見出し画像

オーダーメイドシャツにうるさい男が各社のオーダーメイドシャツを比較してみた

どうも自称オーダーメイドシャツにうるさい男、TK工房です

「オーダーメイドシャツにうるさい」なんて書くと

オシャレに金をかけてて、生地だ、ブランドだとうるさい、キザな男というイメージを持たれるかもしれませんが

僕は単純に身体がちんちくりん過ぎて、服のサイズにうるさいというだけの男です

174cm 75kg

身長の割に腕が長く

顔がデカイためにナチュラルボーンで首が42cm(アメフト時は45cm)

今でも身体は鍛えてるため、バストは103cm、ウエストは83cm

まぁ、変な体型です

なので、既製品のワイシャツなんて100%合いません

まず首の42cmで合わせると、即デブ判定されて、店の一角にあるデブコーナーに連れて行かれます

もちろんそこに置いてある服は「首が太い人」用ではないので

必然的に胴回りは120cmくらいのものしかなく

そんなもの着た日にゃ

彼氏のワイシャツを羽織った彼女ばりのシルエットになってしまいます

なので、若い頃は既製品を買ってきて、自宅でミシンを使って直すという地味な作業をしてましたが

お金に多少の余裕が出てきてからは、オーダーメイドで作るようになりました

普段お世話になっているのがグローバルスタイルさん

単純によく広告が出ていて「なんか安そうやし行ってみるか」ということで訪れ、それから今日までお世話になっているというもの

色々込みで1着税込8,000円くらいのものをオーダーしてます。

どうすか?

高いですか?安いですか?

僕としては決して安くないと思ってまして(笑)

可能なことなら、同レベルのクオリティでもっとコストを押さえたい

そんな思いから、今まで色々試してきました

UNIQLOのセミオーダー、ZOZOのパターンオーダー、フルオーダー、インドの仕立て屋のフルオーダー

ということで、ここまで試した自称「オーダーメイドシャツにうるさい男」が、オーダーメイド比較レビューを書いてみようじゃないかというのが、今回の記事になります


それでは早速見て行きましょう。

①UNIQLOのパターンオーダー

「オーダーメイド感覚で選ぶ、ジャストサイズ」というキャッチコピー

しかも2,990円

めっちゃええやん!!

早速、店舗へGO

店員さんに採寸をしてもらい、その後はそのサイズを元にオンラインでデザインを選んで、注文

後日、自宅に届きました

オーダシャツが2,990円なんて最高やんけ!

と思いながら、早速着てみた

お分かりだろうか?

「彼氏のワイシャツってこんな感じなんだー、フフッ」

と、頭がおかしくなってしまうほどのクオリティ

何がオーダーメイド感覚でジャストサイズやねん

既製品のデブコーナーで見せられた光景やないか

二度と買うことはないだろう

ユニクロが悪いわけではない

僕の体型がちんちくりん過ぎるだけなんだ

と言い聞かせた

その他:生地はやたらとシワになるのと、実店舗に行って測定してから自分でオンラインで選ぶというところの手間あり。シャツ自体のオプションは少ない。ネーム刺繍不可。


②ZOZO パターンオーダー オックスフォードシャツ

こちら、ワイシャツではないが、パターンオーダーということでどんなもんか、試してみた

この商品はゾゾスーツで採寸した結果をもとに、ジャストサイズを提示してくるので、そこから、数センチ自分好みに調整出来るもの

ユニクロの悪夢があるので、正直期待はしていないが、ゾゾスーツであそこまで細かく採寸するんだから、さすがにしっかりしたものが来るんじゃないか?

という淡い期待を抱いていた

自宅に届いたものを開梱し、恐る恐る試着してみる


ええやん!

ピッタリやん!

カッコええかと言われたら、ボチボチかな、となるけどサイズは文句なし

しかし、こちらあくまでオックスフォードシャツなので、スーツに合わせるにはちょっとしんどい

これ一枚で着る分には全然問題ないかな

ということで、現在インド出張時に大活躍している一品になります

(※インドは普段ネクタイもジャケットいらない)


その他:生地はシワになりやすいのと、ZOZOスーツで測りさえすれば、オンライン注文は楽。シャツ自体のオプションは少ない。ネーム刺繍不可。


③インドの仕立て屋のオーダーメイドシャツ


こちらは、以前こちらで紹介した仕立て屋に作ってもらったもの。

1着約1,300円

抜群の安さ

先日、現物が届いたので早速着てみた


さすがに仕立て屋だけあって、ジャストサイズ

これやで!ジャストサイズって言うのは!
柳井さん聞いてる!?(笑)

しかし、シャツとしてのクオリティがどうかと言われると、残念ながら襟の形がダサい、というかなんか短い

そしてボタンがやたら固い

うーん、値段相応というか、もう少し改善すればナイスやな

ということで、こちらもインド出張時のエース入り

その他:生地は全くシワにならずアイロン不要だが、硬くてごわついてるの。インドに行く必要があるので手間は最悪(笑)シャツ自体のオプションはほぼない。ネーム刺繍不可。


④グローバルスタイル

先ほども紹介した、全国主要都市にあるオーダーメイドスーツ屋さん

採寸して貰った上で、どういうサイズ感にするかをスタッフと相談しながら決めます

いい感じに筋肉のラインがわかるように、タイト目をオーダー

そして、後日仕上がったものがこちら


うん、やっぱりこれだね

このオーダーメイドのピッタリ感

そして何よりカッコいいよね (主観)

リピーターになっちゃうよねー

ちなみにシャツのブランドや生地、オプションで値段はピンキリ

僕はいつも下から2〜3番目グレードのやつをチョイスしてます

その他:生地によってはシワになりやすいのと、実店舗に行く必要があることから手間はぼちぼち。シャツ自体のオプションは一番多い。
ネーム刺繍を袖に出来るのがナイス。



⑤ZOZO カスタムオーダーシャツ

ついに来ましたね

オーダーメイドのワイシャツが4,900円

これは期待大

なんせ、パターンオーダーでも満足いくサイズ感だったんだから、これは完全ジャストサイズだろ

グローバルスタイルさんにお別れを告げるかもしれない

意気揚々と早速、注文してみる

が、ここで不可解な現象が起きる

パターンオーダー同様、ゾゾスーツの測定結果から、私の理想のサイズをまずはデフォルトで提供してくれるのだが

これがすんごい数値


はい?胴回り107cm?

何かの間違いでは?

当然の事ながら、自分好みに調整しようとすると、何故か1〜3cmくらいしか増減出来ない仕様になっている

いやいやいやいや

おかしいやろ

胴回り107cm?

私、一応、逆三角形で、ピッタリ目のサイズが好みなんですけど!?

衝撃過ぎて、カスタマーサービスに連絡


何かの間違いじゃないの?


後日のカスタマーサービスからの回答は

「商品の適正サイズにつきまして確認をいたしましたところ
ゆとり寸を含めた数値のため、誤りはないとのことでございました。」

納得がいかないのでググってみると、全く別のお店のHPで、オーダーメイドシャツを作る際のポイントを記したページが出てきた


ほうほう、実寸から15〜20cmがジャストサイズとな

ウエスト83cmだから、98〜103cmくらいがジャストサイズということかね


5cmの差って、かなりデカイと思うけどね〜


何のためのオーダーメイドなんだ?


まぁ、百聞は一見にしかずということで注文してみた


本日届いたので、早速試着

うん

やっぱりね

胴回り余ってるやん

だから言うたやん

直しは無料でできるということなので、早速直し依頼をしましたが

またこの直しの依頼も調整幅が3cm MAX(笑)

せめて5cmくらいは調整出来るようにしてよ

後、腕回りは直せないのね

腕も出来れば1cmほど絞りたい


直しは無料って言っても発送作業は、やはりめんどくさいなぁ


ちなみに、サイズ感としてはパターンオーダーのオックスフォードとそんなに違わないですが、なにせ期待値がまるで違ったので残念です


まぁ、まだトライアンドエラーで挑戦中ということだと理解して、是非更なる質アップを期待。

僕の中でのグローバルスタイル越えも遠くないと思ってるので、この記事が少しでも貢献できればと(笑)

その他:生地はペラペラ。ZOZOスーツで測っても、サイズ感がダメなので手間は悪い。シャツ自体のオプションは少ない。ネーム刺繍できるのは〇。


⑥KEI(ケイ) (※2019年10月29日追記)

オンライン型フルオーダーシャツ専門店「KEI(ケイ)」

本格的なフルオーダーシャツが作れて、4,980円~とのこと

ほうほう、本格的なフルオーダーシャツということは、グローバルスタイルさんレベルで、価格が2,000円ほど安いとな

それが本当なら試さずにはいくまい!
ということで、早速、HPへ

まずは生地から選ぶようですが、お~あるある。57種類もあるがな。ええがな。

いつも通り青系を選ぶTK工房

生地を選ぶと次はデザインを選択できる模様。

さすがにフルオーダーシャツが出来ると謳っているだけあって、袖から襟からボタン、刺繍etc、各種合計10オプションが選べる。

これもええやん、あれもええやんと色々見ながら、選択。

ネーム刺繍が残念ながら、イニシャルしか選べないとのことで、初めてのイニシャル刺繍を依頼

全てオプションを選ぶと、一番大事な採寸へ!

どうやら採寸手段は4つあるようだ

①自己採寸:文字通り自分でメジャーで測るというか、誰かに測ってもらう
まぁ、これでしょうね。ただ、素人には測り方あってるかよくわからんかったりするからなぁ~。ダメなパターン集とかも例示してくれると大変助かるんやが。ちなみにTK工房はこれを選択

②オート採寸:身長・体重・生年月日を入れると自動で採寸。絶対あかんやつ(笑)そもそも特異体型だからオーダーシャツを作りたい私みたいなやつが選んだら死亡するオプションだね(笑)

③お気に入りのシャツを送る:自分にぴったりのシャツがあればそれを送ればそこから採寸してくれる。まぁ、僕みたいに既にオーダーシャツ持っている人なら、これが早そう。郵送するのめんどいけど。

④他のオーダーシャツデータ共有
これできたら、超楽やね。でも基本、他店の採寸データは客側は持ってないからな~。ちなみに麻布テーラーさんは全然教えてくれませんでした。わしの個人情報やど。ZOZOスーツの採寸データなら使えそう。ZOZOのデータが正しいかどうかは知らんけど(笑)

ということで、めんどくさがる奥さんに測ってもらい、入力して購入。

到着までに40~50日かかるとのことでしたが、実際は36日くらいで届きました。

そして、気になる試着姿は!?

めっちゃええやん。

完全にええやん。

グローバルスタイルさん並やんか。

ただ、若干袖とか1-2cm短くてもよかったかな?と思ったりもしたのでフィット感は2位ということにしておきます。まぁでも遜色ほとんどないっす。

その他:生地はしっかりしているので、しわにはなりにくそう。採寸は自分で測る、もしくは図ってもらう必要があるので、手間はかかるのと、正しく測れているか素人だとわからないので不安が残る。シャツ自体のオプションは店舗型同等に多くデザイン性も良い。個人的にはネーム刺繍がイニシャルだけなのと、刺繍実物小さすぎるのが残念。

ということで、結果発表

サイズフィットランキング

1位.グローバルスタイル ★★★★★★
2位.KEI&インドの仕立て屋さん ★★★★★
4位.ZOZO パターンオーダー★★★★
5位.ZOZO カスタムオーダー★★★
6位.ユニクロ セミオーダー ★

そして気になる総合点は下記の通り。

総合1位は同率の「グローバルスタイル」さんと「KEI」さんですね。
KEIは一度測ってしまうと、後は体型変わらない限り同じデータでネット注文できるので、お手軽かもしれません。

以上、オーダーメイドシャツにうるさい男によるオーダーメイドシャツ比較でした


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただいたお金は、こんな僕を育ててくれた母ちゃんに還元したいと思います。

引き続き、何かしら発信します!
123
中東担当→インド担当のサラリーマン。現地に行って見て触れて得た情報をコミカルに伝えていければと思ってます。インド素人ですが、これからどんどん発信していきます。ツイッター:https://mobile.twitter.com/TKTKfactory

こちらでもピックアップされています

TK工房の味のある話(更新中)
TK工房の味のある話(更新中)
  • 93本

TK工房の頭の中にある、ちょっと味のある話をジャンル問わず収めたマガジンです

コメント (6)
つぶまるさん:コメントありがとうございます!グローバルスタイルとの付き合いはそこそこ長いので、一日の長という面も否定できませんが、まだまだAIでは仕立て屋には敵わないということがわかりました(笑)
中島さん:コメントありがとうございます!
おっしゃる通り、高いんですよねー、、、
インドのデザインが洗練されれば、インド一択になるんですが、改善を提案したら、無視されてしまいました(笑)

ご参考になれば幸いです!
自分もTK工房さんと近い体型なので興味深く読ませてもらいました。胸がパンパンで腹がユルユルになるのわかりますー。
自分は仕事柄ポロシャツでいいので、ユニクロのスリムフィットのLサイズを重宝しています。(スリムフィットでなければM)
自分も特異体型なのでこの記事参考になりました!良い記事をありがとうございます
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。