懐かしい音色が蘇った夜。
見出し画像

懐かしい音色が蘇った夜。

遠い昔によく聴いていた音色を思い出した。

温かみのある低音から、透明感のある高音までの約3オクターブ。

そう、クラリネットのメロディ。



懐かしく感じた理由は、高校時代まで遡る。

私は吹奏楽部でクラリネット(B♭ベークラ)を担当していたからだ。

約3年間、数々のドラマの渦中を共に過ごした楽器。

決して上手ではなかったのだけれど(むしろ下手だった)、音域が広くメロディパートを多く演奏でき、豊かな表現ができるところに魅力を感じていた。

残念ながらMy楽器ではなかったため、部活動を引退すると同時にサヨナラをしたけれど。

クラリネットに触れることも、目の前で曲を耳にすることも、

記憶に覚えていないくらいなかった。


そして時を経て2019年の今夜、再びあの柔らかい音色が鮮明に蘇った。

東京・四ツ谷に存在する、小さな温もりのあるカフェで。

ゆったりとしたスローな時間が流れていく中、クラリネットとギターが奏でる音楽の世界にすっかり私は浸っていた。

インストゥルメンタルなので、歌詞はないけれど。

歌詞がない世界も私は好き。想像が膨らむ。

クラリネット奏者のmatsuriさんはそれを、"言葉を喋るように演奏する"と表現していた。心にしっくりとくる言葉だった。

大好きな音色に触れては癒されて、今夜はぐっすりと眠れそうです。

プリちゃん











この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
プリちゃん | アートブック『心に灯す光と色彩のパレット』出版

最後までご覧いただいて本当にありがとうございます。。!「応援したいな」と感じましたら、ぜひフォローしていただけると喜びます。。! サポートは、今後の作品制作や個展開催に必要な費用、遠方へ足を運ぶ交通費などに充てさせていただきます。今日も、自分にしか歩めない素晴らしい日々を☺️

めっちゃ嬉しい。。。
ほんのり前向きになれる言葉+写真のアートを発信。| 0からアーティストとして生きることに挑戦中 | 『#心に灯す光と色彩のパレット』 | #HSP #トランスジェンダー コンプレックスもバネに、人生楽しく生きる | 2021年9月、初の著書『心に灯す光と色彩のパレット』出版