No.3 初めての留置場 ~身体検査~
背景_ノート3

No.3 初めての留置場 ~身体検査~

留置場内へ

「ブー。」

刑事が留置場へ入るための扉の外から、ブザーを鳴らす。

すると留置場内の警官(看守)が、ドアの中央上部にあるスライド式の小窓を開け、こちち側を見てきた。

刑事:「少年1人お願いします。」

看守:「少年1人ですね。了解しました。」

ピシャッと小窓を閉め、ガチャガチャと扉の鍵が開けられた。

「開錠~」

この続きをみるには

この続き: 805文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
1記事ずつ個別に購入いただくよりかなり安く(半額くらいに)なるマガジンです。また、少年院や現在の私に関するご質問などの受付も可能です。

警察に逮捕されて留置場→鑑別所→少年院と社会から隔離されて過ごした施設生活を綴ったドキュメンタリー。2度の再逮捕で合計66日間の留置場、約…

または、記事単体で購入する

No.3 初めての留置場 ~身体検査~

少年院.com

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
警察に逮捕されて留置場および鑑別所へ入所した後、少年院へ送致され計1年4ヶ月にわたり社会から隔離された生活について書き綴りたいと思います。実話に基づいたリアルなドキュメンタリー。