見出し画像

【2020年振り返り】nestのTwitterが楽しい件について

みなさん、こんにちは。
プリズムテックのなるみです☺

nestのコミュニティサポーターをしている中で、わたしが担当している業務のひとつとして「nestのTwitter公式アカウントの運用」があります。
今回は、2020年を振り返っての感想などをまとめてみました💡

このnoteは、【nest】データ活用Advent Calenderの12/21担当分の投稿です。

まずはデータを振り返り

データ活用Advent Calenderの記事ということで、まずはちょこっとだけデータを振り返ってみます。

画像1

2020年1月1日のフォロワー数は1288人。そして、執筆している現在12/21(とかいうと当日に慌てて書いたことがばれますね笑)のフォロワー数は2506人。1年で2倍以上の数字になりました👏

フォロワー数が増加したおかげで、Twitterの中でリツイートやいいねのやりとりをするような関係にあるアカウントも増えました。イベント中の実況ツイートも、以前よりも多くの方に見てもらえるようになりました。

画像2

 「MotionBoardマイスターになろう!WG in Tokyo vol.6」が開催された2019年12月12日のオーガニックインプレッション数は10620
(これは2019年の中でもとても多いほうでした!💡)

「 MotionBoardマイスターになろう!WG in Tokyo vol.10」が開催された2020年12月10日のオーガニックインプレッション数は12594

nestの活動を伝えられる場所として、いろいろな数字が伸びてきていることはとても喜ばしいことですし、試行錯誤を繰り返して運用を続けていくことはやりがいがあります。

松明が見える場所・Twitter

2020年はいろんなことがオンラインにシフトした年でもありましたね。
お会いする機会が少なくなったからこそ、Twitterでおしゃべりできることはとてもうれしいこと。

公式アカウントの運用や、自分自身のTwitterアカウントを通して、コミュニティメンバーの皆さんの様子が少しでもわかったのは、とても大きかったなあと振り返ってみて感じます☺

それに加え、今年はオンラインでのアウトプットがとても増えた年でもあったと思います!
公式アカウント運用をするなかで、「TweetDeck」や「IFTTTとの連携」を使い、いわゆるエゴサーチを日常的に行っています。製品に関するツイートや、皆さんのアウトプットを見逃さないようにするためです👀

QiitaやnoteなどにTipsをまとめてくれる方や、Twitterで製品のあれこれをつぶやいてくださる方…
イベントでお会いしたり、集まったりするとき以外にも、こうやって火をともし続けられるってすてきなことですよね🔥
焚火をみんなで囲めなくても、一人ひとりが松明をもっていることがわかるのが、Twitterという場所だなと感じた1年でした。

2021年も、皆さんと一緒にTwitterを楽しめる年になるといいなと思います☺
これからもどうぞよろしくお願いします✨

画像3


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10
得意と好きを組み合わせて生きるひよっこぱられるわーかー PRHYTHM TECH(@prhythmtech)コミュニティサポーター👓 SNS運用を頑張っています。