京都「 菱六」さんの米麹パウダー調理実演をさせていただきました!@ホビークッキング
見出し画像

京都「 菱六」さんの米麹パウダー調理実演をさせていただきました!@ホビークッキング

バタバタしており告知ができなかったのですが、今日から開催のホビークッキングフェア2018にて、展示会初出展の京都 菱六もやしさんの出展お手伝いをさせていただいております!!

一般の方がご参加いただける、食の展示会であるホビークッキングフェア、4/26(木)〜28(土)まで東京ビッグサイトで開催中です。
▽概要はこちら
https://www.hobbycook.jp

「もやし」とは、野菜のもやしではなく、麹の原料となる種麹(麹の胞子)のことです。「草木が萌える」の「萌える」と同じ意味で、麹の花がどんどん萌えることから、「もやし」と呼ばれているのです。
旧漢字だと、もっと難しい字を書くそうなのですが、変換で出てこない…。

そんな菱六さんが開発された「米麹パウダー」は、普段は京都本店での店頭でしか販売されていないので、直接お買い求めいただけるチャンスは今だけ!!
(ネットでは、かわしまやさんからご購入いただけます。)

今回は、ブースのコーディネートからレシピ開発まで、全体的にサポートさせていただき、会場の中央で開催されるホビークッキングステージでの調理実演も担当させていただきました!!

50名ものお客様の前での、調理実演。緊張しました〜!!
米麹パウダーを使ったレシピ「しっとり柔らか 鶏むね肉のソテー」をご紹介させていただき、実際にご試食いただきました。

「柔らかい」「ジューシー」「旨味が違う」など、嬉しいお声をいただき、ステージ終了後には、ブースに皆様が集まり、たくさんの方にご購入いただきました^^
実際に体験していただき、しっかりと商品の魅力を受け取っていただくことは、とても大事だと思います。

私としても、心から良いと思えるものを、自信を持って提案する仕事をさせていただけるのは、本当に幸せなことです。

米麹パウダーは、本当にすごい!!
乾燥麹を、石臼で丁寧に挽いているので、麹の酵素をそのまんま、粉末状のパウダーとして使うことができます。
塩麹とはまた異なり、そのまま肉に振りかけたり、ハンバーグに練りこんだり、お菓子作りに使ったり。

塩が含まれていないので、様々な用途に活用できます。

粒の残らない塩麹や甘酒を作ることができるので、ソースを作るのにももってこい!!家庭料理にはもちろん、料理人や食品加工業者の方にもオススメです。
ほんと、ポテンシャルがすごいです。

機会をくださった、事務局の佐竹さん、ありがとうございます!!
菱六の倉品さん、ご協力ありがとうございます!!

28日まで開催しておりますので、是非足をお運びください♪
ちなみに、私は今夜の夜行バスで京都へ向かいます^^;
タイムリーにも、菱六の助野社長の麹造り講座に参加させていただくのです。

最後に…角谷文治郎商店の社長様と写真を撮っていただいたのですが、とんでもないピンボケ。笑

佐竹さ〜ん!!笑

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!頑張ります!
日本酒と発酵が大好きな料理家です。日本酒に合う料理のレシピ開発、地方創生事業アドバイザーなど、幅広く活動中。新宿御苑前のキッチンで料理教室を主宰しております。HP: http://www.harukamano-jozo.com