積み上げる力が重要。楽する思考は積み上がらない。

積み上げる力が重要。楽する思考は積み上がらない。

先日、こういったツイートをしました。解説していきます。

実績紹介

こいつ何いってんだ?と思われてしまいますので、僕自身の実績を紹介したいと思います。

24才で独立をしまして、現在インターネットでの物販5年目になります。現在は株式会社を経営していて、先年度は年商7000万円、手取り所得は1200万円ほどでした。

こう書くと、利益率がありえない!とか言われそうですが、

ネット販売であることと、家賃がないこと、人件費は毎月10万円程度のアルバイト2人だけですので、可能です。

まぁ、株式会社なのでちょっとややこしいですが、わかりやすく年収1000万円と思っていただいて大丈夫です。

会社経営の傍ら、古民家を自分でDIYで改装し、カフェ、民泊を作っています。

こちらの現在の完成度は50%くらいです。

僕よりもすごい人はとんでもなく沢山いますが、客観的にみてみて、成功者という言葉は好きではないですが、目標達成の数は平均よりも高いとは思っています。

偉そうとか思わずに読み進めていただき、少しでもお役に立てましたら嬉しいです。

一度結果を出すと、楽な方に流されてしまう

ネット販売の傍ら、独立のお手伝いをさせていただくことも多く、今まで50人ほどの独立を見てきました。そこで感じたことは、ちょっとうまくいって、慣れてくると、楽な方に流される方が非常に多かったです。

初めはみんな一生懸命頑張るので、結果は出ます。しかし、慣れてきて、経験が積み重なると、その結果に価値を感じず、めんどくさい、もっといい稼ぎ方ってないのか?と脇道にそれてしまう方が大半でした。

もちろん、例外なく、僕もそうでしたが(笑)

楽なことなんかない

楽なことって、世の中にはありません。正確には、市場原理によって、

楽なことはみんながやるので、一瞬で楽ではなくなる。

という真実です。楽に稼げる話があなたのところまで来た時には、それはもう、楽に稼げる方法ではないということです。

さらに、楽に稼げる分野でも、結果を出すには、相応の努力が必要です。

積み重ねるということが、稼ぐ本質

つまり、楽に稼げる方法はないということをまずは認識する必要があります。しかし、物事は経験によって、楽になっていくということが楽に稼ぐ方法の答えになります。つまり、全力で働けば働くほど、楽になっていくんです。楽して稼ぎたいという人は、

全力で今やっていることを頑張り続ければ、楽に稼げるよ!

というのが正解です。

もっと楽な方を探すと一番大変

もっと楽にもっと楽にを探していくと、努力が報われません。0→1が一番大変な作業だからです。100円を初めて稼ぐ方が、100円を100万円にするよりも簡単だからです。むしろ、楽しようと思えば思うほど、

0→ 1の一番大変なことだけをやり続ける

ことになりかねません。

つまり、突き抜けるためにやるべきことは、今やっていることを全力でやるということが、あなたの状況にとっての一番の近道になります。

「下足番を命じられたら、日本一の下足番になってみろ。そうしたら、誰も君を下足番にしておかぬ。」小林一三

例外はある?

こういうと、でもビットコインで億万長者になったり、宝くじ当たったりする人もいるじゃないですか!という反論があるとは思いますが、ビジネスの思考とは確率思考です。成功者だけをピックアップするのは、ギャンブル思考です。僕がお伝えしたいのはビジネスの思考なので、それは話が違うお話になります。ギャンブルとビジネスの違いは確率です。ビジネスとは、やり続ければ必ず勝てるのがビジネスだと僕は考えています。つまり、勝率51%以上がビジネス。勝率50%以下がギャンブルです。

フリーランスの場合

フリーランスでもっと稼ぎたい方でいうのなら、今やっていることを、もっと効率的に、もっと効果的にやるにはどうするのか?と考えていった方が、新しいビジネスを始めるよりも重要です。それを突き詰めて突き詰めていくと、てっぺんが見えるようになります。

僕の場合は、今同じことをやり続けて、月収350万円というてっぺんが見えました。なので、今まで空いていた時間で、情報発信を始めています。

この場合、気をつけなければいけないのは、今までやっていたことのクオリティは維持するということが前提になっていきます。

つまり、月収350万円までの道は最高のパフォーマンスを出しつつ、新しい情報発信を始めるということです。ですので、単純に、めっちゃ大変になります。

ここで、今やっていることをおろそかにしてしまうと、今まで積み重ねたことが0になり、結果は出ません。

会社員の場合

会社にお勤めされている場合は、僕がオススメするのは、今やっている業務を圧倒的なクオリティでこなし、定時で帰ることだと思います。語弊を恐れずにいうのなら、会社という守られた環境で、周りを圧倒する結果を出せないのに、自分一人でやったら結果を出せるということは、まずありえません。独立起業を考えるのなら、まずは会社の中で、誰もが認める結果を求めましょう。その成功体験は、あとで必ずいきていきます。

その結果を出したら、次は定時で帰れる立場を目指します。結果さえ出せば、周りは特に定時で帰ろうと気にしません。というか、気にされなくなる立場を目指しましょう。

ここで終わりではありません。(笑)そしたら、次に定時で帰って空いた時間で、副業で稼ぐことを目指しましょう!そして、副業で本業を超える収入を得たら、独立です。

そんなことやらなくても、成功してる人いるじゃん!

こんな反論が聞こえて来そうです。これも、ギャンブルのお話ですね。僕がお話しているのは、ビジネスのお話です。ビジネスとは成功率51%以上。完全に負ける状態を常に排除しておくのがビジネスです。

さらに、どの分野でも、一瞬の結果を出す人は存在しますが、継続して結果を出す人は恐ろしいほどの努力をしています。それを見せる場が少ないだけです。

つまり、この話を聞いて、こいつの言ってることは意味わからん!もっと時代にあった並に乗るやり方で成功する方法はある!というかたは、ビジネスマンではなく、ギャンブラーです。

波に乗るというのはリスク管理ができる人だけ

波に乗っていくというのは、現在やっている仕事を継続していった時の伸び率と、リスクを負って波に乗る新しい事業の成功率と、損切りラインと、全てを計算した人ができるのが、時代の波に乗るということです。それには、最低でも、生活費の保証ができている状態が必要です。つまり、ある程度の収入がある人で、かつ、時間コストを受容できる方のみです。

一度突き抜けた結果を出すと強くてニューゲームになる

結果の出し方は積み上げる力、今やっていることを積み上げることが重要です。次に新しいことを始めるには、今までやっていたことと同じクオリティを出しつつ、新しいことを同時並行で始めるということです。

そして、挑戦とは負えるリスクが多い人ほど有利です。簡単に言えば、お金がある人が有利です。挑戦しても、そのリスクを受容できるお金がれば、いくらでもやり直し可能だからです。

つまり、今やっていることで突き抜けた結果を継続しつつ、新しい事業を同時並行で当てていくという猛烈な努力が必要になります。

どんな分野でも、まずは年収1000万円

もしかしたら僕の不勉強なだけで、稼ぎやすい分野というのは存在するのかもしれません。しかし、僕はどの分野だろうとも年収1000万円までは可能だと考えています。

なので、新しいことを始めるには、まず今やっていることで、年収1000万円を目指す方が近道だと思います。よく、月収いくらとか書いてあるブログやプロフィールを見かけますが、瞬間最大風速には特に価値はありません。大事なのは継続して資産が増えているか、というポイントです。なぜなら、この資本主義ではお金があれば、受容できるリスクが増えるからです。

特に自分で事業をやると、年収1000万円くらいないと、資産の増え方が微妙です。年収1000万円あるとだいたい毎月50万円分のリスク受容力が増えていくので、新しいことも始めやすいですよね。もちろん、支出を最大限減らしていることが前提ですが。

結局、

稼いでもお金を使わずに、余った時間とお金で

新しいビジネスを常に全力で成功させ続ける

ということが、成功の本質です。

楽になるとは、程遠いですね(笑)

これが真実です。


だから、楽しく一生懸命できることを探すことが、大事だったりします。


最後までお読みいただき、ありがとうございます。

フォロー、コメント、質問、スキいただけたら、とても嬉しいです。





この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
shinです!スキありがとうございます!
元コミュ障ニートが年収2000万円稼いだ物語 http://www.sedorinanpa.black/ 株式会社を経営しながら、 趣味で古民家をDIYで改装して カフェ・民泊・カメラ屋を作っています。 フォロー、スキ、コメントいただけると、 めちゃめちゃ喜びます😆