見出し画像

タイトルを短くて見慣れないのにすれば、覚えてもらえるかなあって安易な考えでつけました。思考回路としては、食欲の秋だし、秋の果物といえばだな。って感じです。すごく単純ですが、ちゃんと梨については後ほど語りたいと思います。

…ということで、季節はずれのアドベントカレンダー21日目始めていきまーす!

1. 好きなものこと

改めまして、塚崎です。周りからはきょんと呼ばれているので、そんな感じで気軽に呼んで下さい。

・ドライブ ←新しい車が欲しい

・釣り ←毎週末行ってる

・動物 ←一時期家に15匹動物がいた

・パズル ←飽き性のはずなのになぜかパズルは飽きない

・家族 ←割とマジで家族愛高い自信あり

・ラーメン ←麺から作ってみたい

・化粧品 ←新作をテスターするのが趣味

他にもいっぱいあります。ありすぎて言い尽くせない…

画像1

2. 性格的なこと

・共感力高いのでよく周りの人の変化に気がつくし、よく共感しすぎて泣く

・割と社交的。人と話すのが得意かも

・なんでも白黒はっきりさせたい派

・1日の時間の使い方を考えて使いたい、寝る以外は何かしていたい

・たまに面倒くさがりが出る

・1ヶ月に1日くらい一人きりで暗い部屋にこもりたいと思うことがある

画像2

3. 真面目に梨について

さてさて、ここまで割とどうでも良さそうな自己紹介をしてきましたが、そろそろ本題に入りたいと思いまーす。少し長くなる恐れがあるため、時間がない方は、まとめのところまで飛ばしちゃってください。

………………………………………………………………………………………………

1998年02月20日みよし市の梨農家の長女として生まれた私は、幼い頃から畑と家族に囲まれてすくすく成長。

小学校の授業で自分の夢を書く時間があった。みんなはなりたいことや、やりたいことを発表してた。けど私は『どうせ私は農家しかやれないんだよな。」と思い、何も夢が浮かばなかった。

三姉妹の長女で代々続く農家ということで、ずっと周りから跡取りだといわれ続けていた。本当はそれが嫌だった。けれど手伝わなきゃ家が回らないから、小学校の頃から家事は私だし、夏休みは繁忙期なので毎日梨の出荷作業。

そんな生活だと、なぜ周りの家は土日がおやすみでお出かけできるのか。なぜ周りの家は子供が手伝いをしないのか。なんで私はこんなとこで働かなきゃいけないのか。そればっかり考えてしまっていた。

………………………………………………………………………………………………

ところで皆さん、農家ってどんなイメージですか?暑い?寒い?儲からなさそう?

よく言われるイメージ、まあまあ全部当たってます。

夏は40度近くある中、一日中外で働いて、帰っても仕事がある。冬は冬で、極寒の中外で作業。自然相手なので今年みたいに台風が多いとしは年収が半分になったりもします。

他の業界に比べたらあまりいい印象がない農業。私も実際の現状を知っているからこそ、余計に良いイメージを持てなかったし農家が嫌でした。けど私はある時期から考え方が真逆になりました。

画像4

………………………………………………………………………………………………

京都の大学に進学が決まったため、一人暮らし生活が始まった。

一人暮らしをしてみると、母親と父親にどれだけ支援してもらっていたか痛いほど実感した。自分の生活費から家事まで全てが一人では大変で、初めて心から家族に感謝した。

今までのお返しにと思い、大学の長期休みは2ヶ月あるのでその期間はずっと実家で手伝いをしていた。高校性までは嫌々だった手伝いを、自分からしに行くようになったことが自分の中では大きな成長だった。

畑で作業している時、農家は一日中家族と一緒に仕事できるのが特徴だと気づいいた。こんな素敵な仕事は他にないと思った。大好きな家族と働けるなら農家もいいなと思った。

そして何より、お客さんに『ここの梨を早く食べたくて待ってたわ〜』『ここの以外は食べれん』って言ってもらえることが、まるで自分を褒めてもらっているようで本当に嬉しかった。

………………………………………………………………………………………………

皆さん野菜とかを買うときに 農家さんが愛情を込めて作りました って見たことありますか? 何気なく読んでいるあの言葉。

あの言葉って本当にその通りで、梨みたいな1年に1回の作物は、農家さんは1年間という時間を1つの果実にかけているんです。

だから台風で落ちてしまったりすると泣けるし、悔しくて怒れちゃいます。

それくらい本当に愛情がこもってるんです。なのでもし野菜や果物を買うことがあれば、『これも頑張って作ってくれてるんやな』と少しでも思ってくれたら嬉しいです。

画像4

………………………………………………………………………………………………

実家に戻るために3年の前期で卒業単位を揃えた私は、一人暮らしをやめて実家で今も毎日農作業をしている。

年間を通して作業をしていると見えてくることがたくさんあって…

・勤怠管理なんてあってないようなもん

・晴れの日は畑、雨の日は経理なので休みはない

・注文や顧客管理は全て手書き 

・販路はもう何十年も同じ etc.

こんな感じで課題は山積みだし、家族もそれは把握している。けど改善する時間と知識がない。

農家の人って家族または他の農家さんと話すことしかないから、新しい技術を知ったり取り入れることが少ない。

この現状が私の就活の軸を決めた。私は、

・私の家族のように休みがない自営業の人に休みを作って欲しい。

・それを可能にする仕事ができるのなら、私はすごく幸せだな。

・そして将来自分が農業をするための知識やスキルも身につけられるだろう。

このように考えながら就活をして、そしてfreeeに出会い、私のやりたいことにぴったりだし、なんだか直感的にここがいいって感じて、今に至る。


………………………………………………………………………………………………

4. まとめ

長々と話しましたが、お伝えしたいのは4つ。

・農家は最高の仕事

・家族が大好き

・農家の愛情は本物

・私は私の家族のような人たちを助ける仕事がしたい

・将来は日本一の梨農家になりますのでよろしく

以上です!

長くて読みにくい文章になってしまいました。最後まで読んでくださった方、本当にありがとうございます…。

それでは内定式でまたお会いしましょう〜

次は千田将大くんです。

画像5



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

8
梨農家の娘。 大学京都なのでエセ関西弁話しがち。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。