見出し画像

小籠包がメニューない台湾料理店

台湾が好きです。自他ともに認めるくらい大好きです。

4月に予定していた訪台も新型コロナの影響で行けなくなり、台湾の禁断症状が発作のように出る。(大げさ)

台湾料理店です美味しいものを食べて、行けない気持ちを抑えよう!と思い、台南担仔麺の新宿店に行って来た。

台南ってところがポイント(笑)
この時期なので他にお客さんはいなかった。
店員さん、コックさんも全員が台湾の方で、聞こえて来る会話の内容は理解出来ないが、雰囲気はまさに台南のお店で食べている感じがした。

メニューにも驚くほどたくさんの料理があるし、店員さんもお薦めの料理を教えてくれる。
あれ、小籠包がない、台湾料理といえば誰もがイメージする定番がない。
なぜないのか聞けば良かった。

それから、肉圓があったことに感激した。今回は頼まなかったけど、次回来店したら食べてみようと思う。

店員さんは台北出身と聞いたので、さらに質問すると、基隆の近くですよと答えてくれた。
台南のお店も好きだけれど、基隆で食べた魯肉飯も美味しかったよなんて話をしながら楽しく飲んで食べて良い時間だった。
早く台湾に行きたいね!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます。
1
広告代理店でプロデューサー、アートディレクターをしている人 / 愛犬のミニチュア・ピンシャーに癒やされる毎日 / どこか懐かしい感じがする台湾への旅行が趣味 / 写真とオリーブが好き / 横浜出身