やりたい事を見つける方法。動物から人間へ変わることが大事です。
見出し画像

やりたい事を見つける方法。動物から人間へ変わることが大事です。

やりたい事をやることが幸せだと言われますが大体難しいですよね?

自分で探すのは(笑)

ただ人から言われてやるのはやりたい事と認めづらいしかといって本を読んだだけでは見つからないしというジレンマ。

僕なりの考えは

やりたい事をみつけたければ他人のためになる事を考えてみる。

これだと思ってまして、、、

例えば

動物を考えると分かるんですが動物は自分が生きる為に狩りをします。

それを他の家族の為に獲物を取ることはありません。

自分達が生きる為に狩りをするのが目的ですからね。

ここで人間に置き換えてみましょう。

人間が自分の為だけに生きていたとしたら世の中はまわると思いますか?

今受けてるサービスなどはすべて止まります。

歴史を紐解けば生きる為に食うというのが仕事だったのではないか?と思います。

農作物を育ててる時は自分が生きる為に始めたんだと思うんですよね。

それがいつの間にか資本になっていた。

それは生きる為に必要だったからだと思うんですが

今のこの豊かな状況で同じことをする必要性がどれくらいあるか?とも同時におもうわけです。

(その考えで仕事やってる人はたくさんいますが)

もっと言えば自分だけ良ければオッケーであれば動物と同じになってしまうということですね

これは結構ヤバいですね。。。

もちろん今の世の中が厳しい現状という情報が駆け巡ってるのでまずは自分が生き残るということも大事ですが

(今回はやりたいことをどう見つけるのか?なのでそこは今回はスルーします。)

何が言いたいかというと

やりたいことを仕事にしようという事は自分が何か人の為になる事仕事にしよう。ということにも言い換えれます。

そうすると

人のためになることをやり続けたらやりたい事に変わっていくのでは?とおもうわけです。

もちろんはじめは自分だけですがそこから少しずつ同じような考えの人が出てくると思うんですよね。

もっといえば

自分の強さと他人の弱さを掛け合わせる

自分の弱さと他人の強さを掛け合わせる

こんな感じになるのではないのか?とおもいます。

結構大変ですけどね。。。

自分もチーム作りは苦手な分野なので、、、

そうするとどうするかというとこういったもので自分の考えをまとめていこうと考えているんですが、、、

もう少し具体的な話を。

自分が話すのが好きだけどタイミングが悪い人っていると思うんですが

そうした場合

自分が話せる人と自分がもともと話せない人がいた場合その人を面倒くさいとおもうのはきっと自分が話せない人だと思うんですよね。

それは

自分が話せないから苦労したのになんでそんなすぐ話せるんだ。。。という劣等感もあるのではないのか?

ともおもうんです。

それは自分が話せない中で生きる方法をもさくしたからそういった人が未知になるわけです。

人は未知との遭遇は恐怖が強く感じる傾向があるので自分のコンフォートゾーンに入れようとします。

ただ

ここでさっきの状況に戻りましょう。

もしその話せない人が話せないなりにその話せる人を話を聞くのが好きな人に繋げてあげれたとしたらとても良い環境になりませんか?

これは

自分の弱いところ×相手の強いところ

になりますもんね。

こうやって

人は助け合って行けるということです。

そうすると話をする側はもっと話をしたくなるのですがもっと喜んでもらう為にはどうしたらいいんだろう?

と考え始めるわけです。

カラクリが見えましたね。

要はやりたいことを見つけるのには自分の武器をまず他人のために使いながらそれを理解してくれる人と出会う。

という事なんですよね。

動物ではありえない状況ですね。

もし

そういった事で悩んでるのであればイメージは動物から人間へをテーマに考えてみるといいのではないか?とおもいます。

今日も最後まで読んで頂きありがとうございます。この文章が皆さんの何かのお役に立てればと思います。

#snips #小熊滋 #やりたいこと

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
小熊滋

サポートして頂ければより一層の学びをお渡しできるように励みますm(_ _)mありがとうございます!

ありがとうございます!めちゃ嬉しいです!
美容師として活動中。人と出会える事に感謝して日々感ずる事を書いてみる。 言葉を使うということの大事さに気付き修行として言葉を使いながら書かせてもらいたいと思います。 プライベートも混在するかもしれませんがご了承ください。