見出し画像

四一餃子で起こった事

今回の経緯を防犯カメラ二台の映像を基に秒数毎にまとめました。世間では両者の言い分や飲食店の対応、言葉使いという点で色々と言われていますが、当時店内のテーブル席で一部始終を見ていたお客様も必要であれば証言してくださるという事で、一切の嘘や脚色なく1分程度の出来事ですがまとめてみました。本来であればこの様にまとめた形で淡々と反論すべきだったという事は反省しております。

今回の件により売り上げがゼロになってしまい、妻が仕込んでくれたレモンやその他の食材が痛んでいくのを見て悲しくなりました。さらにやっと9月の売上で支払いが賄えたねと言っていたことを思い出して厨房で泣きました。ここで潰れる訳にはいかないので何卒ご支援よろしくお願いします。


時間は防犯カメラの表示時間です。


9/22(火)
12:54:19


店主は厨房でテーブルのお客様ご注文の餃子を焼きつつ、入口の様子を見ながら妻とタブレットの使い方について話をしていると、マスク未着用の人の入店に気付き妻に対処するよう指示。

【補足的追記】
外のテーブルで飲食後、帰り支度をされていたご家族の奥様がマスク未着用の入店者に気付き旦那様に向かい「マスクしてないよ」の様な事を告げたところ、旦那様は「本当?」と振り向き一行を見る。気になるようでしばらく様子を伺ってましたが、一行が外へ出てきたところで帰って行きました。
【補足終り】


先頭、白T(男性、マスク無)から入店、H(マスク有)、女性(マスク無)の順番。
録画を見ると入口の貼り紙は全く見ずに白Tがドアを開けて2人入店。

12:54:23
白T「3名です」と指を立てる

妻、右手で静止するように「ちょっと待ってください、マスクしてない人は入れないんですよ、マスクしてもらって良いですか?」と言ってタブレットを置く。


12:54:29
白T後ろを振り向き少しさがりテーブル側に寄る、その要請に外の女性がマスクつけ始める。妻はここで初めて「マスク未着用の方はお断りしてるんです」と2人に向かって伝え、白Tに向け「隣の薬局にマスク売ってますので…」と伝えるが無言。


H「食べる時マスクしないといけないの?」と質問はじめる(1回目)店内にお客様がいるので妻が一旦出るように促す。
(Hの言葉は大筋の内容です)


12:54:46
店主は声の様子から、トラブルだと感じ厨房から出てショーケースの横まで見に行くと一行は外に出始める。

12:54:52
3人共外に出たので大丈夫だと思い、火にかけた餃子が気になるので厨房に戻ろうとする、妻が店内入口に立ちドアを少し閉め貼り紙を見てもらい説明をしている最中、Hが左手をポケットに突っ込み右手でスマホを妻に向けて撮影するような動作を10秒間しながら上記と同じ質問をする。(2回目)

12:54:56

店主、再び声が聞こえたので引き返して外の様子を伺う。

12:55:00
妻が心配になり背後で様子を見ていると、、、妻は白Tに向かって「マスク未着用お断り〜」の説明するも無言、Hは「そうじゃなくて食べる時外すのかずらして食べるのか〜」(3回目)と1人喋り続ける他2名沈黙…

何故か白Tは妻にも同行者にも一言も言葉を発しない…この時点で妻は何をしに来たんだろと違和感を感じつつも、マスクをしていない人が着用の判断をすることでしか解決できないので白Tに向かって説明を続けるも無言。

12:55:04
ゴネている様子を見て妻と交代した直後、マスクの人の顔を見たらH江さんと気づき「H江さん?」と尋ねると妻は初めて気づいたようで「えっ!」と声を上げ、Hは「今Hは関係ないだろ」と声を荒げ自分のスマホを小突き「今H関係ある?」、「食べる時マスクをどう付けたり外したりするのかを聞きたい、、、」とまた同じ事を喋る。店主「ここに書いてあるとおりマスク未着用はお断り…」H「だから〜」

その時点で店側のルールを守る様子もなく、マスク着用の意思表示すらなく、名前を呼ばれただけで怒鳴り声を上げ、お客様驚かせて迷惑をかけてこれ以上居座られ議論されても迷惑なので「面倒くさい、帰れ」と命令しました。


さらにゴネたら「帰らないなら警察を呼ぶぞ」と言うつもりでしたが、他の2人がさっと引いたのを見てHはあまりにもあっさりと離れて行きました。

12:55:25
H こちらを指差して「何だよそれ」と言い放ち
少し離れて「コロナ脳狂ってる…」と捨て台詞を吐いて帰って行きました。

これが今回の顛末の一部始終です。

この時店内のテーブル席にいたお客様は「あれがHか」「面白いもの見せてもらえたな〜」、「マスク付ければ餃子食べられたのに」と感想を述べられてました。

その時、僕は彼らのあまりにも不自然な行動と妻がHからスマホを向けられたと聞いたので「間違いなく炎上のネタにされると思うから、万が一の時は証言してください」とお客様にお願いし了承を得ました。

夕方、餃子が完売し一息ついてネットを見たら「Hに負けないで」、「あなたは悪くない」や色々な言葉が踊っており。無言電話もかかり始めていました。

調べてみると大袈裟な表現と嘘を交えた投稿されてましたが、まさかこんなにも大きな事になるとは想像もつかなかったです。


皆様の応援のおかげで自分達のした事が間違ってなかったと思うことができました。

沢山の応援メッセージ、贈り物本当にありがとうございました。

妻が元気になったら恩返し営業再開します。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
尾道の餃子専門店四一餃子