好きな表現、言葉遊び集

164

めも

変わらないでそのままで、急に優しくなったりせずにサナギになって。何もできない中から掘り出して、きっとエメラルドグリーンの生き方があるはずだから。もっと幼くたっていいよ。ここはみんなを子どもにするところだよ。寒かったら「寒い!」って叫んでよ。「しょうがないな」って西川の毛布でも買ってく。冬がくるのを喜ぶのは完全なる若さだった。持ち物が少ないときは走りやすかった。買ったものを置いて走ることは難しかった

もっとみる
ありがとう。

境界

溶けてゆくことができなくなってしまった。

前のわたしなら入りこめたはずの隙間が

ただの黒い影に見えて

無関係なただの黒い影に見えて

溶けてゆくことができなくなってしまった。

溶けてゆくことでわたしの皮膚はどこまでなのか

臓器は痛むのか

匂いはどこまで他人なのか

わかることができたけれど



溶けてゆくことができなくなったから

ちょっとだけ自分が分かんない。

溶けてゆくことが

もっとみる
いつもありがとうございます

まる

めいめいが、おのおのが、そろそろと、そうやって、さらさらと、するすると、流れていけばこその有害。さらには確実な、まるまるとした、さまざまな、ほし。

ほしがまるく見えるのは、きみがやさしいからだよって教えてくれた時は、どうもありがとう。廃藩置県でなくなったほしに住んでたね。日本語と日本語だけど、違うんだよ。日本語と日本語を使ってるだけで、あとは違うんだよ。ほんとは日本語って違うんだよ。きみは違うん

もっとみる
ありがとう。

佐々木の真ん中とかくかく

どうぞよろしく、そう、佐々木の真ん中です。かくかくしてるようでしていない、佐々木の真ん中です。ぼく自身に気持ちはないよ。挟まれただけの佐々木の真ん中。ただそれだけの存在として、居場所を与えられたのです。

これからどうするんですか?と聞かれても、佐々木の真ん中をやるより他にありません。意味あるの?ぼく意味あるの?と聞いたって、佐々木はただただ微笑むだけだ。

意味あるの?意味ないの?意味あるものは

もっとみる
いつもありがとうございます

雰囲気のしりとり

幻の幻のその彼方まで飛んでいった宇宙の端の塵たち。わたしがそこにいてもいなくても塵は巡るし地球は回る。地球に似た星があるって教えてくれた友達はくだらぬ事故で死んだんだって。親より先に死ぬのは逆縁だって教えてくれたのは縁結びの神様だっけ。お寺と神社の違いが時々わからなくなるのは日本人失格だったとしても、日本人であることは消せないんだから、失格とか失格じゃないとか、どうすべきとかそうすべきとか、迫害み

もっとみる
ありがとう。

千葉に来たばかりの頃は、全国の天気予報を見ると、つい「秋田」の場所を見ちゃってたね。
#上京物語

いつもありがとうございます

めも

上京したての空気
同郷の人、段ボール箱、天気予報

いつもありがとうございます

めも

・はやざきの桜
・青春18きっぷ
・3月が終わる
・3月は花粉と雨の繰り返し

ありがとう。

誕生日は桜の季節

いつもありがとうございます

失恋すると、化粧が濃くなるんだよ

ありがとう。