見出し画像

忍耐必須!!カットマンの魅力!!

卓球の戦型を選ぶ時、みなさんは何の戦型を選びますか??
基本的にドライブマンや前陣速攻型などの攻撃型を選択する方が多いと思います。
でも私はカットマンを選びました!!
現役では約12年くらいやっていました。
カットマンは疲れるし覚えること多いから。。
と言われることが多いですが、そんなカットマンの魅力を少しでもお伝えできたらいいなと思います!!

〜カットマンになった理由〜
まず私がなぜカットマンになったかというと
私の母がカットマンだったから
というのが一番の理由ですね!!
母の卓球している姿を小さいときに見てきて
ずっと真似をして。。
母からはカットマンにならない方が良いと
言われていましたが
相手に打たれても拾っている姿を見たら
魅力的に感じてしまい
なりたいと感じました!!
母はやっぱり体力もきついし
ドライブマンより覚えること多いし
第一我慢が出来ないとカットマンは勝てないと思っているので
辛い思いをさせてまで卓球をさせたくない
と思ったみたいです!
それでもカットマンになりましたけど。。笑

〜カットマンのプレースタイル〜
カットマンといえば体力勝負とよく言われていますが
一番必要なのが忍耐!!!
我慢をすること
勝負するときに打たないで打たないで我慢をする。。
私はそう教えられてきました。

今となっては守備だけでは勝てないので
攻撃を多くしていけと言われることが多いと思います。
私だってもちろん全く打たないわけではありません。笑
チャンスを作って打てたら打ちます!笑
※元々攻撃をすることが苦手だったので
私が打つのはレアかもしれません。。笑

でも攻撃型の選手にとことん打たれて心が折れないのか。。
そんな質問もされたことがあります!!
打たれるのが気持ちいい!!
そう思いながら卓球をしていました。
あ!決してMというわけではありませんよ?
でも卓球のときだけMになっていたかもしれません。笑
試合をしていて粘っていると
相手がイライラしてきて
無茶打ちをしてくる。。
拾っているだけで相手のペースを崩していくことができる。。
それがカットマンのプレースタイルだと私は思います

〜メジャーなスポーツになっている!〜
最近だとテレビなどにも卓球の試合が
映されることが多くなってきて
卓球がメジャーになってきていると思います。
その中でカットマンの選手を見ていると
歓声が多いなーと感じます!!
最近ので一番印象に残っているカットマンの試合は
世界選手権の団体戦で石川選手と北朝鮮のキムソンイ選手との試合です。
まず、決勝トーナメントになってからの
韓国と北朝鮮で南国合同でチームになることにびっくりしましたけど…笑
その中でも石川選手とキムソンイ選手の試合はドキドキしました。
あまり卓球の動画とか観ない私ですが
その試合だけ観ちゃいましたね笑
カットマンだから。笑
もちろん日本を応援していましたが
その試合でセットオール9-10で石川選手が負けている時
キムソンイ選手は勝負に出たんだと思いますが
3球目を打ちにいった瞬間、私と母は
「なんで我慢出来ないの!」って二人共言ってました。
そこでミスしてくれたから日本は勝ててよかったと思いますけどね!!笑

この試合でもかなり盛り上がったし
カットマンは正直パフォーマンスしているつもりはないですが
大きいプレーで会場を盛り上げます!!
その瞬間ってとても気持ちがいいと思うんですよね!!

年々カットマンは減っている気がします!!
忍耐や体力が必要な戦型ですが
歓声は大きいし、相手が打ってきたボールを拾って返す
これが気持ちいいですよ!!
少しでもカットマンの魅力が伝えられたらいいなと思います(^o^)


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。