Leica M3とCarl Zeiss Planar 50mm F2 ZMで能登の風景を撮る
見出し画像

Leica M3とCarl Zeiss Planar 50mm F2 ZMで能登の風景を撮る

こんにちは。ワタナベ(@sutougen)です。

このお盆休み、家族で奥さんの実家に帰省してきました。

奥さんの生まれは北陸・富山。今回は「せっかく近くまで来たのだから」と、富山からさらに足を伸ばし石川県は能登半島にある老舗旅館・加賀屋に宿泊しました。

この加賀屋は、プロが選ぶ日本のホテル・旅館100選に36年連続で1位に選ばれたという人気の宿。おもてなしは当然素晴らしかったのですが、写真好きとしてはなにより景色。旅館から眺めは最高でございました。

このnoteではフィルムカメラで撮った加賀屋と能登の景色を紹介してきます。写真はすべてライカM3にCarl Zeiss Planar 2/50mm ZMで撮ったものです。それではいきましょう。


画像1

1枚目は旅行者が最初に目にするであろう加賀屋のエントランス。落ち着きがありますね。

画像2

広々としたロビー。宿泊者はチェックインまでの間、ここで飲み物をいただきながら待機します。

大きくとられた窓の先には能登の海。

画像3

長距離移動の疲れはおろか、日頃のストレスまでがすべて吹き飛ぶ眺めです。

画像4

ロビーから外に出ることもできて、こんなふうになっています。晴れていればこのベンチに3時間くらい座っていられそうです。すごく贅沢な場所。

そういえばこの旅行ではレンズフードを忘れるという失態を犯してしまいました。緊急処置として「レンズの上に手をかざして遮光」を試したのですがいかがでしょうか?

遮光ありなしで比較したわけじゃないので確かなことは言えませんが、T*コーティングがあればそんなに気にすることもでもなかったような印象です。

画像5

旅館周辺もレトロな雰囲気。娘の服はまるで花柄ワンピースだったのが痛い。沖縄旅行か...

画像6

画像7

画像8

あぁ...気持ちいい。ここは旅館から100mほどのところにある堤防です。これだけの景色ですから、ついつい海ばっかり撮ってしまいますね。

画像9

画像10

堤防には宿泊者以外も入れるようになっていて、釣りをしたり記念写真を撮ったりと、多くの人が訪れていました。

画像11

錆びたボラード。100というのは耐荷重のようなものでしょうか?

画像12

窓からはこの眺めです。部屋にいる間ずっと外を見てしまうオーシャンビュー。窓をあけてカメラを構えると...

画像13

これまた美。

左奥に見えるのは「ツインブリッジのと」というつり橋。この橋を渡った先は能登島です。地元の方によれば能登島にある石川県能登島ガラス美術館に行くのも良いとのことでした(今回は時間がなく行けずじまい。悔しい)

画像14

仲居さんが着付けてくれる浴衣に着替えて子供たちと館内探検。写真はぼやけていますが、奥の錦小路というところは加賀屋館内のお土産エリアです。

一般的なみやげ物から似顔絵コーナー、工芸品の手作り体験など館内アクテビティが充実。正直、東京から能登までのアクセスはそこまで良くないのですが、一度チェックインしてしまえば外に出る必要がないので意外と時間を有効に使えた印象です。

画像15

みやげの酒と...

画像16

その場で飲む酒。夜になるとここが浴衣姿の人でいっぱいになります。こんなところに女性を連れてくるときっとモテるんだろうなぁ。

夕食に北陸の海鮮を食べ、露天風呂に入り、寝る前にまたちょっと飲む。これが能登旅の楽しみ方ですね。アルコールでだいぶ気分が良くなったのか、夜の写真はほとんどありませんでした。

画像17

翌朝。いつもは朝から元気な娘たちもちょっと眠そう。旅はテンション上がっちゃうもんね。

画像18

身支度をして、荷物を整えたらこの部屋ともお別れ。

画像19

改めて、日本の景色は素敵だなぁと実感する旅となりました。

***

(追記)その他、Planarで撮ったいろいろ。

リバーサルフィルム PROVIA 100Fで高尾山の紅葉を撮ってきた
ライカMマウントレンズ Carl Zeiss Planar T* 2/50 ZM レビュー
今はなきリバーサル。Kodak ELITE CHROMEで撮る


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
10/27〜10/31 Voicyフェスやります!
音声プラットフォーム Voicy 音声コンテンツプロデューサー / noteではVoicyのことを中心に、趣味の写真のこと、育てている植物の成長記録を書いています。