noteは言葉のInstagram『共感』に疲れていませんか?
見出し画像

noteは言葉のInstagram『共感』に疲れていませんか?

noteを毎日更新することを試みている。なんとなく、思いついたこと。

Instagramでもハッシュタグをつけて、自分の「好き」な写真や絵、風景、モノコトを発信している。ベースは視覚的な情報である「画」であるけれど、多くの人の共感を呼ぶ投稿にたくさんの「いいね」がつけられていく。

noteも、SNSの一つなので、基本的な特性が似ているのは当たり前なのだけれど、みんなが自分の好きな言葉を好きなようにつないでいって、多くの人の共感を集めている様子を見たり、流れるタイムラインを追って「スキ」を押していく感覚が、Instagramにとても良く似ている、と思った。

どちらも大切にしているのは、「共感」だ。

その人の好きなもの、好きなこと、それに対する思いや考えが語られていて、それに共感できるかどうか。誰かに共感してもらえる、という経験はとても嬉しいものだ。同じ考えの人がいる、自分の思いが分かってもらえる、そういうことを求めているからみんな「書く」んじゃないだろうか。そうして、まただれかの投稿にも共感する。そんなゆるやかなコミュニケーションがベースになっている。

読みやすい文章は共感が得られやすい。読んで分かることが、共感に先立って必要なことだから。何を言っているか分からないけど共感する、ということはあまりない。

かといって、分かりやすい絵ばかりのInstagramはつまらないだろう。どこのだれか分からない女の子が花束を手前に掲げているような、分かりやすい絵だけが量産されてしまうのは、豊かな表現ではないし、寂しい気持ちになる。

「共感」のために分かりやすい絵を分かりやすいテーマで書くよりも、自分の好きなもの、好きなことを書いているうちに、いつのまにか「共感」が結果としてたくさんあった、となるほうがいい。共感はあくまで帰結であって、それをスタートにしてしまうと「あざとい」だけになってしまう。

たくさんの人の共感が得られるからといって、それがいいものだとは限らない。共感はできないけれど、いい文章だ、と思うものもある。

共感を呼ばないもの、誰からも共感が得られないもの、についても思いを馳せたい。なぜ、こんなにも尖っているんだろう。それでも寄り添える部分はあるだろうか。自分との「ちがい」はどこにあるのだろう、と。

自分の考えや思いとの「ちがい」に戸惑う経験を大事にしたい。「共感」の先にあるものは「ちがい」を楽しむことじゃないかと思う。

「共感」に最近、疲れていませんか?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
yuki ota

読んでいただいて、ありがとうございます。お互いに気軽に「いいね」するように、サポートするのもいいなぁ、と思っています。

やさしい!
時短で働く兼業主夫。京大文学部卒、病児保育のNPOとリモートで採用支援を生業に。コーヒーと本、写真、詩。役に立たないものが好き。鬱を経験後、ケアをもっと知りたい、生きづらさを軽くする余白を探したい、と。ご連絡お気軽に。