見出し画像

私たち、生活してるだけで、表現者

月曜から金曜まで短時間で働いて、

帰ってきてから携帯弄りながら
ラジオ聴くか、
Amazonプライムで千鳥の相席食堂を見て、
寝る前また携帯弄って買いもしない安い洋服のページばっかみて、

また朝が来て同じこと繰り返して、
平日が終わる。

土日はいちおう8時前には起きるけど、
洗濯物を干して限界、また寝ながらAmazonプライムで相席食堂見て、
身体のどこかしらの調子が悪くて、
外に出るのも億劫で。
また携帯で買いもしない洋服とか見て、昼寝して、
起きたらまた身体のどこかしらが痛くてため息。

 
文章を書くって、一体なんだっけ、という生活。

あれだけ書くことに対する熱量があった私って、一体なんだったんだっけ、って感じ。

ただ最近思うのは、
もしかしたら、人ってただ、ただ生活をしているだけで、
立派な表現者なんじゃないかって、こと。

別に面白いこと書かなくても、残さなくても、ブロガーにならなくても、YouTuberにならなくても、

生活してるだけで、表現者。
それが自分の中ではどんなにつまらないありふれた毎日であっても。
そう思えたら、表現をする事へのこだわりがあんまりなくなった。

そんな日々。

今更すぎるけど、ホントに相席食堂面白いよ。笑

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

4
「私が生きていること、そのこと自体が、君へのラブレターだから。」/2018.03〜”書く私”を育てるクリエイティブライティング講座 所属/特技はこじらせエッセイ/note開設は2013年位/

この記事が入っているマガジン