見出し画像

67杯目:生・西野亮廣との初遭遇前のVANQUISH

山の日で休日といっても、

お盆休みとくっついてしまってるため、

あまり実感のわかない8月12日。

周りはロッキンで盛り上がっている中、

そんな流れとは逆方向に向かって東京の池袋へ。


今まで、PCやスマホを通して感じていた西野亮廣エンタメが、

先月のVRえんとつ町のプペルを皮切りに、

より身近になり体験ゾーンに入ってきた(笑)


そして今回のお上りさんの目的は、

池袋の東武百貨店の屋上で行われている、

『えんとつ町のプペル・光る絵本展』

と、ジャパニーズハンサムとの初遭遇。


先月のVRえんとつ町のプペルもそうだったけど、

西野亮廣エンタメに、直接触れるというのは、

なかなか心温まる良い時間。

今回も初めての光る絵本展に生・西野亮廣さん、

期待しないわけにはいかないでしょう!!


自分にとって大会場での多くのロックバンドより、

デパートの屋上での一人の西野亮廣さんの方が価値がある。


西野亮廣エンタメに触れる旅の始まり始まり!!

池袋駅に着いて向かった所は池袋パルコ。

パルコ1階にあるVANQUISH。

そう西野亮廣エンタメファンにはおなじみの#FR2

在庫はネットで確認していたので、

以前から欲しかった

『Smoking kills』のキャップを購入するのが目的。

別に、西野亮廣公式グッズじゃないでしょうけど、

西野亮廣=Smoking kills

ですよね、イメージとしてはf^_^;)


数々の攻めたメッセージ性のある商品イメージのあるブランドだったので、

それなりに身構えて!?店内に突入。

Smoking killsの他に、

これも西野さんではお馴染みの

『No Photos』

などもあり、初めての店内でしたがワクワクしながら見て歩きました。

そして、一通り見て、今回の目的のSmoking killsのキャップのところへ。

すると、男子店員さんが寄ってきて、

被ってみてもよろしいですよ。と声をかけていただき、

もちろん試着後、即購入を決意。

在庫を確認してきますね。と店員さん。


オシャレなお店だけど、どこか男臭い店員さん。

それが自分にとって、めっちゃ感じが良くて、

それなりに構えて入ったお店なのに、

お店の出口まで、購入した商品を持って送ってくれて、

とても温かい気持ちに。

購入した商品を出口まで運んでくれるのは、

女性店員さんか、自分の経験だとケーキ屋さんくらい。

その男性店員さから感じるイメージとのギャップが、心地良くて良かったです。

Abema TVの番組、ニシノコンサルに時々出演される社長の石川涼さん。

色々言った後、番組最後には、何故か石川涼さんの人間の温かさが残る。

そんな感じのVANQUISH買い物初体験でした。


#VANQUISH  #石川涼 #FR2  #Smokingkills #西野亮廣






この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

貴重なお時間の中、最後まで読んでいただき、ありがとうございました。 駄文ながら一生懸命書かせていただいていますので、またいらしてください。

記事を読んでいただきありがとうございます。
1
本が好き、多動力な人から学ぶ、Appleが好き、スタバが好き、ディズニーが好き ただただ文章を書くのが好きで始まったnote投稿。 思いのまま、心のままに書いてます。 よろしくお願いします。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。