4/11 Wasei Salon(仮)日記はじめます
見出し画像

4/11 Wasei Salon(仮)日記はじめます

こんにちは。長田(@SsfRn)です。

先日Twitterにて、このような呟きをしました。

コミュニティの軌跡を書いていくマガジン、その第一回目が今回の記事になります。今回のマガジンでは、現在、鳥井さん(@hirofumi21)と若月さん(@wakatsubasa)と一緒に土台から作っている「Wasei Salon(仮)」に、スポットライトを当てていこうと思います。

それではどうぞ。


Wasei Salon(仮)の芽が出た散歩道

このコミュニティのはじまりは、Twitterでした。

3人(鳥井さん、若月さん、長田)が関わっているコミュニティ「SUSONO」。

4/20に開催予定イベントの後に、飲み会をしよう!と4月3日に3人のグループDMで盛り上がっていました。その会話が落ち着いたタイミングでこんなメッセージが

鳥井さん「全然別件なんですが、いま招待制のSlackコミュニティを作りたいと思っていまして、ぜひおふたりと一緒に進めていけたらなあと思っているのですが、いかがでしょうか…!?何か楽しくていい感じのものを一緒につくれたら嬉しいです…!」

と。まさかのご提案で、私はまさに興奮状態(もちろん即答OKさせていただきました)。こんなにワクワクしながらTwitterのDMをしたことはありません。何が始まるのだろうか、、?と、その日はずっと、そのことしか考えられなかった気がします。

そんな次の日の4月4日。

私は鳥井さんのお散歩企画で、2人で代々木公園を50分間ぐらい歩いていました。近況報告やら、世間話やらをして、純粋に散歩を楽しんでいたところ、例のコミュニティの話へ。

そこで、鳥井さんが考えているコミュニティの構想や、やりたいことの話を聞かせていただいたのですが、それがどれも興味深くて、、、。いつも通り話していたと思うのですが、内面はまたまた興奮状態。

※鳥井さんのやりたいことについては下記を参照

「一緒に実現したい。この人と一緒につくる未来を見てみたい。」

そんな思いが私の中で大きくなっていきました。もちろん、やりたいことについても大賛成。「一歩踏み出す人が、切磋琢磨しながら応援し合う場所」は、個人的にもあったらいいなと思える場所ですし、人をつなげる場所つくりや、居場所つくりをしたい私にとっては、とっても嬉しいお誘いなのです。

ちなみに、その後Twitterでは

大盛り上がり。笑

鳥井さんのツイートを見て反応している方々も、、、

まさに、芽が出た1日でした。


男3人の決起会

その週の金曜日である4月6日の夜。

急遽、3人でこのプロジェクトの決起会を行なうことになりました。というのも、まだまだコアな部分が明確化・言語化されていなかったため、それをある程度定めるために集まることに。個人的に初期段階ほど、顔合わせてのコミュニケーションは必要だと思っている派なだけでもありますが。笑

話せば話すほど、現状あるものでぴったりと当てはまるコミュニティがなかったり、ピンポイントで当てはまる例えがなかったりで、3人で脳みそフル回転で意見を出し合いました。

これは港?

これはチームじゃないよなぁ、、

いや、木が枝分かれしていくイメージ?

こんな感じのやり取りを、お酒を味わいながら繰り返していました。

でも、感覚的なものは共有できていて、「そう!そんなような感覚で、こんな風なことができたら、、!」みたいな、側から見たら何の話をしとるんや?と思われても仕方のないコミュニケーションの応酬。笑

2時間ほど話していると、少しずつイメージを言語化出来てきて、ぼんやりではありますが、企画書的なものを作れるまでには落とし込めました。。。

なぜそれができたのか?それは、共通の価値観がこの3人にはあったからなのだと思います。この共通する価値観・感覚が”正しい!”と信じられる3人だからこそのスピード感なのだと、個人的に思っています。だって、この感覚に対して、ネガティブなことを一瞬たりとも思っていなかったんですよね。おそらく、2人も同じ気持ちなのかなと。

あとは、トライ&エラーで、やっていきながら考えよう!スピード感を大切に!

芽に初めて水をあげられた一夜。3人で大きな一歩目を踏み出しました。

記念撮影もパシャり。


結局何をする場所なの?

具体的に伝えることはまだできないのですが、一言で言うと、「これからの新たな〇〇を創っていく場所」

文中にもあったように「一歩踏み出す人が、切磋琢磨しながら応援し合う場所」となり、その結果、新たなものを生み出していく場所。

もしかしたら、この場自体が“これからの新しい〇〇”なのかも。

ここについては、また追ってこのマガジンでお伝えできればと思います!

とにかく、みんなで楽しんでワクワクしていきたい!そんなシンプルな思いでやっていきます!

本日はこの辺でー!それでは!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
長田 涼

最後まで読んでいただき、ありがとうございます!サポートも嬉しいのですが、コメントやシェア頂けるとめちゃくちゃ喜びます!

ありがとうございます!拡散していただければ、RTさせていただきますー!
Slow Innovationコミュニティマネージャー&コミュニティや関係性の価値を提案する、コミュニティを生業としたフリーランス。複数の企業とコミュニティ事業を展開中 / Wasei Salonコミュニティマネージャー / コミュニティの教室 / 自分らしい”暮らし”を模索中