山中康司/生き方編集者

文章と写真と対話を通して、生き方に関するあれこれを探究してます。今の問いは「ホームとはなにか」。編集者でありキャリアコンサルタント。ポートレート/家族/福祉/ナラティブ/ グリーンズ/Huuuu/Proff Magazine / IG:instagram.com/kjymnk/
    • 他者とかかわる。
      他者とかかわる。
      • 0本

      「他者とかかわる」とはどういうことなのか、考えたことのまとめです。

    • うしなわれたホームを求めて。
      うしなわれたホームを求めて。
      • 27本

      家とはなにか、家族とはなにか、ホームとはなにかについて考えるマガジンです。

    • 私の履歴書の空白期
      私の履歴書の空白期
      • 7本

      一人ひとりの、「履歴書の空白」についてのストーリーです。 以下の記事を引用しつつまとめた「履歴書の空白期」についてのnoteを、こちらのマガジンに追加させていただきます。 https://note.com/kojiyamanaka/n/n1999bfa1e458

    • すべてのマガジンを表示

社会の窓はとじよう。他者への窓は、どうしよう。

タモリさんは笑福亭鶴瓶さんのことを、「自閉症ならぬ、自開症」といったとか。 「自開症」っていうのは、ようするに他者に対して自分をめちゃくちゃに開いてる、というこ…

弱い自分を抱きしめるように、強い自分も抱きしめたい。

弱い自分を抱きしめてあげよう、みたいな言葉をよく耳にする。 たしかに、「自分なんて…」って思っちゃうのはくるしい。弱い自分は、もう抱きしめてなでなでしてハーゲン…

「自分らしさ」なんて、自分のなかにはなかった。

他人の目をきにせず、自分らしく。 なんていう言葉をまにうけて、「よし、自分らしく生きるなら他人との関係を断てばいいのだ!」と思ってずっと一人でいると、むしろ自分…

コロナの反動で「会う」が飽和することの、楽しみと不安。

ちょっと気がはやいけど、コロナ禍がおちついて、気兼ねなく人と会うことができるようになったときを想像してみる。すると、「飲みいける!」「旅行に行ける!」ということ…

他者と会わないと気持ちが落ち込む…とわかっちゃいるけど会いたくない、というジレンマ。

このところ気持ちがへたって、乾燥機のなかでよれよれになったシャツみたいになってる。 五月病、といってしまえばそれまでなのだけど、今回の「へたり」はたんに気候のせ…

「わたあめ的な関係性」と、「布的な関係性」。

よくみかけるけど、なんかひっかかる言葉ってある。僕の場合、そのひとつが「人を巻き込む」っていう言葉。「巻き込み力」みたいなビジネス本を見つけると、肩がきゅっ、っ…