「過去未来報知社」第1話・第92回
見出し画像

「過去未来報知社」第1話・第92回

☆全文無料でご覧いただけます☆
--------

>>第91回
(はじめから読む)
<<第1回
--------

「アカシが……私の……?」
 ふっと周りの風景が変わる。
 気がつけば、笑美は空中に浮いていた。
 眼下に、うずまく緑の渦と、
 谷底に落ちそうになっている笑美とアカシが見える。
「えっ?!」
「これは、あの10年後のアカシがむかえた過去だ」
 振り向けば、大家が隣に浮いている。
「ここは、一体どこなの?」
「いくつもある並行世界の一つだな。"あったかもしれない今日"」
「あったかもしれない……?」
「10年後のアカシが存在せず、お前も何も説明されることもなく、
 ただ六合の餌になった今日、ということだ」
「あっ!」
 落ちそうになったアカシを庇い、笑美が谷底に落ちていく。
 次の瞬間、笑美は病室の上空に浮いていた。
 ベッドの上には、包帯でぐるぐる巻になった笑美と、その手を握っているアカシ。
「私……?」
「お前は一命を取り留めたが、谷底でボロボロの状態で発見された」
 大家は笑美の肩越しからベッドの上の笑美を覗き込む。
「世間では谷底へ足を踏み外した事故、ということいなっているが、
 六合に食い尽くされ、抜け殻になったお前さん、だな」
 ベッドの上の笑美の目は虚空を見つめ、何も喋らない。
 窓の外の季節が移り変わって行く。
 違う服装のアカシが、何度も出入りしていく。
 最初は派手だった服装が地味なものに変わり、
 あまり風貌を気にしないようになっていく。
「お前さんが自分の身代わりになったと思ったアカシは、
 その後、仕事を辞め、お前のためにだけ生きるようになった」
「えっ?! でも私がこうなったのって……!」
「勿論、アカシは関係ない。まぁ、一緒に巻き込まれないようにした、
 という点では助けた、と言えなくも無いが……」
 病室にアカシとは違う人影が入ってくる。
 目を凝らす笑美の襟元を掴むと、大家は宙を飛んだ。
 病室が霞のように掻き消える。
 再び、緑の谷底が映る。
 大勢の人間が右往左往している。
「杉並静子は見つかったか?」
「いえ、どこにもいません!」
 大家と笑美がふわり、と地面に降り立つ。
 混乱のせいか、誰も気がついていない。
「おい!」
 強く肩をつかまれ、笑美は振り返った。
 緊迫した表情の男が、笑美を睨んでいる。
(どこかで見たような……)
「静子を見なかったか?」
「静子?」
「ああ、もう! 女優の杉並静子だよ!」
「飯島さん!」
 遠くから走ってきたスタッフが男を呼ぶ。
「いたか?!」
 男は走っていく。その後姿を見て笑美は気付く。
「若詐欺……。飯島さん?」
「そう。50年前の餌はこの町出身の女優・杉並静子だった」
 こともなげに言う大家を笑美は睨みつける。
 涼しい顔で大家は答えた。
「言っとくが、静子はこのことを知っていたんだぜ。
 自分で餌になる道を選んだんだ」
「……どうして?」
「色々と、背負っていたようだからなぁ。お前と同じで」
 ふっと景色が消える。
 もとの緑の谷に笑美と大家は戻っていた。
 眼下に、谷底に向かって何かを叫んでいるアカシ。
 笑美を支えている慶太。大家がいる。
「え? なんで私と大家さんもあそこに……?」
「簡単だ。俺は10年後の大家で、お前さんは今生霊になっているからだよ」
 慌てて自分を見下ろす笑美。身体が半透明に透けている。
「……どうして、大家さんまで10年後から来ているの?」
「あの男が、俺との約束をちゃんと果すのか、見届けに来たのさ」
「約束?」
 大家は腕を組み瞑目する。
「ただの人間が、いくら六合だからって簡単に10年前の世界に来られると思うか?」
 笑美は戸惑う視線を向ける。
「六合には俺たちの一族がいる。管理人の許しがなけりゃ、時は超えられない。
 アイツはな、過去に戻るために俺と契約をしたのさ」
「……なんで、過去に戻る必要があったの?」
 大家は片眉を上げてみせる。
「分からないのか?」
「……私にどうして分かるの」
 ため息をつくと大家は慶太を指差す。
「折角口がきけるんだから、本人から聞くといい」 
「え? きゃ!」
 笑美は急速に慶太に掴まれている笑美の体に引き寄せられていく。
「待って! 大家さんの契約って何なの?!」
 大家は薄い笑いを頬に浮かべた。
「俺との契約? 大したことじゃない。
 10年前の俺を殺す、って約束をしたのさ」
「えっ?」
「なんだよ、こんな時に!」
 気付くと、困惑顔の慶太が見下ろしている。
 笑美は自分の身体に戻っていた。


>>最終回

--------
(「ノート購読」は「投げ銭」扱いで設置させていただきました。
 全文無料ですので、今回の連載はここまでですが、
 投げ銭いただけますと、作者のモチベーションが更にあがりますw)

------

この続きをみるには

この続き: 0文字

「過去未来報知社」第1話・第92回

涼廣

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
本と音楽が好きです。