囲碁サロンと碁会所の定義

囲碁サロンと碁会所の定義

自分の中では、囲碁サロンと碁会所の違いに定義があります。

囲碁サロン

① 高級感がある。
② 綺麗である。(最低でも汚くないと言えるレベル)
③ お茶が人の手によって、出てくる。(自動の機械はアウト)
④ トイレが男女別に分かれている
⑤ 室内が禁煙、又は分煙がされている
⑥ 会員制である

囲碁サロンと表現するには譲れないところが①~③です。
①~③を実現する為に、利用料が碁会所と比べて高くとも仕方ないと思っています。

④と⑤は完全に個人的な理由です。自分がお客になった立場で考えてみます。④のトイレが女性と一緒というのは気を使います。遊びにいくのに、あまり気を使いたくありません。
⑤の禁煙又は分煙はタバコを吸わないからです。

⑥の会員制は正直なところ、どちらでも良いと思っています。
立地、利用料の高さなどを考慮して実施すればいいと思います。
作戦の一環というレベルかと思います。(囲碁で言うところの棋風の違い)

ちなみに永代塾囲碁サロンは①~⑥までを全てクリアしています。

碁会所

① 綺麗、清潔とは言えない。(特にトイレが汚い)
② 席料が 一日/千円&月極/1万円。(又はこれらより安い)
③ お茶が出ない、良くても自動の機械

上記は「永代個人の独断と偏見」ということを表明しておきます。

碁会所でも上記をクリアしているというところは、是非とも囲碁サロンに改名してもらいたいと思っています。

理由はまた次回にて

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
永代囲碁塾

今後は動画配信に力を入れていきます。 永代囲碁塾は囲碁に関することなら何でも活動しています。 囲碁アイドルも永代囲碁塾でプロデュースしています。

永代和盛(ながよかずもり)長崎県島原市出身、東京都在住、囲碁インストラクター、永代塾囲碁サロン経営、囲碁アイドルプロデューサー、元日本棋院院生Aクラストップ、小田彩子インストラクターと夫婦で囲碁指導しています。囲碁のことなら何でもご相談ください。