公開中ゲーム紹介

こんにちはあおめがねです。

今回は今booth(https://aomegane.booth.pm/)で公開しているゲームを簡単に紹介します。簡潔に簡単に紹介するので、少しでも興味があれば動画をご覧ください。

Escort(https://youtu.be/NYCJ7hm0z3g)

高専4年の時に文化祭で出したゲームです。お姫様が花を摘みに行くので、モンスターを追い払いながら姫を護衛しましょうってゲーム。HARDをクリアするには武器の縦振り、横振り、武器投げ、姫ジャンプの四種類のアクションをフル活用する必要があります。

個人的によかったのはNORMALがちゃんとNORMALって難易度で、小さい子でもクリア出来る事です。逆にHARDはHARDで、ゲーム得意な同級生が1時間くらいかけないとクリアできない難易度になってます。きくざかりさんは30分くらいでクリアしたらしい。めっちゃすごい。

LOST(https://youtu.be/d6Elc7PCHio)

絵や音を人に頼んだゲームはEscortが初めてで、その威力を思い知りました。(こんだけ強ければホラーゲームいけるんじゃね?)って思って作ったのがLOSTです。

やること自体はよくあるホラーゲームと同じで、「館の中から鍵を見つけ出して出口から出る、敵に見つかると追いかけられて怖い」っていう。ただ違うのは、敵に捕まると体の部位を奪われる事です。

例えば目を奪われると画面の半分が見えなくなって、そこに敵がいるかわからなくなります。この辺については動画見たほうがわかりやすい。この「捕まると只々ゲームが難しくなるだけ」というゲーム。僕の性格の悪さがにじみ出ていますね。

Jump(https://youtu.be/nPnNKjjtY7s)

Escort,LOSTでイラストレータやサウンドクリエイターとかなり連携が取れてきた中、アニメータも加わって作ったゲームがJumpです。

Jumpのコンセプトは「爽快感」です。アニメータもいるしそういうゲームが作れる気がしました。内容はよくある2Dアクションで、プレイヤーは瞬間移動が出来ます。これも説明大変なので動画見てください。

文化祭に出すゲームは展示物で小学生も来るので、いつも「わかりやすく」「1プレイを短く」が最低条件になります。その中でテレポートの操作はギリギリの所でしたが、結果うまくいきました。良かった。何より僕のゲームを通じて高専生と小学生(お客さん)が交流してくれたのが嬉しかった。

アクション×テレポートのアイデアはダクソ3の兄王子ローリアン戦からヒントを得ています。あとジャンパーとか東京ESPとか。

カラフル(https://youtu.be/-i2qIszHolQ)

大学に入ってから初めて作ったゲームです。脳トレコンペティションに出したやつ。イラストレータの予定が空かなかったので絵は僕が描きました。

「失敗を咎めない」をコンセプトにゲームを作ったらスコアもステージクリアもなくなりました。「絵を描くゲーム」っていうのも「失敗を咎めない」ための手段です。

動画を見るとわかるのですが、狙った足場に着地するのが意外と難しいです。よ~く狙って予想して想像してくれるので、「脳トレ」になってる気がして嬉しいです。

こんな感じです。公開してないゲームもいくつかあるから楽しみにしてください。製作者としてはどのゲームも期限内に完成してることが一番誇らしいですね。
少しでも興味があればダウンロードして感想くれると嬉しいです。ではまた来週!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

めっちゃ嬉しい!ありがとうございます!
1
ゲーム作ってる大学生 ゲームデザイン/数学/プログラミング の話が出来ます