見出し画像

自分ちに自販機を置くのが小さい時の夢

倉野佳典

自分ちとはいかないけど
ウチの農園に設置していただく事になりました

この夏、ハウス工事で職人さんや手伝いの方たくさん来るので設置をお願いしたのだが
田んぼの真ん中におく実績はなく
小さな農園

そもそも売り上げが見込めないところには設置できない
それでも、これから直売所のようなもの作って
職人さんたちも一時的ですがたくさんくる
ハウスは暑いし、、、、プレゼンして

お願いして試しにおいていただく
販売本数が少ないと撤収になる

福利厚生ではないけど
価格は安くに設定、100円から

このメーカーにこだわったのは

もちろん、自販機が赤
そして、いちごミルクがある事!

おいてみて気づいたけど

やっぱり販売本数は少ない
来年にはないかもな

田んぼの真ん中だから虫やカエルが超絶多い
どうやって中に入り込むんだ

自販機一台置くにも実績がないから
何でもこんなに苦労しないといけない

倉野佳典
三重県伊勢市のいちご農園主 地元で生まれ育ち会社を辞めて戻ってきて 2011年にいちご屋を一人でたちあげる 思いや理想にクセの強い性格が肥料? 自らが🍓になって苺栽培を通して人生をつくっている最中 時に自然災害に負けながらも皆に助けられて 地域や人や皆や自分に夢のため人生挑戦中