好きな本について語ろう!読書感想コンテスト「#読書の秋2021」10月17日(日)〜11月30日(火)開催
今日の注目記事
サプライズ

サプライズ

つながり寄席の主催、天野さんのお力でたびたび福岡で落語会をやらせてもらう。 会をやるだけでなく、送迎からチケットの手配、接待に遊びまで毎回完璧なプランを立ててくれるので本当に有り難い。 靴を舐めろ言われたらすぐに舐めさせて頂くが、靴を舐めろなんて決して言わない人格者、いつもニコニコしている。 その天野さんから北九州での仕事のお誘いが来た。 内容は弟弟子の文太が中心となって開発した「らくごcar」のお披露目公演に出てくれとのこと。 らくごcarのことを説明すると長くな

スキ
114
スタジオには頼まない!セルフ七五三をした話
+6

スタジオには頼まない!セルフ七五三をした話

こんにちは! 息子の5歳の七五三を6歳の誕生日を迎えてから ようやく済ませることができました! 昨年はコロナなど、いろんな理由が重なって できなかった七五三。 もう6歳になってしまったけど・・ やっぱり成長記録として撮っておきたかったので、 おまいりはせずに撮影のみ。 3歳の時と同様、全てセルフで!やってきました。 スタジオに頼むとやっぱりまとまったお金がかかってしまうので 最小限で済ませたい私はこのような形に。 今回は七五三の撮影をどのようにしたかを お伝えしていきます

スキ
28
お手軽コンポスト
+3

お手軽コンポスト

先月、NHKの夜の番組で、生ごみ処理のためのコンポストが取り上げられていた。家庭で出る生ごみを自宅で処理しようというもの。 今までにもコンポストという言葉には出会っていて検索したこともあるが、家庭用のコンポストの機械は高いイメージだった。4-5万円程の記憶で、自治体によっては補助金が出るところもあるようだが、一般の家庭ですぐに取り入れてみようと思える値段ではないな、という印象であった。 思えば実家の庭にもコンポストがあった。緑の大きい、ざっくりとこんな感じのもの。それに家

スキ
39
サツマイモの茎と葉で*鶏肉の胡桃炒め
+4

サツマイモの茎と葉で*鶏肉の胡桃炒め

今年も残りわずかな中で まだその姿を見ていないもの 土の中でどうなっているのか気になって ちょっとだけ掘って様子をうかがってみたのは サツマイモの中でも一番お気に入りの品種 シルクスイート 今年中の収穫には間に合わないだろうなと思いつつ それでもいいからやってみようと 遅れをとって7月中旬に植えたこちらの方から でももしかしたらと淡い期待を抱きつつ やっぱりまだまだちっちゃかった。 そうだよね・・・。 見なかったことにして土を戻しました。 もう一か所は6月20日頃

スキ
114
【家具についてのアドバイス】理想のソファを追求すると・・・ソファをバラして使用する『バラ?ソファ』となりました。『バラ?ソファ』とは・・・
+23

【家具についてのアドバイス】理想のソファを追求すると・・・ソファをバラして使用する『バラ?ソファ』となりました。『バラ?ソファ』とは・・・

みなさんはソファ=大きな3人掛けソファ、複数の人数で座る物?と思ってませんか?​ みなさんはソファといえば…幅200㎝ほどの3人掛けソファや幅2m60㎝ほどのカウチソファを想像する方が多いのではないでしょうか?(下の写真のような) 私たちも以前は「そういうものだ」と考えてきました。しかしながら、あるソファに出会い、新たな考え方を抱くようになりました。そのソファがこちらのソファです。 このソファは1人掛けのアームレスソファで、さらに背が高く(ハイバックで)リクライニング機

スキ
71
救世主

救世主

電車に揺られ、イヤホンから聞こえるお気に入りのプレイリストに意識がふわふわと溶けていく。 今日も一日、社会生活をよく頑張った。会いたくない人とも会い、話したくもないのに話し、笑いたくもないのに笑った一日だった。 18時になったと同時に誰よりも早く学校という小さな社会から抜け出し、こうして一人で電車に揺られている時間が好きだ。 心地よい揺れに意識を手放そうとした、その時。大きな衝撃音とともに、鼓膜をつんざくようなブレーキ音が響き渡った。 人身事故らしい。 電車内の電気が消え、

スキ
127
コロナ収束に向かうなか、100人のスタートアップが「今後もフルリモート」を意思決定した話
+3

コロナ収束に向かうなか、100人のスタートアップが「今後もフルリモート」を意思決定した話

ミラティブの赤川です。すっかり寒くなりましたね! 東京のコロナ感染者数が今年最低値を迎えた10月第2週。医療従事者の方々はじめ、たくさんの人の努力で収束に向かっているのは本当に喜ばしいことです。 そんな中、逆張り的なのかわかりませんが、「ミラティブ社は今後も原則フルリモートで運営する」宣言を社内にしました。 今後のコロナ状況や、噂されている「第六波」が来るかどうかに関わらず、フルリモートの方が今後も生産性高く事業推進できる、という判断です。 *当社の事業態や組織がそうであ

スキ
170
富士山の麓、西湖にて。夫の小さな夢が叶ったかも?と思った話

富士山の麓、西湖にて。夫の小さな夢が叶ったかも?と思った話

最近、夫の小さな夢が叶ったかも?と思うことがあった。 わが家には、私が密かに「若気の至りカヌー」と名付けていたゴム製のカヌーがある。夫が20代の頃に勢いで買ったカヌーだ。 まだ夫と結婚する前のお付き合いを始めた頃に、そのカヌーと出会い買うことになったのだけど、10年以上の間、それはわが家で埃をかぶったままだった。 けれど、今やそのカヌーは、わが家の欠かせない相棒になった。 最近、このカヌーと共に家族で遊ぶ時間がとっても幸せで、何より夫が嬉しそう。今日はそんなことを書い

スキ
127
聖なる石の街に、恋する芸術家たち
+28

聖なる石の街に、恋する芸術家たち

大理石シリーズ最終編3部目です。 カッラーラ街から30キロほど海沿いに南下したところ。その名を「聖なる石の街」、イタリア語で「ピエトラサンタ」と言う。「大」をいくつ付けても足りないほど大好きなところ。 街名から察するように、ここも、やっぱり大理石とともに生活している街。工房があり、博物館があり、芸術家も、住んでいる。 この街に恋し移り住んだ代表的な芸術家に、コロンビア出身のフェルナンド・ボテロがいます。 ポテっと小太りの可愛らしい絵や彫刻が特徴。メインストリートに面す

スキ
118
君はジョルジュ・メリエスを知っているか
+1

君はジョルジュ・メリエスを知っているか

ジョルジュ・メリエスという人 映画界において、偉大とされる映画監督はたくさんいる。 黒澤明、スタンリー・キューブリック、フェデリコ・フェリーニ、イングマール・ベルイマンといった巨匠といわれる監督。希代のヒットメーカー、スティーブン・スピルバークやジェームズ・キャメロン、それにジョージ・ルーカス。独自の世界で高い評価を得ているクエンティン・タランティーノやコーエン兄弟、クリストファー・ノーラン等々。 彼らの名前は、映画好きであれば勿論のこと、映画好きでなくてもどこかで名前を

スキ
103