2017 もてぎGPまとめ[ 2017年10月19日 発行 Vol. 161 ]
見出し画像

2017 もてぎGPまとめ[ 2017年10月19日 発行 Vol. 161 ]

本コンテンツの目次

●もてぎ決勝戦を左右した4つの鍵

●ドヴィツィオーゾ冷静沈着、マルケスキラーになれるか?
・マルケスのミスなしには勝てなかった
・驚異の第11コーナー、ペトルッチ理解不能「ドヴィにはデカいタマが…」
・いまやマルケスキラー?
・タイトルは取れたら驚異、取れなくても良いシーズン

●ペトルッチ成長「マルケスやドヴィとレースができて名誉」
・タイヤ選択で賭け「成長したなぁ~」
・今回は3位で満足

●マルケス、ドヴィに2度負け精神的ダメージなし
・ホンダのホームレース、マルケス以外は惨敗
・マルケス神業、経験が物を言う
・タイトル争い、一騎打ちとなり良い感じ
・ドヴィに敗北して精神的ダメージを受けているのか?
・チームオーダーは?
・ロッシのことは気にしない

●ペドロサ、ホンダのホームでみずからリタイヤ
・直線コースでアクセル開けず
・ポイント圏外になったからリタイヤ

●ヴィニャーレス:タイヤ批判せず、タイトルは最後まで諦めない
・このマシンで、あれ以上は無理
・タイヤ批判は賢いやり方ではない
・タイトル争いは、もうお終い?

●ロッシ八方ふさがり、最優先はタイヤ問題
・路面の水量が多いと戦闘力が高い…はずだった
・このタイヤはヤマハ機だと機能しない
・ドヴィvsマルケス一騎打ちはモトGPにとって良い事

ラ・キリコより

皆さん、こんにちは。
この間、初めてのレストランに挑戦したら、なんとパンが紙袋に入って出てきてビックリした管理人のラ・キリコです。
普通、レストランって、パンは小さなカゴとかに入って出てくるじゃないですか。
それが、なぜか白い小さな紙袋に入って出てきたんですよ。
ちょうど、ついさっきパン屋から買ってきたのを袋ごと出しましたって感じ。
他のテーブルのお客さんもみんな同じでした。

で、それが表面はカリッとしていながら、中はフワフワの新鮮なパンで美味しかったんですよ。

おっと、メルマガ枕話恒例のモトGPこぼれ話でしたね、はいはい。

今回の茂木ではモトGPクラスに3人も日本人ライダーが出ていたんですが、ドヴィツィオーゾvsマルケス選手の一騎打ちやら、ヤマハ絶不調やら、話題が多かったせいもあり、ちょっと影に隠れてしまいましたねぇ。

でもね、イタリア唯一の2輪レース週刊誌『Motosprint』が出している成績表では、そんなに悪くなかったんですよ。
3選手とも10点満点中の6点だったんで、いわゆるギリギリ合格ってやつです。

じゃあ、評価の方も見てみますか。
こんな感じ。

[ミステリー]カツユキ・ナカスガ:ヤマハファクトリー、12位
ヤマハのテストライダー、ポイント獲得。
過去にウェットレースで好リザルトを出しているので、驚くことではない。
レース内容は、それほど興奮するようなものではなかった。
ただ、どんなM1機に乗っていたのかは興味あり。
おそらく、2018年に向けての新パーツが使用されていたはず。

[解凍]ヒロシ・アオヤマ:ホンダ・マークVDS、18位
過去の日本人ライダーらと一緒に保存されていたフリーザーから取り出され、負傷したジャック・ミラーのマシンに乗ったと言う感じ。
最下位だったが、やるべきことをやり、問題なし。
ミラーがどんな風にケガをしたかを話し合う方が面白そう。

[要再見]コウタ・ノザネ:ヤマハテック3、転倒リタイヤ
21才、日本の優れた才能。
エンデュランスライダーで、FPセッションではなかなかのインパクトだった。
ジョナス・フォルガー代役。
レース序盤でミスを犯し、転倒。
前途有望なライダーのようなので残念。

おっ、野左根選手の評価がなかなか良いですね。
あのヴァレンティーノ・ロッシ選手も、こう言ってましたもんねぇ。

「実に良いですね。かなり速いですよ。
(金曜FPセッションの)序盤、後ろに付いて走ってみたら速かったですね。
ヤマハM1機の経験も多少はあるわけだし…
ただ、M1機に乗るのは3月以来久しぶりだろうし、まだけっこう若いとは思いますね。
モトGPクラスで良い日本人ライダーになれるんじゃないかな。」

ちなみに、この成績表でのロッシ選手は…
転倒リタイヤだったから低いです。10点満点中の4点。
あと…
接触されて失速してしまったホルヘ・ロレンソ選手は5点、
そのロレンソ選手に接触したヨハン・ザルコ選手は7点、今回は日本GPと言うこともあり、なかなか好調だったアンドレア・イアンノーネ選手は8.5点でした。

あっ、イアンノーネ選手と言えば、余談なんですが…
熱愛交際中の超有名美人タレントのベレン・ロドリゲス嬢が、
最近、サッカーのフランチェスコ・トッティ元選手の奥さんで、やはり有名タレントのイラリー・ブラージ夫人と公開キスをしましてね…

まぁ、バライティ番組の最中に司会者にあおられて勢いでベレン嬢からキスしたようなんですが…
これを知ったイアンノーネ選手が、こう言ったんですって。

「こうなるって、もっと早くに分かっていたら、俺もミザノGPの時にトッティにキスしたのにねぇ。」

おっと、くだらないこと書いてないで本題の茂木GPまとめに行かなきゃ!
今回はドヴィvsマルケス選手の一騎打ちから、ロッシ選手のぼやきコメントまでねっとり集めてみました。
フィリップアイランド戦の前に、お楽しみくださいませ。

この続きをみるには

この続き: 21,004文字 / 画像13枚
この記事が含まれているマガジンを購入する

風聞〜イタたわGPを月刊で販売しています。 今回のみ半額!【2017年10月号】は計3本発行予定です!

または、記事単体で購入する

2017 もてぎGPまとめ[ 2017年10月19日 発行 Vol. 161 ]

風聞〜イタたわGP(ウェブ版)

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
風聞〜イタたわGP(ウェブ版)

頂いたサポートは、新たな健康食品を購入する費用にさせていただきます。これで、また頑張りますね!

あら!有難うございますね!!
モトGPブログ『イタたわGP』の La Chirico(ラ・キリコ)が発行するウェブマガジンです。ブログ記事の掘り下げた情報や、イタリアの巷に流れる噂などをご紹介します。