今日の注目記事
僕の嫌いだった、田上先生の話。
+12

僕の嫌いだった、田上先生の話。

この文章は、NTTコミュニケーションズが提供するオンラインワークスペース「NeWork」がnoteで開催する「#あの会話をきっかけに」コンテストの参考作品として主催者の依頼により書いたものです。

スキ
319
写真で旅する”奄美大島”
+43

写真で旅する”奄美大島”

こんにちは。岡です。今回は、鹿児島県の奄美大島を旅した記事になります。新型コロナウイルス流行前の2020年2月に高校の友達と旅をしました。 そんな奄美大島が2021年7月26日に、UNESCOの世界自然遺産に登録されました。コロナ禍で、なかなか旅をすることのできない時期ですが、この記事を通して少しでも旅をしている気分になっていただけたら嬉しいと思います。 この度は、僕が高校生だったときに行った旅のため、車は使えず、バスと自転車と船で移動するという、楽しい旅になりました。

スキ
63
京急油壺マリンパークでした
+75

京急油壺マリンパークでした

53年の歴史を刻んできた京急油壺マリンパークが老朽化によって今月いっぱいで閉館してしまうというのです。 老朽化とはいったものの、国立公園の中にあったため改築できなかったマリンピア松島のような場合とは違って純粋に予算不足で改築できなかったに違いありません。ここの魅力を知る者としてこんなに悔しいことはありません。 一見、古臭い上に他の神奈川の水族館と比べて交通の便も悪く、他の水族館があれば問題ないように見えるかもしれません。しかし内容も立地もここの唯一無二の魅力を形作っていた

スキ
66
寫残録_006 期限切れフィルムのはじめかた ~いつものフィルムに期限切れのプラス要素がある
+9

寫残録_006 期限切れフィルムのはじめかた ~いつものフィルムに期限切れのプラス要素がある

期限切れフィルムのひとり言。 デジタルでは味わえないフィルムの描写、その良さに期限切れフィルムは様々な要素をプラスしてくれるように思います。 期限切れフィルムって期限切れフィルムとは、フィルムのパッケージに使用期限が記載をされていますが、その使用期限を過ぎているフィルムのことです。 1日でも、1ヶ月過ぎても期限切れですが、期限切れフィルムの風合いを楽しみたいのであれば、私見ですが5年ほど経過している方が楽しめると思います。私は、10年~15年ほど経過したフィルムを使いました

スキ
36
染料について
+12

染料について

染料を探し集めるに当たって、当然良い色であることは前提。たくさん集められること、集めるのが困難すぎないことがある。 数年前から黄色を出す染料を探していた。草木の中で黄色を出す植物は無数にある。その中でも良い色を出すのがカリヤスとコブナグサだ。家のそばには2つとも見かけない。 毎年我が家では醤油を作っている。春に仕込み、天地返しなどを繰り返していく。最後にはしぼり師さんに来てもらって搾り、塩分濃度などを調整してもらう。去年そのしぼり師さんから電話があった。「うちの田んぼのそ

スキ
55
【美しい日本の風景】栃木県 いろは坂

【美しい日本の風景】栃木県 いろは坂

スキ
96
一般人が都内の一軒家を借りてサウナを作った話
+34

一般人が都内の一軒家を借りてサウナを作った話

わたしは2016年からサウナの魅力にハマったサウナ愛好家のYGQです。普段は音楽や映像を作る仕事をしてます。 サウナのある生活になってからは、サウナのカルチャートークイベント「サウナイト」を主催したり、サウナをテーマにしたYAMAHAのバイクのCM監督をさせてもらったり、マグ万平さんのサウナ音頭の楽曲とMVを作らせてもらったり、色々なサウナイベントや企画に関わらせてもらったりと、公私ともにサウナのない生活が想像つかなくなるくらいにサウナに救われてきたのですが、サウナ好きが高

スキ
147
一緒に選んだちがう指輪|YOPPY&松井一哲
+18

一緒に選んだちがう指輪|YOPPY&松井一哲

「指輪」 それは、あらゆる “ふたり” にとって 特別な意味をもつもの。 どんな指輪が良いの? そもそも指輪って必要? 特別とされているものだからこそ、 慎重に考えたい。 あの “ふたり” は、 どんな指輪をつけているのだろう? ゼクシィでも、ハッシュタグでも見つけられない もっともリアルな、ふたりの指輪のはなし。 大切なパートナーとの 指輪を考える時間のために、 ふたり指輪ブランド『CONNECT』 がお届けします。 今回訪れた “ふたり” は、YOPPYさんと

スキ
91
美容師のデッサン論
+2

美容師のデッサン論

スキ
129
【ファッション履歴書】平成初期生まれのアラサーが私服の歴史を振り返ってみた

【ファッション履歴書】平成初期生まれのアラサーが私服の歴史を振り返ってみた

夫が転職に向けて職務履歴書を作りながら、これまでの仕事を棚卸して自己分析をしていたのを見て、私もこれまでのファッションを振り返りたい衝動に駆られた。 厨二病暗黒ファッション時代 ファッションへ目覚めた高校時代 全ての流行に乗った大学時代 キラキラOL迷走期 そして今アラサーとしてちょうどいい時期 と時系列に沿って各時代に通ったブランドや系統を並べてみる。 何はともあれ自分のファッション履歴書を作るのが楽しすぎるので、私の履歴書読まなくても良いからファッション好きな人は末尾

スキ
145