初級パーソナルスタイリスト読本

12
初級パーソナルスタイリストnoteあとがき

初級パーソナルスタイリストnoteあとがき

この記事はマガジンを購入した人だけが読めます

10.売れるパーソナルスタイリストは必ずこのスキルを持っています

10.売れるパーソナルスタイリストは必ずこのスキルを持っています

パーソナルスタイリストやイメージコンサルタントに必要なスキルというと、多くのひとが「診断力」と「提案力」を挙げます。 もちろん、どちらも大事です。 でも、売れるひとが必ず持っているスキルは「診断力」でも「提案力」でもありません。 なぜこのスキルを持っていると売れるのかというと、お客さんの満足度が大きく変わるからです。だから口コミに繋がりやすいしリピータにもなってもらいやすいんですね。 勘違いのないよう断っておくと、センスや外見、キャラクターの魅力ではないですよ。これら

スキ
1
有料
500
9.おしゃれ迷子を増幅させるパーソナルスタイリスト

9.おしゃれ迷子を増幅させるパーソナルスタイリスト

前回のnote「提案をはき違えているパーソナルスタイリストが多い件」では、再診断にいらっしゃるお客様が多いこととその理由をお伝えしました。 「サービスを提供することでお客様の問題を解決する」という基本的なことができていないパーソナルスタイリストがいるわけですが、これと似たケースで「おしゃれ迷子を増幅させるパーソナルスタイリスト」もいるんですね。 もともとおしゃれ迷子で、ファッションコンサル・提案のサービスを受けるひとは多いですが、まさかのパーソナルスタイリストがおしゃれ迷

スキ
1
有料
300
8.提案をはき違えているパーソナルスタイリストが多い件

8.提案をはき違えているパーソナルスタイリストが多い件

以前、パーソナルカラー診断を受けた友人から、辛辣な感想を聞いたことがあります。 カラーリストのアドバイスの内容が想像していたものとは違ったようで、 「あの程度でそこそこの金額とるの納得いかないんだけど。誰でもできるやん。」と言っていました。 彼女曰く、予約したのは東京で有名なサロン。 ネットで検索して出てきたサロンを比較して、 ・何人もカラーリストを抱えていて実績がありそう ・ホームページがちゃんとしている サロンに予約を入れたそうです。 だから余計にガッカリ感は

スキ
3
有料
500
7.人気メニューの人気の秘密

7.人気メニューの人気の秘密

前回、前々回のnote、 5.メニュー設計の基本の「き」 6.この視点を持っているかどうかであなたの売り上げは3倍変わります で商品設計について書いてきましたが、今回のnoteでは、わたしの提供しているサービスのなかで一番人気の商品とその理由を紹介します。 安い方が売れると思っている どんな商品を作ればいいのかわからない そんなひとの参考になれば幸いです。

スキ
1
有料
300
6.この視点を持っているかどうかであなたの売り上げは3倍変わります

6.この視点を持っているかどうかであなたの売り上げは3倍変わります

前回に引き続き、このnoteでも商品設計をとりあげます。 今回は値段設定について。 誰かの真似やなんとなくメニューを用意しているひとと、この視点を持っているひととでは、売り上げは軽く3倍は変わります。 ぜひ知っておいてくださいね。

有料
500
5.メニュー設計の基本の「き」

5.メニュー設計の基本の「き」

パーソナルスタイリストやイメージコンサルタントなど同業のひとのメニューを見ると、その内容からどこの協会や団体から学んだのか分かることが多いです。 複数のひとから学んだり、もともと持っているスキルと組みあわせて、オリジナルメニューを用意しているひとももちろんいますが、全体でみると少数。 メニューの名前こそ違えど、内容はだいたい似通っています。 こういう人にこういうサービスを提供したい。という思いはあっても 「どんなメニューをどのくらいの価格で用意したらいいのか」 ビジネス

有料
300
4.収入を増やすターゲティングのコツ

4.収入を増やすターゲティングのコツ

認定講座では、パーソナルカラーや骨格分析などの専門知識とスキルを学ぶことができます。 ただこれだけでビジネスがスタートできるかというと、そうではありませんよね。 何をいくらで売るのか、商品を考えないといけません。 そして商品を考えるためには、ビジネスのコンセプトが必要です。 誰にサービスを売りますか? その人のどんな問題を解決しますか? どんな価値を提供できますか? その価値を提供することで、お客さんはどうなりますか? というところを明確にしたうえで、商品を考えるん

スキ
1
有料
400
3.「パーソナルスタイリストは儲からない」の構図

3.「パーソナルスタイリストは儲からない」の構図

資格がなくても始められるパーソナルスタイリストは、その参入障壁の低さから、独立したい人だけでなく、おしゃれ好きな主婦やOLさんにも人気の仕事です。 でも、思ったよりも稼げてない、という人が大半。 誰でもはじめられる仕事であること、市場が小さいことなど理由は色々ありますが、ビジネスマインドの欠如も大きいです。

有料
500
2.パーソナルスタイリストの年収

2.パーソナルスタイリストの年収

さて、今回のnoteは、みんなが好きなお金のはなし 笑。 「パーソナルスタイリストはどのくらい稼げるのか?」 儲かっている印象が強いですか? それとも儲かっていない印象が強いですか?

スキ
1
有料
300