。

Q4. アセルナの、他のバイオベンチャーとは大きく違うポイントは?

アセルナは資金調達をして2年間はRNA創薬をする資金があり、そして日東電工社とのスイッチ付mRNA創薬における共同研究もあるので、2年間フルコミットで研究できる環境があります。そしてアセルナが成り立つ重要な要素の1つには、アカデミアの斎藤先生があります。斎藤先生は大学発ベンチャーで東証1部への上場も果たしているペプチドリームの創業者の下で研究したことがあり、アカデミア研究の実用化の重要性を目の前で見ています。普通の研究者とは違ったところがアセルナの創業や運営、大学との関係性にいい意味で働いています。

Q5. アセルナのR&Dチームに向いている方は?

大企業の中にいて、新しいチャレンジをしたい方が来てくれると、とても嬉しいです。具体的には、大企業の中で癌の研究をしているが、創薬の研究をしたい方や、大企業ならではの悩みのために、自分のプロジェクトが思い通りに育てられないジレンマを感じている方などです。アセルナは制限なく、新しい創薬やプロジェクトに携われるので、自分に自信を持ってリードする意気込みを持っている方の応募に期待しています。

Q6. 未来のアセルナメンバーの方々へ、メッセージをお願いします。

アセルナは、2年後までにRNAスイッチ技術を活用した遺伝子治療やmRNA治療のPoCエビデンスを構築・発信することを直近のゴールと設定しています。創薬での目標は1つで、今治療できていない病気を治療することです。治療できる病気を1つでも増やしていくことに貢献してみたいと思っている皆さん、一緒にアセルナで実現していきましょう!

【R&Dチーム・他職種への応募はこちらから!】

https://acernatec.com/contact/


アセルナ