見出し画像

ジョンが出会った読者たち【第56話】

★8/23日に渋谷club asiaで開催される、過去最大規模の『フェスボルタ アジア』ですが、ついに大物の参戦が決まりました。岩井志麻子先生です! 韓国やベトナムなどアジア各国に愛人がいらっしゃって、前号のブロスではフィリピンパブでも大人気だった志麻子先生。まさに『フェスボルタアジア』にピッタリなお方です!

文/ジョン・ヒロボルタ


岩井志麻子、参戦決定!

さらにカオス度UP!『フェスボルタ アジア』


志麻子先生による真夏の「怪談」

 今や下ネタおばさんとしてすっかりおなじみですが、でも忘れてはいけません、そう、志麻子先生は何を隠そう直木賞候補にもなったホラー文学の大御所作家なのです。遊郭を舞台にした作品『ぼっけえ、きょうてえ』は山本周五郎賞と日本ホラー大賞をダブル受賞、さらにこの作品は『着信アリ』で知られる三池崇史監督によって映像化され、志麻子先生自身も恐ろしい老婆の役として出演しています(しかも、あまりの残酷さにアメリカでは放送中止に)。

 そんな志麻子先生から怪談をお聞きしたい!と思い、打診してみたところ、早速OKの返事が!! どうもありがとうございます!! ということで、この夏は志麻子先生のナマ怪談(猥談?)を聞いてゾワッとしてみませんか?



知らない番号から着信続々!コスプレメッセージロックユニット?

「はじめまして! コスプレメッセージロックユニット『S●Ra』のRajaっていいます! 実はミュボルタさん(前々号にこのページに登場した兵庫県のロッカー)からフェスボルタのことを聞いたもので…」

 そうなんですね! 友人づてで輪が広がってくれるのは嬉しいことです! ぜひ周りの人にも勧めてください。

「ありがとうございます! ちなみにコスプレと言っても、アニメのコスプレとかではなく、あるテーマを決めて、その中でコスプレをしながら演奏するというスタイルです。とは言っても、あくまでメッセージロックユニットなので…」

 …要するに、B’zのコスプレ版みたいなものでしょうか???? 全く想像がつきませんが、とにかく当日楽しみにしています!

▲コスプレメッセージロックユニット『S●Ra』。



近所のコンビニ店員さんも参戦!

 またまた知らない番号からの着信が…。

「木下さん(ブロス編集)から話を聞いて電話しました。フェスボルタの専用ダイヤルで合ってますか?」

 僕の個人の携帯ですが、合ってますよ。

「実は木下さん家の近所のファミマでバイトしてるんですけど、フェスに出たくて…」

 あ〜! 僕もあなたにお会いしたことありますよ(注:僕は木下さん家の近所に住んでいます)。確か原宿のロックバーでも働いてますよね?

「あー、そうですそうです! とりあえず電話すればフェスに出れるんですよね?」

 もちろんです! ていうか近いし今度またお店に行きますよ〜。じゃあまた!

「よろしくお願いします〜」

 と、ここで電話を切って気づいたのですが、名前も内容も聞き忘れました。まあいいや、今度ファミマへブロスを買いに行きますね。

▲ファミリーマート表参道北店。


清志郎完全復活バンド!中学2年『カズキズ』参戦!

 立て続けに電話が。

「あの、忌野清志郎さんのコピーバンドで出演したいんですが…」

 ぜひぜひ! ちなみになんて名前のバンドですか?

「『カズキズ』ってバンドで、僕はハマモトって言います」

 どんな編成なんですか?

「中学2年の息子がボーカルで、バックは僕を含めて数名で演奏します」

 あ、わかりました! こないだブロスでやってた清志郎特集で「清志郎新聞」を描いたKAZUKIくんですね! それにしても中2は、歴代出演者の中で最年少ですよ。

「いや〜、うまく演奏できるか心配で。フェスボルタでは清志郎の『完全復活祭』をコピーする予定です」

 これはきっとロックファンにも、ブロスファンにも突き刺さりますね! めちゃくちゃ期待してます!

「いや、あんまり期待しないでください…」


▲清志郎完全復活バンド『カズキズ』。



またあの男から電話が…

▲最後の全共闘シンガー、座間三郎さん。

「いやあ、ライブの告知、載せてくれたんですね。ありがとうございます」

 いえいえ、こちらこそ。フェスでの演奏楽しみにしてますよ。

「それはそうと、すごい奇跡がまた起きたんですよ! 僕とマツダコウヘイ君(注:ジョナサンズ。フェスボルタ鬼に出演)が、同じ誕生日だったんです! 6月30日!」

 …は、はあ。

「確か、裕次郎と渡哲也も誕生日が同じ12月28日だったので、そんな感じの縁ですかね〜。僕もいずれ周りから“ボス”と慕われるような男になりたいもんです」

 と、しばらく座間さんのお話は続いたのですが、はっきり言って僕は座間さんの奇跡に興味がありません。って、ここで書いてもまた電話してくるんだろうな…。


深夜2時の2番弟子

▲2番弟子のこーきちくん(群馬在住)。

「ジョンさん、今からフェスの意気込みを語ってもいいですか?」

 いや、もう深夜2時ですよ…。寝ましょうよ…。

「『フェスボルタ アジア』では漫談で『ジョナサンズ』より笑いをとります!」

 いやいや、ジョナサンズはバンド演奏だからお笑いじゃないですよ。

「いや、師匠!今のはギャグです」

 寝ましょう。

「ちょっと待ってください!今、僕、全力でネタを作ってるんで、当日楽しみにしていてください」

 わかりました。楽しみにしてます。おやすみなさい。

「…ネタよりも、当日までに交通費を貯金しないといけないのが心配です」

 今のギャグですか?

「いえ、本当の話です」

 皆さん、こーきちくんに温かい声援をお願いいたします!



結婚おめでとう!

 第一回からフェスボルタを手伝ってくれている、グエンタィン照夫くんが7/7に結婚しました。おめでとう!この連載が始まって間もない頃に『ボルタ展』を開催したのですが、そこに来てくれたお客さんとやった合コンが、彼と奥さんのみーちゃんが知り合ったきっかけです。なんかいろんな人生が交差する連載になってきましたね。これからもよろしくね!


迷っている人はお早めに!

出演者/出店者募集中!

8/23(日)『フェスボルタ アジア』@渋谷club asia

入場料2000円+1ドリンクだけで、誰でも出演/出店可能! DJ、バンド、パフォーマンス、物販、食べ物屋などなんでもOK(ただし、ドリンクと火と生ものを扱う店はNG)!

希望者はこちらまで(他薦もOK!)

090-6143-2407

hirotakufr@aol.com

公式サイト http://fesvolta.wix.com/fesvolta

注:入場チケットは当日券のみです。また、お越しいただく際に上記電話番号にお電話する必要はございません。とにかく来て!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

2
ジョン・ヒロボルタと弟子のみやまるボルタで更新してます。テレビブロス、cakes https://cakes.mu/creators/381テレビブロスの連載をここに転載します。
コメント (1)
電話してもいいですよ!(電話しないと観に行けないの? という質問をいただきましたのであえてあのように記載いたしました)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。