ポーランド・ブロツワフの街歩き:建築物編

ポーランド・ブロツワフの街歩き:建築物編

画像1 1Fと2Fは店舗。3Fより上は住居。よくみると、狭いベランダに、自転車が斜めに置かれている。
画像2 学校かな?と思ったら幼稚園だった。
画像3 集合住宅。共産主義時代の名残を感じる。
画像4 友人の個展が開催されていたギャラリー、の入っていた建物。
画像5 その建物の入り口。
画像6 地下の通路。突き当たりがギャラリー。
画像7 ヨーロッパでよく見る、中庭のある建物。
画像8 建物をくぐる通路。
画像9 別の通路。こういう空間、すごくワクワクする。
画像10 重厚な扉。こうした古いドアに、オートロックの装置がついているものもあった。
画像11 カラフルだけど、どこか共産主義の匂いを感じさせる集合住宅。
画像12 中心部から少し離れた郊外の建物。「SUSHI NAKA NAKA」と「PIZZA CAPONE」
画像13 これも郊外。四角錐を地面に突き刺したような建物。何の施設かは不明
画像14 プレハブ小屋がたくさん集まったマーケット。この日はやってなかった。
この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ナカガワケン

押していただけたら、とても喜びます。ありがとうございます!

ありがとうございます!
ヨガ講師|会社員時代にうつ経験(30歳〜約10年)▶︎ その後ヨガ・瞑想指導10年15,000人以上 (E-RYT500/YACEP)|ストレスなく生きるのに本当に大切なコト(心身の健康・食・人間関係・働き方など)を発信|blog→https://kennakagawa.com