20年後のマンガはどうなっているのか?
見出し画像

20年後のマンガはどうなっているのか?


ということで、いきなり本題で恐縮ですが、
20年後のマンガは、声優を入れて、
部分的にアニメーション化する方向で進化すると思います。

コマ割りという概念は、スマホ化、動画化の流れの中で、カット割りに取って代わります。
スマホの5G化やVRグラス等の今後の進化を踏まえると、この方向性しかないように思います。

(追記)-----------------------
20年後は、マンガ雑誌がほぼ壊滅的な状況になっていると思いますので、スマホかVRグラスへ、いきなりマンガを配信する形に変わっていると思われます。VRグラスへの漫画配信が主流になっていれば、絵が止っていたり、音や声がないマンガでは、退屈に感じるでしょう。
もちろん従来のモノクロマンガも残りますが、徐々に割合が少なくなり、マンガ家の表現形態も、モノクロマンガ→カラーマンガ→3Dマンガ→マンガ動画へと移り変わっていくことになると思われます。
---------------------------------

僕のマンガ制作過程では、既にネームという概念は消失し、テキストエディタでネームの前段階の文章を作り、タイムライン上でコマ割りに準じる作業を行っています。

制作の流れをざっと説明すると、3Dキャラ制作、3Dキャラオーディション、ポーズ、表情設定、表情のキャプチャ、モーションの実演や調査、クロマキー動画撮影、アフレコ、マンガ声優への依頼、BGMのリサーチ等々を行って、PremiereやAEで動画漫画を仕上げていきます。
アシスタントは、ソーシャルアシスタントに取って代わり、3DキャラクターもVRoidハブの人気3D役者を活用しています。

ということで、20年後のマンガの姿がどうなっているのか?
間違っている可能性もありますが、、、一足先にご確認頂ければ幸いです。

20年後に答え合わせしましょう。

マンガ家
大坪 拝



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
オーツボ(DazStudioや3DCG動画/3Dマンガ)

シネマフリッパー https://www.youtube.com/user/PoweredJacket

シネマフリッパー