言葉をあつかう人の古本市「ツドイ文庫」を開催します。
見出し画像

言葉をあつかう人の古本市「ツドイ文庫」を開催します。

6月最後の水曜日。東京は神楽坂で、「ツドイ文庫」というイベントを開催します。

編集者やコピーライターなど、普段「伝える」ことに心をくだいている人間が、自室の本棚から溢れた本を、泣く泣く手放しにやってくる古本市です。家に留まっているより、めぐらせた方が本のため。出店者は、売上でまた本を買います。

◆出店者
矢代真也(合同会社飛ぶ教室)
森敬太(合同会社飛ぶ教室)
おくやまゆか(漫画家)
もてスリム(編集者・ライター )
大津裕基(コピーライター)
今井雄紀(株式会社ツドイ)
松田直樹(株式会社ツドイ)

おいしいアイスコーヒー、冷えたビールも用意する予定です。週の中日、フラッとお話に来ていただけるだけでもうれしいです。

きっかけ

料理人が野菜を、仕立屋さんが布きれを余らせるように、編集者は自宅や職場に本を余らせていて、その処分の方法に困っています。

「処分」というとさびしいですが、それが不要なものなのかというとそんなことはなくて、たいていは「部屋にもう置く場所がない」という物理的制約ゆえに、仕方なく手放すことばかりです。

編集者やライターの余らせた本、やっぱりいい本多いんですよね。

ぼく自身、「うちに本引き取りに来てよ」と先輩編集者に言われてうかがい、何度もその恩恵にあずかっています。

編集者やコピーライターが特別な仕事だとはぜんぜん思っていませんが、映画会社の人に教えてもらって観る映画はおもしろいし、レコード会社の人に教わって聴いた音楽はやっぱりよかったりするので、その「蛇の道は蛇」な感じを、少しでもたのしんでもらえたらうれしいです。

ツドイ文庫

・日時
2018年6月27日(水) 18:00〜21:30
※上記の時間内であればいつでもご入場いただけます。

・会場
かもめブックス
〒162-0805 東京都新宿区矢来町123 第一矢来ビル1階
地下鉄東西線「神楽坂駅」矢来口より徒歩0.5分
http://kamomebooks.jp/access

・入場料
無料

・ご予約
不要

・ご注意事項
※かもめブックスは定休日のため、営業は行なっておりません。
※臨時でかもめブックスのカフェスペースのみオープンいたします。
※出品する古本には数に限りがございます。なくなり次第販売終了とさせていただきますので、ご了承ください。
※駐車場・駐輪場はございませんので、公共の交通機関でお越しください。

・お問い合わせ
株式会社ツドイ
下記のフォームよりお問い合わせください。
http://www.tsu-doi.jp/pages/1188286/page_201708131635

・お申込
不要ですが、Facebookの下記イベントページに「参加」表明していただけると、人数が把握できて助かります。

どなたでもお気軽に!

もちろん、どなたが来てくださっても大歓迎のイベントなので、ぼくらと面識のない方も、ぜひお越しください。

神楽坂で、お待ちしております!




ありがとうございます。うれしいです。
編集者。 ポッドキャストの更新であふれていますが、「マガジン」の方に行くとテキストも読んでもらえます。編集とイベントの会社「ツドイ」をやってます。Twitterのほうが高頻度でいろいろ書いてますので、鳥のアイコンからぜひ。