見出し画像

無駄なプライドは今すぐ捨てるべきだ

先週僕はpolcaにてこんなプロジェクトを立ち上げた

「クリエイターが集まれるシェアハウスを作りたい」

こんな事をSNSで呟いたら「現実を見ろ」「この不景気でそんなことができるか」「お金はあるのか」などと言われるだろうしむしろ表に出さないだけで誰しもが思うことだろう

だがそれってあくまでも個人の勝手な被害妄想というか「こんなこと言われたらどうしよう」という想像なだけだし、言われたところでその目標を変えるか?と言われたら僕の場合は馬鹿だから変えるつもりもないだろう。本当にだめだ!となった時に考えが変わるかもしれない

自分の目標を発表してそれを見た人が「投げ銭感覚」で支援していく、「そんなうまい話があるか」と思って僕は興味本位で目標金額も低めにしてプロジェクトを立ち上げた

すると1週間で支援の数は20を超えた。Twitterはフォローしてくれた人が1週間で100人以上だった

これは良い意味で僕の考えを覆されたし現実に起きていることだからこそ可能性はゼロではない。それと同時に自分の考え方が古かったのだと認識した。

そしてたくさんの人からコメントをいただいたり、「面白い事を考えてますね!僕にもそれを手伝わせてください」とリプライを送ってくれた人もいた

その時、これは自分の目標でもあるけど「クリエイターの願い」でもあるのかもしれないなと感じた


今の目標金額を突破したら再度考えを練り直してもう一度プロジェクトを立ち上げ直す必要がある、自分がしてみたい!と発言したことだし実際に思っているからこそもっと明確にしていく必要がある

目標や夢は前向きに生活していて自分に意思があるならば発表する意味は大いにあると思う、そうすることで同じ考えの人がもしいればそこでコミュニケーションが生まれて可能性が広がる。可能性が広がればさらに生活が前向きになる

そう考えれば周りの目を気にして無駄なプライドを持って自分の考えを発信しないのは可能性を狭めていることになるから

無駄なプライドは生活の中で損しかないのだと考えられるようになった

今回僕は生活の中にpolcaを取り入れてみてこのような新しい発見をすることができた。僕の場合は新しい発見のきっかけがたまたまpolcaだっただけで生活の中での新しい何かは人によって違う。ぜひ生活の中に新しいものを取り入れて無駄なプライドは捨てて自分の目標や夢を誰かに発信してみて欲しい

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事が良かったと感じていただけたらサポートよろしくお願いします!

僕もです!!
26
元バンドマン/Cubase Pro9.5/ボカロP/音楽系ブロガー/DTMや音楽がテーマのブログ→zunx2dtm.com 脳筋系のアナログ野郎でもDTMができたからもっとDTMの楽しさを世に広めたいです

コメント1件

ネバーマインド
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。