激裏ギルド / 秘密の情報源にご案内しましょう

もし、一部の人にしかアクセスできない情報源にアクセスすることができるとしたらどうでしょう? それを叶えるのが激裏ギルドです。それでは秘密の情報源にご案内しましょう。https://gekiuraguild.jp @GekiuraGuild

激裏ギルド / 秘密の情報源にご案内しましょう

もし、一部の人にしかアクセスできない情報源にアクセスすることができるとしたらどうでしょう? それを叶えるのが激裏ギルドです。それでは秘密の情報源にご案内しましょう。https://gekiuraguild.jp @GekiuraGuild

    マガジン

    最近の記事

    乱発されるお尋ね文書。コロナ禍の税務調査(後編)

    From: Hatch 前編では、お尋ね文書の動向と、数字で見た調査状況について解説した。 後編では、 ・回答しなかったらどうなる? ・結局、回答したほうがいいのかどうか。 について、解説します。 前編はこちらをご覧ください。 回答しなかったらどうなる?ここで、大いなる疑問がわいてくる。 「どの程度の強制性があるのか」 「答えないとどうなるのか」 「みんな真面目に回答してんの?」 実をいうと、お尋ねに回答している人は、36.1%しかいない。 前回、書いた通り・・・

    スキ
    1
      • 乱発されるお尋ね文書。コロナ禍の税務調査(前編)

        From: Hatch コロナが拡大するなか、こんな疑問を抱いている方もいるんじゃないだろうか。「コロナ禍で税務署は税務調査しているのだろうか」と。 しかし、知り合いの税理士などからはこんな声が聞かれる。 「去年の終盤あたりから乱発しているようだ」 今回は、コロナ禍で急増する「お尋ね文書」について解説します。 お尋ね文書ってそもそもなんだ!?厳密に言うと、「調査ではなく行政指導」ということになっている。 なんともややこしい表現ですよね笑 種類は ・「相談のご案内

        • 監視される海外取引。情報ネットワーク CRSに注意 https://gekiuraguild.jp/?p=210

          スキ
          1
          • 税金のかかる助成金かからない助成金。GoToキャンペーンは課税対象?

            From: Hatch 新年いかがお過ごしでしょうか? 去年はコロナ禍により、大変厳しい一年だった方もいると思います。 一方で、未曾有の国難に対して、国や地方自治体からの助成金をもらった方も多くいると思います。 しかし、次に待ち受けるのは確定申告の時期です。 中には、税金がかかる助成金もあります。 助成金などが乱発され、税理士でも課税/非課税の判断がややこしいくらいですので、一度見直すために一覧を作ってみました。 課税対象の助成金 以下のものは、事業所得として課税対象

            スキ
            2

          マガジン

          マガジンをすべて見る

          記事

          記事をすべて見る
            • 持続化給付金不正受給ペナルティに怯える人々 現在の逮捕者は○○人、不正受給自主申告は○○○人 https://gekiuraguild.jp/?p=157 現在の状況やペナルティや救済案について解説しました 捜査2課と組対の捜査班組成して動いているみたい 自主返還するもしないもあなた次第👀

              • 相続・贈与で起こりうる連帯納付義務の恐怖

                From: Hatch 「あんたのお父さん、わしらに金借りたまま飛び寄ったんですわ。代わりに返してももらえまっかぁ」「親の借金は子供の借金ですわ」・・・ 一昔前のVシネマなどでよく描かれていた親の借金の返済を子供に迫るシーン 連帯保証していない限りは、返済義務はないですし、しつこしていれば脅迫にもなりうるような場面 実は税金に関していえば、このようなことがまだ起こりえます。 今回は「相続・贈与で起こりうる連帯納付義務の恐怖」を解説します。 連帯納付義務とは? 特定の

                スキ
                1
                • 本日、激裏ギルド運用ポートフォリオに追加する米国株紹介 ダラー・ゼネラル (DG) NYSE

                  スキ
                  4
                  • 相続人1人あたり500万円移転する相続対策鉄板ワザ

                    From: Hatch 税金対策として、相続税対策の相談も多くいただくのですが、長期的な観点での暦年贈与の次に鉄板なのが、今回ご紹介する方法です。 それでは、相続人に1人あたり500万円移転する相続対策鉄板ワザについて解説します。 死亡保険金は相続財産にならないことを利用する。 生命保険の保険加入者が死亡した場合に支払われる死亡保険金には相続税の非課税枠が設定されています。 非課税枠=500万円×法定相続人の数 つまり、相続人を受取人にした生命保険をそれぞれ500万

                    スキ
                    3
                    • 領収書がなくても経費にできる?

                      From: Hatch 領収書を捏造を考える人もいるくらいですから、経費計上をするためには領収書が必要なのでしょうか? 実は必ずしも領収書が必要というわけではありません。 今回は、領収書がない場合の経理処理について解説します。 領収書などの証憑書類を保存する意味合い経費として計上するためには、領収書や請求書等の証憑(しょうひょう)書類を保存しておいて、それを根拠とします。 基本、税務調査で証憑書類で支出の事実を証明することになります。 そのため事業に必要な費用がかかった

                      スキ
                      3
                      • 脱税を相談してくる人が脱税に向いていない理由。逆に脱税に向いている人とは

                        From: Hatch 節税コンサルタントを称する人たちのいうがまま会計処理を行い、「うまくごまかした」だとか「ばれなかった」と、思っている人がかなりの数います。 相談してくる方の中には、うまい領収書の捏造方法を探求している人までいます。そんなことを考えるなら、事業の発展を考えればいいのに・・・とよく思います。 実際に領収書の捏造などを考える人は概ね事業は大してうまくいっていませんので、あなたも気をつけてください。 そして、よくある間違いが「脱税がばれなかった」と思って

                        スキ
                        4
                        • 領収書があれば経費にできるという間違い

                          From: Hatch 「領収書をお願いします」 こういった光景は、飲食店での決済風景でよく見られる場面です。 なかには、領収書をもらう必要があるのか怪しくなる決済でももらっているのを見かけます。 たとえば、、、 ご家族連れが食事をした時などに、領収書を要求している姿などです。 家計簿をつけるくらいであれば、領収書まで貰う必要はありませんよね。 領収書があれば大丈夫という間違い 無作為に領収書を集めることやばれない領収書の捏造の仕方などを質問してくる方が、昔から多数

                          スキ
                          2
                          • コロナ禍で公私混同して節税する方法

                            From: Hatch 多くの人が思っている以上に経費が認められるか認められないかは、曖昧な部分が多い。 ポイントとなるのは、事業の用に供しているかどうか。つまり、ビジネスのためのものかという部分がポイントです。 今回は、コロナ禍における公私混同による節税について解説します。 とはいうものの、「ビジネスのため」かどうかの判断はどのように行われるでしょうか。 ずばり「主観」です。 主観と書きましたが、誰の主観であるかというと「納税者」と「徴収側」の2つの主観があり、こ

                            スキ
                            2
                            • 合法的に大麻ビジネスに投資する方法

                              From: Hatch 大麻というと日本では大麻取締法により、所持していると逮捕されてしまいます。 大麻はその他の違法ドラッグと違い、使用ではなく所持のみが逮捕要件です。 さて、そんな大麻ですが、大麻ビジネスに合法的に投資する方法があります。 今回は、合法的に大麻ビジネスに投資する方法について解説します。 アメリカでは、大麻を扱う企業の株が買える。冒頭で書いたみたいに、日本だと大麻は違法なので、もちろん大麻を扱う企業が上場していることはないです。 しかし、アメリカで

                              スキ
                              9
                              • 雇用主が休業補償をしてくれない時は休業支援給付金を使え

                                From: Hatch 行くところ行くところで「コロナでちゃんと給料もらえていますか?」と、聞く嫌な人間のHatchです。 そんな中、「シフトが減って大変です」「私も給付金もらえるんですか?」といった声がよく聞かれる。 複数聞いた中で、事業主が雇用調整助成金の手続きを行っているもしくは、休業支援給付金の申請をしていたのはなんと・・・1人だけでした。 今回は事業主が消極的でも約80%の給付金がもらえる「休業支援給付金」をご紹介します。 雇用主が申請しない理由大前提として、

                                スキ
                                3
                                • 新型コロナ抗体検査キットを使ってみた結果・・・

                                  From: Hatch 先日、飲み会の席で激裏関係者より新型コロナの抗体検査キットをいただきました。 どんなものか使ってみましたので、ご紹介したいと思います。 キットにはこのようなものが含まれていました。 ・説明書 ・指に穴をあける道具 ・試験管??的なもの ・何かが入っている袋 袋を開けてみると 袋を開けてみると ・スポイト ・判定用の道具? が出てきました。 説明を読んでみると、右から2番目の器具で指に穴を開けて、地を出しスポイトで血を吸い取り、試験管の中の

                                  スキ
                                  2
                                  • 相続財産を賢く引き継ぐ方法<3年内加算回避>

                                    From: Hatch 暦年贈与での非課税枠ないでの贈与は時間をかけられるのであれば、相続税の有力な節税策の候補なのですが、相続開始3年前までの贈与は無効になる生前贈与の3年内加算というルールがあります。 今回はこの3年内加算を回避する方法を解説します。 生前贈与の3年内加算とは 被相続人の死が予期されたタイミングで「なくなるまでに贈与して節税できるのでは?」と考えがちですが、相続開始から3年以内の贈与については、無効になります。 これは相続人が被相続人の死期を予期し