eスポーツはもはやヲタクの遊びではない。日本の未来を感じた夜@大手町 #日経eスポ
eスポ

eスポーツはもはやヲタクの遊びではない。日本の未来を感じた夜@大手町 #日経eスポ

4月16日、日本経済新聞社でセミナー「eスポーツ新潮流 2020年に向けた課題」が開かれました。eスポーツという一見尖ったテーマの未来を、企業や産業としての観点、地方創生や少子高齢化といった社会課題としての観点なども含め、参加者がざっくばらんに議論しました。

eスポーツは2018年の流行語大賞にもエントリーされたワード。知名度も日に日に上がっています。
eスポーツにエンタメとしての未来をほのかに感じている私。今回、イベントを観覧させていただきました。eスポーツ初心者の私ですが、僭越ながら簡単なレポートを書かせていただきます。

■先に結論から

結論として感想を先に述べると、

eスポーツって、めっっちゃ奥が深い・・・!!!!(小学生並みの感想)

最高のイベントでした。
世の中では「ゲームはヲタクがやるもの」という偏見も私達の親世代を中心にまだまだあるのも事実です。
でも、きょう会場に集まったおよそ100人の面々は、まさにスーパービジネスマン以外の何者でもありませんでした(主催者によると、大企業の方、起業家の方も多数参加していたそうです)
日経電子版の有料会員が多いことや、オフィス街である大手町・丸の内・有楽町が近いことも、いい意味でのビジネスセミナー感で満たされた一つの"勝因"だったのかもしれません。

■eスポーツの国内市場ってどのくらい?

まずeスポーツ業界アナリストの但木一真さんから国内のeスポーツ市場の規模についてレクチャーしていただきました。

但木さん「いま実際にeスポーツ業界に関わっている方はどのくらいいらっしゃいますか?」挙手したのは来場者全体の2割程度。実際にeスポーツに関わっているわけではないにもかかわらず「これだけ多くの人が集まった」。きょうこの日の熱気が、eスポーツの勢いを示す、何よりの証拠だというわけです。

2018年の日本eスポーツ市場規模は48億円で、前年比で10倍以上の成長を記録しているそう。ファン数は約380万人。もはやヲタクの遊びではないですね。
「日本にはゲーム動画を観ている人が2500万人いるそうです。eスポーツファン380万人は、単純計算でそのまだ15%にすぎない。ライトユーザーも含めればゲームファンは5000万人!潜在性は大きい」という言葉が印象的でした。今後国内でeスポーツ産業が大きく伸びると言われていたり、大手メディアやゲーム会社の選手権がどんどん開かれていたりする背景は、ここにあったのですね。

eスポーツの特徴も改めて整理することができました。

1. ゲームごとにユーザー層が異なっている(年齢など)
2. コンテンツが動画配信、SNS、WEBメディアとバイラル的に拡散する
3. グローバル展開できる
4. ユーザーのロイヤリティ(熱量)が高い
5. ゲーミングという先進的・独自の価値
6. 新しいテクノロジー(VR、AR、ブロックチェーン、AI等)との親和性

■パネルディスカッション

登壇者は、
筧誠一郎さん(東京都eスポーツ連合会長)
高木智宏さん(西村あさひ法律事務所パートナー弁護士)
ヒョン・バロさん(KPMGコンサルティングシニアマネジャー)

たくさんの話題が飛び交うなか、気になったやりとりはこちら。

Q: eスポーツビジネスの発展はどのような業界に商機、恩恵がある?
A:筧さん「専門学校でeスポーツ学科を設ける例が相次いでいる。どこもかしこも定員オーバー。それを応援する地元の企業の盛り上がりもすごい。それは、そこに、熱狂する若者が確かにいるから」
高木さん「ゲーム関連、PC関連だけでなく、若者との接点を持ちたいBtoC企業もちらほら。潜在的にはあらゆるBtoC企業が対象になりそう」

Q: 地方創生・少子高齢化対策としての期待は?
A:筧さん「eスポーツはネットで対戦できることが大きい。eスポーツは地方で芽が出る可能性がある。富山・高岡にeスポーツの拠点ができるなど、すでに動き出しているところもある。地元産品の消費機会にもなっている」
バロさん「韓国と比べても日本の盛り上がりはすごい。郷土愛を高めるきっかけにもなる」

Q: 統合型リゾート施設(IR法)や著作権法問題(スクショの話)などの国内整備に伴う変化は?
A:高木さん「eスポーツでは、ライセンスに絡む著作権法、賭博に当たらないかどうかの刑法、賞金に絡んだ景表法、ゲームセンターなどが対象になる風営法と大きく関係がある。小さな大会では、法律的な知識を知らずに開かれているケースもあるかもしれない」
バロさん「韓国でも賭博は問題になったことがあり、しっかりとしたコンサルティングが求められている」

Q:ゲームに対するイメージ、日本と海外で違う?
A:バロさん「韓国ではeスポーツ選手があこがれの対象になりつつある。高給取りの選手が出ていることも一つの理由だろう」
筧さん「昔の日本はゲームにプロなんているわけがないというイメージだった。でも今はプロがいるんだなという認識はされてきている。中高一貫校でeスポーツ部を作ろうという動きもあり、識者として学校に呼ばれたこともある。保護者の懸念は①ゲームやって勉強しないんじゃないか②ゲームで食べていけるのか③ゲーム中毒にならないのか。いずれもきちんと説明し、懸念を解消することができ、その学校にはeスポーツ部が無事できた」

白熱した議論を前に、参加者は必死にメモを取っていました。

■きょうの収穫

日本のeスポーツがどうなっているか理解できた!
ビジネスとして大きな可能性があるとわかった!
未来感や熱量を覚えることができた!

初心者の私でもeスポーツへの知識を深めることができた、素晴らしいイベントでした。全国380万0001人目のeスポーツプレイヤーに、私もなってみようと思える夜でした。

若者はどこにいるのでしょう?それは、eスポーツでした。

■Twitterでも発信しています


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
これからもがんばります!
日本経済新聞社で新規事業をつくるチームの公式アカウントです。先行きが不透明な時代で若手社会人のみなさまと共に考え動きます。”新聞”とはちょっと違った観点で、業務課題やその解決法をお届けします。