ライティングスキルがなくても濃い見込み客が集まる記事が書けるようになる方法
見出し画像

ライティングスキルがなくても濃い見込み客が集まる記事が書けるようになる方法

ブログにおいて一番重要なのはコンテンツ、つまりブログ記事なわけですが、

書きたいことはあるけれど、文章でうまく表現できない。
話すのは得意だけど、文字で伝えるのは苦手。

そんな人は多いと思います。

わたしもライティングは得意分野ではないですし、ブログをはじめたばかりの頃は「文章を何度も書いては消す」を繰り返していました。

人気のブロガーさんやライターさんの記事を読んで、自分の語彙力のなさや実力の差に凹むことも多かったです 笑。

本を読んだり、インプット量を増やしたり、試行錯誤して今があるんですが、その中で分かったことがあります。

それは、ライティングスキルがなくても、語彙力が乏しくても、見込み客の心に響く文章は書けるということ。

人の心を動かすライティングのテクニックはたくさんありますが、テクニックを身につけるよりも簡単にできることがあります。

文章を書くのが苦手な人でもできる、2つの方法を紹介します。


この続きをみるには

この続き: 2,696文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

2017年に書いた過去note13本をマガジンにまとめました。 アクセスアップ、ブログの書き方、アクセス解析の方法などをテーマに書いていま…

または、記事単体で購入する

ライティングスキルがなくても濃い見込み客が集まる記事が書けるようになる方法

斉藤まさみ

300円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
わーい!
副業OLを経てフリーランス3年目。ウェブデザイン、ディレクション、ウェブ解析などWeb制作・運用の仕事とイメージコンサルタントをしています。Web系ブログ→https://saitoumasami.com、イメコンブログ→https://i-design-web.com