ごめんなさい

ごめんなさい

※この記事ははてなブログを捨てることに関する記事です。

 最初に謝ります。本当にごめんなさい。こんなに大事になるって思ってなかったんです。

 それから自分の記事を引き合いにミニマリスト全体をdisるのはやめてください。わかっていると思うのですがあくまでも変な人はたまたまバズワードだからミニマリストを名乗っているだけの一部で、ちゃんと細々とミニマルなブログをやっている人のことじゃありません。disるならちゃんと「このミニマリストが詐欺師!」みたいな糾弾記事書いてください。

 それで、「ブログを捨てる」っていうのと例のbotをどうにかしたいと思ったのは本当の本心です。つまり、例のbotを振り切るためには「zeromoon0.hatenablog.jp」というURLを変更すればしばらくは追ってこないだろうと言うのが考えられる現実的な解決策で、だから新しいURLのブログ作ってそっちに行こうかな、と。それをはてなにするか余所のサービスにするかはとりあえずの保留にしておいて、とりあえず「zeromoon0.hatenablog.jp」を消すことは決まったしそれでいいだろうエントリ書いたときは思ったのです。

 正直最初の想定だと「残念」よりも「ブログ自体を断捨離とか斬新」とか「おう、また明日な」「辞める辞める詐欺」「どうせ戻ってくるのに辞めます宣言見苦しい」「とっとと出ていきやがれ戻ってくんなカス」みたいなブコメがついて終わりくらいだと真剣に思ったんですよ。で、ちゃんと太字で「別にはてなそのものを去るつもりは一切ない。」って書いてあるからしれっとはてなブログで再開しても大丈夫かなーとは思っていたんです。「プリキュア、最終回!応援ありがとう!」「次週より新しいプリキュア始まるよ!」的なそんな感じだったんです。で、新しいブログは雑記少なめにしてー、とか軽く考えていたのです。

 だけど予想外に「残念」って言葉をかけられて正直戸惑っています。それ以上に「自称ミニマリストが気持ち悪いのはわかる」とか「bot怖い」みたいな共感の感想があんなに出るとは思わなかったんです。本気で「そういうこと言うのは野暮ネガコメハスルー」とか「好きでやってるんだからbotくらい気にしなければいいじゃん」みたいな感じだと思っていたので、気持ち悪がってる自分が特殊なんだろうなと思っていました。なんだ、みんな気味悪いって思っていて声に出さなかっただけなのかって安心と同時にそういうくすぶった気持ちに火をつけちゃったんだなぁと非常に悪いことをした気もしました。

 つまり「思っていても口に出せない不満」って誰にもあると思うんですけど、誰かがぽろっと口にしたら「じゃあ僕も」「私も」ってなるんですよね。今回本気で気持ち悪がってる自分が絶対的少数派で「あーそういう人もいるよねそれぞれだよねー」くらいの勢いであの「気持ち悪い」を表明したのが完全に誤算でした。本当にすみません。便乗であんなに叩き系の記事が出るとは思わなかったんです。

 だから余計思ったんですけど、「モヤモヤ」ってなるべく表明したほうがいいと思うんですよ。それが傷つく原因になって、傷ついても大丈夫なほど平気な人ばかりじゃないけれど、みんなが傷ついているのが当たり前の世界になれば傷つくのが怖いとか言ってる場合じゃないし、それが「何かを文章にする」ってことなんだと思ってる。この考えを「重い、もっと気軽に何かを書けばいい」なんて言われることもあるけれど、やっぱりこの覚悟がないと厳しいと思う。軽装備で登山に行って死んだ人を笑えない。

 なんであの形で「気持ち悪い」を表明しようと思ったかなんですが、覚えている人は覚えていると思うのですが前回のミニマリスト定義論争の時に「ミニマリストミニマリスト騒いでるけどオマエラ何なのよ」っていう問いかけにすらまともに向き合わなかったような人たちに、今度も常識的な範囲で、かつオブラートに包んだ表現で「気持ち悪いよ」って声をかけても間違いなく「気持ち悪いって思う人の内面が脆弱」「嫌なら見るな(と言いながら見せつけてくる)」「そうやって誰かを叩いて楽しいの?キショッ」みたいな反応しか返ってこないことは想定されたからです。ひとつでも相手に不利になるようなコメントは全部「ネガコメ」に分類されて「ネガコメハスルー」という教祖様の呪文で「はい、私いけないようなことをしていた気もするのですが教祖様の言うとおり! あいつらが間違ってるんですね!」みたいな流れになるのも嫌だしね。

 botのほうについては、いろいろ試した結果完全に中の人が不在であることは間違いないと思っています。だから中の人にidコール飛ばしても無駄だしブログの方に問い合わせてもブログも中の人不在っぽい感じで微妙です。完全に中の人がいないのがわかるbotならホッテントリ入りすると現れる謎のbotさんはじめたくさんいるけど、中の人がいそうで不在なbotに付きまとわれるのもなかなか背筋が寒いものだなぁと思ったのです。で、問題だなぁと思ったのがそういう正体が付きまといbotであることを知ってか知らずか中の人のブログに一生懸命コメントをつけている人がたくさんいて、ここ数日ホッテントリ入りしていたことですね。まぁここで普通に「付きまといbotウザイ」的なエントリ書いたら間違いなく「機械でもブクマもらえていいですね!自慢ですか!」とか「非表示にすれば問題ないし害はないから自由にさせておけば?」とか「あの人を悪く言うこの人悪い人」みたいな反応になるから数日くらい書きたい衝動を抑えていたのね。だって絶対いいことないし。

 つまりどう転んでも普通に「気持ち悪い」を表明してもいいことがひとつもない。そもそもそういう感情を書き連ねること自体がタブーになりつつある。うるせぇそういうこと書くのが「ブログ」なんじゃねーのかよ? と思いつつ増田に書くのも違う気がしたし、どう表現したものか、そして自分の中の吐き気まで催した感情とどう向き合うか悩んで悩んで、出した結論が「zeromoon0.hatenablog.jp」をリセットするということだったんです。このURLがなくなればbotもひとまず消えるだろうし、「中の人」を気にしてブログを読んでくれている人はまたどっかで始めても読んでくれるだろうし、たまたまアカウントで作れたからやっていた「はてなブログ」という場所に執着がそれほどなかったのです。

 でも、真面目にあんなに「辞めないで」って言われると本気で思ってなかったんですよ。加州清光なみに「まだ、愛されてんのかな」って本気で思いました。いろんな人に迷惑かけました。本当にごめんなさい。もう勝手に捨てるとか言いません。今度から相談して捨てます。

 「じゃあお前はてな文芸部部長作品はどこで出すんだよ」って誰がいつ言いだすかと思ってましたが、それ専用のブログ(小説、短歌、改変ネタ系、文章読解系だけ)は流石にはてなに別に新しく作ろうと思っていたんです。で、あのエントリ書いた後もうひとつ作ろうと思ったら無料プランはブログ3つまでしか持てなくて、「あれ、無料プランって5つじゃなかったっけ、勘違いしてたわぁ仕方ないなぁプロにしようかな」とか思ったのですが、30ブクマついてもホッテントリに載る気配がない。「あっこれはブラックリストって奴か!?情報統制!?」とか思ったのでプロにするのやめました。どうせ消すだけのブログなので問い合わせもしません。でもホッテントリに載らないで現在100を越えるブクマが集まったのが自分でも信じられなくて本当に驚いています。勝手に捨てるって言ってごめんなさい。

 とりあえず今後の方針はエントリにあげたとおり、『無要の葉』は頃合いを見計らってくっついたブクマbot諸共数日中に消します。バックナンバーとしてとりあえず「はてなダイアリー」の方に置いておきますが、明らかにどうでもいいのは消していこうかなとは思います。その後上記の専用ブログを新たにはてなに作ります。ブクマbotの本体については、糾弾しても仕方ないので放置します。ただ、そういうのを気味悪いと思う人もいるよってことを多くの人に知ってもらいたいです。後「自称ミニマリスト」はどうせ何を言っても「ネガコメハスルー」だと思うので放置するのが一番だと思います。ただ「自称ミニマリスト」に煽動されて「はてな村民ってすぐ喧嘩する野蛮な集団」って思ってる新規加入者が減ればいいなぁとは思います。こうやって書いてみるとポンドライスフィールド的な手法なんだよな、まったく。

 結局あのエントリで何が言いたかったのかっていうと、どんなに小さなことでも嫌なものは嫌だし、それを見ないふりすると自分を苦しめるし、結局自分がしたいことは正直に言うべきなんだってことです。自分がしたいのは気味が悪かったということを正直に話すことと、とりあえずでいいからブクマbotを自分の前から消して、周知させること。今のところそれだけです。

 さいごに。この前せっかく紹介してくれたトピシュさん、この件でわざわざ丁寧に長いエントリ書いてくださったふじぽん先生、そして真っ先に「残念だ」って駆けつけてくれたみんな。本当にごめんなさい。そして本当にありがとう。私は大丈夫です。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
短編小説・即興小説の仕上げ・歌詞もどき・マイペース上等