簗瀬 晃希 / koki yanase

桑沢デザイン研究所。インテリア・建築・デザインを学んでいます。九州産業大学 住居・インテリア設計学科卒業後、デザイン事務所に勤め、再び学生をしています。この場が「デザインと向き会える場」となりますように。
    • 「ことば」を感じる。
      「ことば」を感じる。
      • 19本

      「ことば」というものを軸に、僕自身の考え方や気持ちを主観的に表現した記事をまとめています。

    • デザインから学ぶ。
      デザインから学ぶ。
      • 20本

      「デザイン」という考え方を軸に、「私生活における物事の捉え方」について考えた記事をまとめています。

    • 商業を考える。
      商業を考える。
      • 14本

      商業活動において、魅力を感じる企業やブランド、デザイナーの思想から物事を考えた記事をまとめています。

    • 思想の形態化。
      思想の形態化。
      • 9本

      noteにあげている感情や思想などの文章を、僕自身の作品や課題を軸に、「形態化」するにあたって考えた記事をまとめています。

言葉の価値観。

言語はなぜ、言語として存在しているのだろう。 言葉には「意味がある」とされている。 ここでいう「意味」とは、価値の有無の話ではなく、 国語辞典に掲載されるような、…

コーヒーカップ。

人との関係は、コーヒーカップ。 そう考えたいと思うようになったのは、 大切な人、大切だと思っていた人の一言を、不快に感じてしまったから。 大好きだと思っていた人…

「美しい」ってなんだろう?

「美しい」ってなんだろう? 先日、僕がストーリに何気なくあげた、 「美しいと思う現象を美しいと言えるためにも、価値を見出すことのできる人でありたい。」 という文章…

桑沢での学び。

桑沢デザイン研究所ではたくさんのことを学んだ。 それはもちろん、デザインをする上で必要な考え方であったり、 カタチを生み出すためのテクニック的なこともそうだ。 …

人が好きだ。デザインが好きだ。

桑沢デザイン研究所へ入学したのは2年前。 大学を卒業し、建築設計事務所やディスプレイ企業で実務としてのデザインに携わる中で、 「デザインをすること」がわからなくな…

いつかの、あの時の。

「誰かの求める僕でいたい」という他者に依存したような生き方に嫌気がさした僕は、 「僕自身がこうでありたいと思う僕」を探していたのだろう。 他者からの影響を遮断す…