FXで負けないために必要な思考。

久しぶりにnoteを書きました、ニキです(^^)

今日は僕のトレードスタイルやマイルール、考え方を無料でできる限りまとめてみました。(初心者用かな?)
1人でも多くの人に見てもらえると嬉しいなと思います。

僕がずっとチャートに張り付き続けて出した結論ですが
僕、個人の感想なのでなるほどこんな考えもあるんだなぁ〜程度でもいいと思います^^

今は理解できない事もあるかもしれませんが、  
少しでも頭にいれておいてくれると嬉しいです。  

勝ってる人と負けてる人の違い、トレード、お金についての考え方。
とにかく思ったことを永遠と書き殴るので  
乱文や誤字があるかもしれませんが、読んでくれると嬉しいです。  

(目次)
①まず始めに伝えたい事
②トレードに対する考え方
③トレードが上達する事、お金を稼ぐことは別モノ
④損切はダメ!・・・じゃないです。
⑤あえて期待値の低い方にエントリーする
⑥実際のトレードのコツ
(おまけ)投資力ジムのご紹介

①まず始めに伝えたい事       
       

まず、最初に言いたいこと。  
(これは一番自分に言いたいことなんだけど。笑)  

みんな、ポジション持ち過ぎです!

チャンスなんか逃しても、1年に何回もありますよ。  
1つの暴騰暴落を逃したからって慌ててポジション持っていませんか?  
 ↓  
ちゃんと冷静にチャートを分析してからエントリーしていますか?  
疲れて、焦って、慌ててトレードしていませんか?  
 ↓  
冷静な思考になるためにも健康第一です。 休んでください。  
私生活あってのトレードです。
 ↓  
ポジションを持っていると疲弊します。  
心技体、疲れてる時、トレードする気力のない時は触らない。  
本当にミストレードが増えます。  
 ↓  
冷静になって、チャートを分析して、
しっかり判断しないとトレードでは勝てません。

僕のトレードする前の最低マイルールは以下3点です。  
最低限この3点が揃わないと僕はトレードしたくありません。

a) わかりやすい時
  →損切り利確が明確、トレンドが出ているなど

b) 心身ともに元気な時
  →風邪を引いていたり、何かしらメンタルが不安定な時は僕は触らない

c) トレードがしたい時
  →なんかやる気ないけどボラあるしTLが賑やかだから触ろう・・・は集中力のによってはNGもしくはロットを減らす。

この3点が揃ったときは勝率が高いですが、  
揃っていない時は、勝率が低くなります。

②トレードに対する考え方   
          

結論から言います。
『 結局、負けなければプラス 』

正直、エントリー回数なんてめちゃくちゃ少なくて良いんです。  
よく僕は 『勝てるときだけやれば良い』 と言っています。  

でも 『勝てる時』 って分かりませんよね?  
『勝てる時』 が分かるようになるまでは、  
枚数を減らして、とにかくトレードして相場・チャートに慣れてください。

すぐに儲けようとしない事  
だって、普通に考えても無理でしょう?

FXをちょっとかじったくらいで儲けられる訳無くないですか?  
そしたら、みんなが億り人になれちゃいます。

どうしても勝っている人が目立つけど、  
基本的には負ける人が多いマネーゲームなんです。  
まずはそこを理解してください。  

例えば、僕はゲームがすごく強いんです。
ウィニングイレブンがすごく得意だとします。 
では、あなたが素人で僕にウィニングイレブンで勝ったら100万円あげます。ただし、僕が勝ったら100万円ください。  
・・・最初からそんな勝負受けないですよね?  

やるなら一生懸命練習してからやりますよね?  
最初からお金掛ける人なんて絶対にいないと思います。  

でも、なぜかFXだと最初からお金を掛けて勝負する人が後を絶たない。  
対戦相手がプロ、自分は素人なのに、いきなり大金掛けちゃうんです。  
いきなり100万円掛けても、プロ相手に勝てる訳ないですよね?

FXで勝つということは、  
FXのプロに勝てるだけの実力を身に着けるということです。  
そうであれば、まずは経験値を積み上げる事が必要です。  
FXをうまくなるには、経験値を積みましょう。

③トレードが上達する事、お金を稼ぐことは別モノ   

経験がないなら、まずは経験しましょう  

様々な本を読んだり検証するのは前提として
まずはひたすら相場に触れましょう  
エントリーしまくってください  
但し、少額にしてください。 
※お金が無くなったら経験積む前に退場してしまいますからね。

トレード上達するには、ひたすらチャート、相場に触れ合ってください。  
その中で、チャートをどう見るか、どこに優位性があるのか、  
ひたすら触れ合うことによって経験値を上げて、レベルアップしてください。  

ある程度、相場が見られるようになったら、  
今度はお金を増やすことを考えましょう。  

お金を増やすには ポジションを持つ回数を減らしましょう。
※スイングは別物  
勝てる所・・・だけエントリーするように意識しましょう。  

■上達するには 
  ・・・たくさんポジションを持ちましょう。経験値を上げましょう。

■お金を稼ぐには
  ・・・ポジションを減らしましょう。1/2、1/10で十分です。


④損切はダメ!・・・じゃないです  
    

損切がダメだと思っている人が多すぎます!

上がる、下がる…というのを完璧に予想なんてできません。  
結局は、期待値に対するエントリー、外れたら損切、
それにより最終的に利益を伸ばすのがトレードです。

エントリーするときは、最低限、  
・あらかじめ予想する動きのパターン
・損切するライン、利確するライン

をちゃんと決めてから入りましょう。  

想定パターンから外れた動きをしたら損切り  
損切りするラインまで来たら損切り  
想定する利確ラインまで来たら利確、  

あらかじめ決めたルールに従って粛々とトレードをしてください。
間違っても、  
・損切ラインを突破したけど、ファンダが出てるから上がるかも・・・とか
・最初の分析では見ていなかった他のインジを見て、まだ上げるかも・・・など
お祈りトレードはしてはいけません。

運よく上がったとしても、それは失敗トレードです。
自分のトレードルールを徹底的に守り、ルールをブラッシュアップして、精度を上げていくのが勝てるトレードです。

⑤勝率の低く見える方にエントリーする         

トレードって2種類あります。  

④で書いた通り、勝率の高い方に乗るトレードと、  
あえて、勝率の低い方に見える方に乗るトレード があります。  

a) 勝率の高そうに見える方に乗るトレード(例)
 →天井付近で三尊形成、 
 下落の期待値が高いのでショートエントリー 
   
b) 勝率の低い方に見えがちな方に乗るトレード(例)
 →天井付近で三尊形成、 
 ぱっと見たら下落の期待値が高いが、相場の様子を見て否定してあがる可能性がある要素があると判断した時にロングエントリー等

 (b)勝率
の低い方に見えがちな方を選択するかというと、  

相場の状況(フィボナッチ、抵抗線、トレンドラインなど)を踏まえて、下落・上昇幅を想定  
 ↓  
仮に今回、下落した場合1万円幅想定  
下落否定の上昇をしたら4万円幅を狙えると想定  
 ↓  
・・・と考えた時、教科書通りならショートエントリーだが、  
利益を大きく取れると期待して、リスクを取って値幅を取りに行くという考えがあります。

このように、  
(a) 値動きの方向に対する期待値を取りに行くトレード 
(b) 値幅に対する期待値を取りに行くトレード(方向の期待値は低い) 
を使い分けると、ぐっとトレードの幅が広がります。  

⑥実際のトレードのコツ              

最後にトレードのコツを書き出しました。  

■低レバ徹底、ハイレバはダメ・・・というより維持率に気をつける。

メンタルが正常に保てませんし、簡単に狩られます。

※ハイレバでやる場合、労働で稼げる金額でやってください。
⇒資金を増やすのにリスクを取るのであれば
 無くなっても何とかなる金額でトレードしてください。

■ポジションに対する考え方
負けたらポジション持たない。
ポジションは長く持たない。
大きく動いた後、12時間くらいは横横が多い。
エントリーするにはしっかり時間を掛ける。

 【トレードの7割近くは静観】で良いんです。

■売り増し、買い増しは避ける。欲張らない
ロングを持っていて上がってきた。
そこで買い増し・・・ではなく、一旦利確
押し目を確認して再度エントリーなら良い。
※一旦利確しないと、含み益が減る恐怖にさらされる

■損切について
ズルズルお祈りで持たない。
含み損が出た時、色んなインジ、ファンダを探して
後付けの期待値を付けてお祈りしてしまう → その時点で負け

たまたま上手く利益に転じた人は不幸。
その内、同じお祈りトレードで大火傷します

チャートの勢いが強くやばいと感じたら成行で即損切
お祈りしない。

損切り条件を決めずにポジ持たない。必ず決めてポジる
決めてポジったら損切り条件は変えない

※ローソク、フィボを軸に判断

損切りしたらすぐにはポジらない
大負けしたら一回休憩して冷静になる

自分の想定した値動きパターンから外れたら手仕舞いする。
その時点で自分のトレードから外れるので、
それで利益が出てもナイストレードとは言えない

あくまで自分の想定した値動きパターンでトレード
外れたら手仕舞い。先に決めた条件で損切り

■利確について
コツコツやる、こまめに利確
一度に大きく取ろうとしない
厚い板、1回目のヒゲ超えたら利確が無難
利確は欲張らず、EMA、フィボのラインに指す
テンションあがる金額になったもしくは
損益写真を撮りたくなったら一旦利確。笑

利確は高値更新タイミング
そのあと、だいたい、一旦ヒゲを作る。

利確した後に上がっても勿体ない、、、とは考えない。利確は正義
自分の決めたルールで行ったのであればナイストレードです。
※その後上がった、、、は結果論。自分のルール通りに執行するのが大切
 ポジション持つ時は、リスクリワードのバランスが大切。
 損切り条件が明確な所だけポジション持ちましょう

■分けて利確する事をお奨め
結構、一発利確をしている人が多い印象
枚数が少ないうちは良いですが、
枚数が増えてきた時、分けて利確しておかないと枚数がさばけません。
利益が無くなってしまう事があります。
今のうちに 『分割利確』 を覚える事をお奨めします。

たとえば、
 73万円でBFFX ロング200枚を持ったとして、
 73.5万円に上がった後、73万に戻ってきた時、
 部分利確せずにガチホしていると、
 枚数を捌いている間に含み損になってしまいます。
 ↓
 BFFXではそんなに板は厚くないので、
 ロング解消のための売りをしている間、成り行きで同値撤退をしようとしたらはるか下で約定することもあります。
 ※枚数が増えると自分の 『手仕舞い』 でチャートが動いてしまって損します。

(お奨めの分割利確)
 こんな事態を避けるため、
 EMA、リバを見て、反発ラインを確認して、
 反発が想定されるところで半分利確、残りをホールド
 ↓
 そのまま上がったら利益を伸ばせば良いし、
 戻ってきてしまったら同値撤退すれば、
 最初の利確でプラストレードにできます。

 あとは相場の状況にもよりますが、
 反発が見込まれそうなラインを何ヶ所か確認して、
 30%、30%、40%といった具合に分けて利確するなど
 期待値とリスクを考えてトレードすることをお奨めします。

■短期、スイング、どちらでも分割利確はお奨め
分けての利確は、
短期トレード、スイングトレード、
どちらにも同じことが言えます。

スイングトレードの場合、長くポジションを持つので
大きなポジションを持ちづらいと思います。
短期トレードで分割利確して、
短期で利確した玉をスイングに回すといった運用も考えられますね。

■枚数によってトレードの仕方を変える
練習は枚数減らして繰り返し実践する。
枚数多い時はトレンドにそってコマメに利確する。

以上の事を意識してトレードを実践してください。
だいぶトレードの質が変わります。
この内容についてはサロン内の限定動画にて更に詳しく解説しています。
しっかりと読み込んで、自分のトレードに取り込んでください。
楽しくトレードしていきましょう!

このnoteは無料ですが結構時間かかったので、、、笑
もし少しでもいいなと思った人は投げ銭サポートしてくれると嬉しいですけどどっちでもいいです笑



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

投げゼニ的な感じです、無理せずに。笑

すきありがとうー😂
424
投資力ジムというサロンでFXのテクニカルについて講師として働いてます。

こちらでもピックアップされています

仮想通貨
仮想通貨
  • 198本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。