河内のリトルサイゴンと化す街・八尾市のベトナム人集住地域「安中地区」について
見出し画像

河内のリトルサイゴンと化す街・八尾市のベトナム人集住地域「安中地区」について

大阪府八尾市にはかつてインドシナ難民として日本に流れ着いたベトナム人とその子孫がおよそ千人近く住んでいる、関西屈指のベトナム人コミュニティが存在する。八尾市には彼らを受け入れる工場が多く働き口が豊富にあった事や雇用促進住宅があった事から、それまで定住促進センターがあった姫路市などから移り住むベトナム人が増えて、次第にそうなったらしい。

画像1

で、我々が今回やってきたのは、JR八尾駅から徒歩15分くらいのところにある「八尾市安中町八丁目」にあるスーパーサンコー前。この界隈に最もベトナム人経営の店が寄り集まっている。さながら「河内のリトルサイゴン」とも言える街並みが見られるのだ。

この続きをみるには

この続き: 4,965文字 / 画像35枚

河内のリトルサイゴンと化す街・八尾市のベトナム人集住地域「安中地区」について

逢阪

400円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
逢阪

当方も目下のコロナ禍で収入がガクっと減ってしまい取材活動に支障を来しておりますが、編集部長逢阪の命ある限り執筆を止める事はございません。読者の皆様からの応援が当編集部にとって心強い励みになります。どうぞ宜しくお願い申し上げます。

DEEP案内編集部のnoteです。全て100円からの有料記事ですが内容によっては高額です。購入前に趣旨をご了承頂いた場合のみご利用下さい。後対応不可。【重要】記事の内容は購入者個人でお楽しみ下さい。第三者や不特定多数への再送信は著作権法違反として法的措置対象となります。