見出し画像

自己啓発でお金と時間を使う前に読むといいnote〜SNSコミュ力のつけ方〜

手っ取り早く稼ぎたい!って思ったことありますか?

づかちょです。

このnoteは

「習い事をなんのために続けているのか、わからなくなってきた」
「セミナーに思い切って投資したけど実力が身についた実感が湧かなかった」
「ビジネスのやり方の情報商材を買ってみたけど難しすぎて、手をつけられなかった。何を質問したらいいかわからなくて質問もすることもできなかった」

というような方のお役に立てるために書いてみました!


はじめに 

突然ですがあなたは自己啓発のために養成所、専門学校やオンラインサロン、ビジネスの手法を学ぶセミナーなどに投資したことはありますか?

づかちょは最初

自力で稼げるようになりたい!
でもやり方がわからないからやってみよう!

という動機で挑戦したことが何回かありました

最初は新しい何かを学んでいる自分に高揚感を覚えて取り組んでいましたが、しばらくすると

*講座の内容が難しすぎて行き詰まる
*質問しても返答内容が理解出来ず取り組めない*なんのために頑張っているのかわからなくなる
*サボって忘れてしまう
*教えてくれたひとを疑ってケンカしてしまう
*結局、元を取れずにお蔵入りしてしまう

という結果になっていました。中には数十万円する講座もありましたが、まったく活かすことが出来ず、月々の支払いだけが残ってしまいました(涙)

しかし、あるとき
情報商材を活かせるか活かせないかの
【決定的な違い】があることに気がつき

以降は自分が知りたい情報が手に入り
やりたいことの実現に近づくセミナーに参加できて自分が持っている強みに気づかせてくれる人に
出会うことできました!

【決定的な違い】とは何だったのか?づかちょが気がついたのは

*購入する目的が明確になった
*自分の知識レベルが把握できるようになった
*わからないことを解決すべき分野が整理できた
*情報提供者と本音で相談できた
*情報提供者を信頼できた

というところでした!

たとえば八百屋さんにスマホの故障を依頼したら、ちゃんと直してくれるでしょうか?
他人のせいにする前に尋ねる相手を間違えていることが非常に多かったりします!

づかちょはこのミスマッチを補うためにSNSを活用した交流を行い、「SNSコミュ力」を上げていきました!

づかちょのSNSコミュニケーション実績

SNSのご縁がきっかけで人間的魅力を身につけるためのダイエットサポートを受けて16kgの減量に成功

画像1

サポート開始前は90kg

画像2

3か月で74kgに!

ご飯を炊いておかずを持ち寄るイベント米💖ラブこれまで累計487合を炊飯!

画像4

画像5

画像6

ライブイベント「づかスタイル」

個性あふれるアーティストのみなさんによる全力ステージ!!!

画像7


画像8


読書会イベント

ビジネス書グランプリ2020自己啓発部門5位に入賞した「世界中の億万長者がたどり着く心の授業」の読書会、著者である河合克仁さんともコラボして開催

画像9

画像10


ゲンさんセミナー「質問力講座」

世界3か国13社を経営しているゲンさん
相手の満たしたい欲求を「質問をする」ことにより満たしていく、それが「質問力」

画像11

画像12

画像13


画像14

ここまでお読みいただきありがとうございます😊

以降は本編です、一生役に立つ「SNSコミュ力」の行動習慣についてお伝えしていきます!

第1章までは無料でお読みいただけます!

……と、その前に

完成後、このnoteを書くきっかけをくれたづかちょのフォロワーさんに読んでもらったんですが……さらにたくさん質問いただきましたw

10個ぐらいいただきましたが、ちょっと話が逸れてしまうので、3つに抜粋させていただきました!

残りは別noteで書きたいとおもいます。それではどうぞ!

質問1
【フォロワーさんの質問】
すごい人と仲良くなる人って、仲良くなる人もまた、すごい人なんじゃないの?
仮にづかちょさんがすごい人になれていませんという状態なんだったら、なんですごい人になれないのに、こんなにもすごい人たちと関係を作れたり、現実を作っていけるの?

【づかちょの回答】
づかちょの場合、すごい人の課題を即時解決する提案をする事で感動してくれたことだと思ってます。自分ができることで、誰かの困りごとを助けられないか? 結果はさまざまでしたが、行動を積み重ねたことによりベストタイミングで最高の貢献体験ができたことは間違いないです!


質問2

【フォロワーさんの質問】
・づかちょさんはどういうひとと関わりを持って、どういう人とは関わりを持たないのか? 知りたいです!

【づかちょの回答】
づかちょが関わりを持ちたいと思う判断基準はこちらです!

関わりたい!→親しみやすさ、誠実さ、礼儀正しさがある

関わりたくない…→悪口、陰口をいう、依存心が強い

づかちょ自身も「関わりたい!」と思われる人になりたいと思ってるのでそういうひとを見かけたら、その人が習慣にしていることってなんだろう?って知りたくなります!

質問3
【フォロワーさんの質問】
本来、専門家によるアドバイスや後押しってみんな大金を払ってヒントにしているのに、むしろお金を積んでもアドバイスするひとを選ぶような人たちなのに、なんでそのビッグネームの人たちと次々と関係を作ったり現実を作ったりできるのか?

【づかちょの回答】
ひとことでいうと「すごい人の友人はすごい人」だったのです!
づかちょの場合、ひとりのすごい人と仲良くなった後、そのかたに関わるセミナーやイベントへ伺うと関係する方々を紹介してもらう機会をいただいたり、Twitterでも紹介していただけました!
そこからづかちょも独自にアプローチして「すごい人の友人」と関係を深めることができました!
あと、お金を積まなくても関係を深める方法のひとつとして「すごい人の商品を他の人に紹介する」ことが挙げられます。
づかちょの場合は著本を紹介する、ほかのひとにプレゼントする、読書会を開催するになります。

【このあとお伝えする内容】

第1章 なぜSNS活用による交流がいいのか? 

ここではSNSを活用して交流したことによって(づかちょの場合、主にTwitterを運用しています)づかちょが実感したSNS活用のメリットについてお伝えします。

①オンライン上にはまだ見ぬ共感してくれる仲間がいるから

づかちょの場合

好きなこと、食べ物

本を読んでやってみたこと

行ったことある場所

共感できるアーティスト、有名人

といった内容をSNS(Twitter)でほぼ毎日発信しています。発信に反応してくれた人に返信したり、逆に感銘した発信者に反応してみる。

これだけで意気投合して

一緒に食事会を定期的に企画する仲間ができた

本の著者や編集者の方々と相互フォローになった実際に会うことができた

ということがありました。

②オフラインの出会いをオンラインで深めていけるから

たとえば、食事会の企画で参加者の中に初めて出会う人もいます。その人と挨拶を交わすとき、一緒にTwitterのアカウントも交換しちゃいます。 

会の終了後にお礼を伝えることで繋がりがさらに深まることにSNSは役に立っています。

③お互いに足りないところを補いあえるから

Twitterのタイムラインを眺めていると、時々困りごとを発信しているフォロワーさんを見つけたりします。このとき、づかちょのフォロワーさんの中でその人の困りごとを解決する打ってつけの専門家がいて紹介することができました。

反対にづかちょが困っていることを発信したときに、的確なアドバイスをしてくれたフォロワーさんがいて助かったこともありました。

ところで

どのようにしてづかちょはお互いが役に立つ人間関係を作れたのか?

と気になったかたがいるかもしれません。

**その内容は第2章にてお伝えしていきます! **

この続きをみるには

この続き: 3,946文字 / 画像9枚

自己啓発でお金と時間を使う前に読むといいnote〜SNSコミュ力のつけ方〜

づかちょ

980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
づかちょ

お役ち発信強化中です!

そのスキのおかげで頑張れます!ありがとうございます!
7
生きづらさを感じる現状を打開すべく愚直に知見を広めて行動することにした人 でも、やり方は簡単シンプルにしたい。