秋深まる、とSNS写真に思うこと。
見出し画像

秋深まる、とSNS写真に思うこと。

季節は早いもので、秋ももう直ぐ晩秋の季節へ。

赤い紅葉は今週いっぱいで全て散ってしまいそうです。 

画像1

天気が下り坂の日は焼けたりして、案外悪天候は好きです。

画像2

さてnoteではブログとかでは書かない、思っていることを書くようにしているんですが、写真とSNSについて疑問に思うことがきっとみんなも多々あるはず。

なんかこうSNSで有名だからっていうだけで写真が有名になる現象って今の時代仕方ないけど、写真ってなんだろって思うよね。 

もっと世界的なコンテストで賞取ってる日本人たくさん居るのに、そう言う人達を取り上げないのは、写真メディアやメーカーの凋落かなと思うんです。 

写真の上手さよりも、フォロワーが多い客寄せ的な人の方が好まれる。 

そういうのを繰り返しているせいか、最近写真雑誌のレベルなんかもどんどん下がってると感じる。 

前はもっとすごい写真多かった気がするんだけど。

ただモニターで現像や合成して出てくるのが、写真じゃなくて、そこに至るまで何をしてどう撮ったのか、頭の中ではなく、本当にその景色を見たのか。
それこそが写真だと思う。 


もちろん賛否はあると思うけど、あくまで個人的な意見ということを忘れずに。 


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!^^
職業 自然写真家。 NBPhotograph50カ国中、風景部門1位。年間750万人来場スミソニアン自然史博物館で写真展示🇺🇸北海道の風景と動物と北極圏の野生の北極熊も撮影🐻 サークルでは写真アドバイスしたり上達したい人向けに色々やってます。