見出し画像

鶏肉ときのこのフリカッセ

いつもの『ホワイトシチュー』は定番的な野菜『にんじん』『じゃがいも』『たまねぎ』を一緒に煮て、なんとなく「健康的」なイメージで仕上げることが多いが、今回の主役は『きのこ』である。といっても、普段のものと大きく作り方が変わることはないのだが、技法的に試したい部分があったというか、後日作る予定の「似たようなもの」と比較してみたいという趣旨がある。

『ソースベシャメル』もしくはたまねぎなどが含まれた『ソーススービーズ』あたりで作って比較してみたいのだ。今回はソース類では作らず、『バター』『牛乳』『たまねぎ』そのもの、そして乳脂肪分35%といつもよりも濃度の薄い『生クリーム』を使用したのと、じゃがいもがない分のとろみを考慮して、『薄力粉』の分量を少し増やした以外はほぼいつも通りに仕上げた。

食べやすい大きさに切り、下味をつけた「鶏もも肉』を美味しそうに焼き、そのままたまねぎを炒め、『エリンギ』『しめじ』『まいたけ』などの『きのこ』を炒めて少しずつ加えた『薄力粉』と満遍なく混ぜ合わせる。『バター』と『ローリエ』『白ワイン』を加えて煮込み、仕上げに数分生クリームを加えて加熱する。軽く混ぜて味を整えれば完成。

「無難に美味しい」というと微妙な印象になってしまうかもしれないが、そういう意味ではなくあくまで「期待に反さない安定の美味しさ」という意味でである。少し鶏肉が古かったのか、いや逆にいいものだったのか、鶏の肉の味が強かった。臭みや嫌な味ではないが、やや淡白に仕上がれば理想的だった。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ZzzKEITACION

業というより道楽です。山行や遠征グッズへの足しor詳しいレシピ付き料理などの対象記事にまつわる用途で、かつその場限りの消費というよりは、その調達物によるQOLの持続的向上、再生産もしくは再使用可能な趣味システムの構築、記事生成のため等にありがたく使わせていただきます。

これは枠的にはレアお礼コメント。
「山と7欲と俺」です。徹底し、楽しみ、学び、繰り返した体験や成果物・課程をシェアします。知識と技術、学び、資格を掛け合わせて、自分にしかできない情報発信を!当座3年間は毎日書きます。好きな登山のスタイルは単独・軽量・多縦走のスピードロングハイク。