見出し画像

Labour Income Share and Distribution Just 10 per cent of workers receive nearly half of global pay 労働所得のシェアと分配, わずか10%の労働者が世界の給料の半分近くを受け取っている

ILOアセスメントは、労働所得の分布に関する最初の世界的な推定値を提供し、賃金の不平等が仕事の世界に広がっていることを示しています。調査結果は、国、地域、世界のデータを含む新しいデータベースから引き出されます。

News 04-July 2019

ジュネーブ(ILOニュース)–労働者の10パーセントが全世界の賃金の48​​.9パーセントを受け取り、労働者の最低賃金の50パーセントがわずか6.4パーセントを受け取ると、新しいILOデータセットが明らかにします。

さらに、収入の最も低い20%である約6億5,000万人の労働者は、世界の労働所得の1%未満しか稼いでおらず、これは13年間でほとんど変化していません。

新しいデータセットは、2004年以降、全体的な世界の労働所得の不平等が減少していることを示しています。しかし、これは、国内レベルでの不平等の減少によるものではありません。むしろ、それは大規模な新興経済国、すなわち中国とインドの繁栄の増加によるものです。全体として、調査結果によると、仕事の世界では所得の不平等が依然として広がっています。

ILO統計局によって開発された労働所得の分配と分布のデータベースセットには、189か国のデータが含まれており、世界最大の調和した労働力調査データのコレクションから取得されています。これは、仕事の世界における主要な傾向について、国、地域、世界レベルで2つの新しい指標を提供します。 1つは、賃金と所得を通じて、資本ではなく労働者に送られるGDPのシェアの最初の国際的に比較可能な数値を提供します。 2番目は、労働所得がどのように分配されるかを見ます。

主要な調査結果は、世界的に、労働者への国民所得の割合が、2004年の53.7%から2017年の51.4%に低下していることを示しています。

“The data show that in relative terms, increases in the top labour incomes are associated with losses for everyone else, with both middle class and lower-income workers seeing their share of income decline."

「データは、相対的な観点から、最上位の労働所得の増加は他のすべての人々の損失に関連しており、中流階級と低所得労働者の両方が収入のシェアを減らしていることを示しています。

Steven Kapsos, Head of the ILO’s Data Production and Analysis Unit

ILOのデータ生成および分析ユニットの責任者であるSteven Kapsos


国全体の平均賃金分布を見ると、2004年から2017年の間に中流階級(労働者の60%の中央)に行く割合が44.8%から43%に減少したことがわかります。同時に、上位20%の稼ぎ手が稼ぐシェアは、51.3%から53.5%に増加しました。これらの上位所得者が国民給与のシェアを少なくとも1パーセントポイント上げた国には、ドイツ、インドネシア、イタリア、パキスタン、イギリス、アメリカが含まれます。

「データは、相対的な観点から、最上位の労働所得の増加が他のすべての人々の損失に関連していることを示しています。中流階級と低所得労働者の両方が所得低下のシェアを見ています」および分析ユニット。      「しかし、中所得、低所得労働者の労働所得シェアが増加すると、利益は広範囲に広がる傾向があり、上位の収入者以外のすべての人に有利になります。」

貧しい国は、はるかに高いレベルの賃金不平等を抱える傾向があり、これは脆弱な人々の苦難を悪化させます。同じグループが労働者に支払われる総収入の22.9パーセントを受け取るEUと比較して、サハラ以南のアフリカでは、労働者の下位50パーセントがわずか3.3パーセントの労働所得を稼いでいます。

ILO統計局のエコノミスト、ロジャーゴミスは、次のように述べています。世界の労働者の下半分の平均給与は月額わずか198ドルで、最貧の10パーセントは、1年で最も裕福な10パーセントと同じ収入を得るために3世紀以上働く必要があります。」

新しいデータセットのリリースは、労働の未来に関するILOグローバル委員会の報告書の勧告に従っており、幸福、環境の持続可能性、平等、人間中心の開発の進捗をより正確に追跡するための新しい指標の必要性を強調しています議題:新しいデータセットは、国連の持続可能な開発目標(SDG)に向けた進捗状況を監視するためにも使用されます。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
私もあなたをスキっす!
I'm NGO is fighting HIV/AIDS Stigma about Worldwide STEREO-type! Because of the HIV issue NOT only one thinking! Color of Different!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。