将来は苔カフェ経営!?新垣才とは!

将来は苔カフェ経営!?新垣才とは!


こんにちは。みさきです!

このマガジンではインタビューさせていただいた方のやりたいこと、得意なこと、伝えたいことや魅力などを紹介していきます!

記念すべきインタビュー記事の初回は苔にハマっているという新垣才さんです!

新垣才さんとは?


・経営学を学ぶ大学院生
・はあちゅうサロンでも活躍
将来は苔カフェをつくりたい!
・FP、AFP取得者 
・スタバは週8!



名前が才(さい)だけにSNSアイコンもサイ、、!

インタビュー内容☟☟

・苔の魅力とは?
・苔カフェをつくりたい理由、こんな人探してます!
・得意としていること
・やりたいと思って行ったこと
・新垣さんにインタビューしてみて

ーまずタイトルにもあるように将来は苔カフェ経営とのことですが、苔が好きなんですか?苔の魅力を教えてください!

苔の好きなところは苔の緑、奥ゆかしさ、
わびさびの趣があったり、湿った感じ、
匂い、手触り、、。
絶景です。そして落ち着きます。


苔にはまったきっかけは、科学者でもあり教育者、メディアアーティストでもある落合陽一さんの影響を受けました。
日本が関係するアートを自分にも取り入れたいと思って、苔だなと。

苔には1.2ヶ月前くらいからハマっていて、
苔玉も買いました!


ーそしてその苔とカフェを組み合わせた苔カフェが作りたいということですね。

はい、もともとスタバが大好きで。週8で通って半年で6桁使いました(笑)ラテが美味しいのはもちろん、創業の歴史の話も好きです。

みんな楽しそうだけど落ち着けるような空間がいいなって思って、
苔とカフェを組み合わせた新しいカフェを自分でも作れたらなと。

表参道とかで庭園があったり、壁に苔が埋まってたりしたらおもしろいと思います。

なので
・現在苔を売っていたり、苔についてアドバイスしていただける方
・カフェなどのの経営経験者
・空間デザイナーの方

などを探してます!!


ー新垣さんが得意としてることはなんですか?

広く浅く色々できます!
専門的な技術というよりは、効率よく80点取りに行くタイプです。経営や経済、自己啓発など多数の実用書を読んで色々経験してきたので、新しいことを習得するスピードは早いです。

物事の構造を理解して図解にすることも得意ですし、セミナーコンサルティングにも力を入れています。やりたいと思ったことは即実行します。

※5/23追記 図解ポートフォリオ!


ー実際にやりたいと思って行ったことはありますか?

ホリエモンさんのゼロという本で、ヒッチハイクで人生変わったとあったので実行しました。
ずっと勉強ばっかだったので行動しなきゃと思って、後輩を誘って土日で行こうと。

とりあえず行き先決めずに西へ行って、6台乗り継いで東京から大阪まで行きました。すごくみなさんいい人ばかりでした!


ーヒッチハイクだなんてすごい行動力ですね。新垣さんは他にも「はじめての有料noteを書くための教科書」という初の有料noteを執筆されていますよね。

はい、書こうと思ってから最初の発売まで6日でした。4月末に完成しまして、最終的に文字数20,000字超え、執筆期間3週間という自分にしてはなかなかの大作となりました!


ー販売までのスピードが早い上にその内容が有料noteの書き方なんてなんとも斬新!

論理的でわかりやすく、リアルタイムで執筆の様子が見れるのが面白いです。実際の売り上げなども公開されているので、これからnoteを書きたいと思っている方必見ですね。


あとは色んなアイデアや企画を思いつくことも得意です。Twitterで#才デアメモ というタグでツイートしています。

ー毎日そのタグのツイート見ます!インプットして終わりではなく、自分の言葉に置き換えることで自分のものにされていますよね。

イメージの段階でも消えてしまう前にアウトプットすることは大事だと思います。


そんな多才な新垣さんにインタビューしてみて

お話を聞けば聞くほど行動力があって、好奇心旺盛な方だなと実感しました。

お話を聞いて初めて苔というものに注目しましたが、こんなのあるんだ!と新しい世界を見せていただいた気分でした。私も苔を見に行ってみたいと思いました。

新垣さんのnoteにあるやりたいことリストを拝見させていただくと、やりたいこと、行きたいことろ、会いたい人など100を余裕で超えています。これは日頃からアンテナを張って様々な情報を得ているということですよね。

私がnoteを書きたいと相談させていただいた際に、すぐにお返事をくださってこの記事参考になるとか、意見などたくさんのことを伝えてくださいました。逆にこんなに親身になってくれるの!?いいの!?と思ったほど。

私が1番印象に残っているツイートです。

私も少しずつ実践しています。やっぱり自分がなにか発信した際に、反応がないのは1番困りますよね。

また自分の感想もつけることで自分のインプットを強めることにも繋がると思います。

新垣さんの有料noteの中で、書かない理由を論理的に考えて突き詰めています。この記事を読んだから、私も迷っていたはあちゅうサロンに入ると決意し、noteを開設し、書き始めたと言っても過言ではありません。

新垣さん本当にありがとうございました!


最後に

第1回目のインタビュー記事いかがでしたでしょうか?

今後も色んな方のやっていることややりたいこと、その人の魅力などを書いていきたいと思っています!

感想も聞かせていただけると幸いです!

今回取材させていただいた方☟☟

新垣才(あらがき さい)
・Twitter 才デアメモ のハッシュタグもチェック!

・note


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
最高です